Saturday, February 6, 2016

イルミナティに殺されるセレブ、セレブに生贄にされる親族や恋人!? その多くは、イルミナティの関与を数字が物語っている

2016年2月5日午後6時56分、
鹿児島市・桜島の昭和火口で爆発的噴火が発生した
http://www.jiji.com/jc/d4?p=sak313&d=d4_gra

と、画像入りで出ていましたが、気象庁の課長さんに言わせれば
これまでの活動と同じぐらいの噴火だそうなので、何をそんなに?
と思ったら、

2016年2月5日6時56分 → 2 + 1 + 6 + 2 + 5 + 6 + 5 + 6 = 33
656はイルミナティ大好きなパリンドロウムだし

そこからリンクがあったアサンジ関連の時事ドットコムの記事が発信されたのは、
(2016/02/05-22:45)で、最後に記載された時間は
2 + 2 + 4 + 5 = 13

それからアース・ウィンド・アンド・ファイアーの
モーリス・ホワイトが亡くなったと

Earth, Wind & Fire soul band founder Maurice White dies
この木曜、ロスアンジェルスの自宅で、眠っている間に死亡。享年74歳。
1992年にパーキンソン氏病と診断された彼の症状は、最近数ヶ月で悪化していた
http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35499149
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

享年74歳 → 7 + 4 = 11
死んだのは、この木曜= 2月4日 → 2 + 4 = 6
しかし、癌と同じか?
National Parkinson Foundation(全米パーキンソン財団)のページには

Parkinson's disease itself is not fatal. However, complications from the disease are serious; the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) rated complications from PD as the 14th top cause of death in the United States.

There is currently no cure for Parkinson's. Your doctor's goal will be to treat your symptoms to keep your quality of life as high as possible. That's why your gift to the National Parkinson Foundation goes directly to research that improves the daily lives of people with PD.

パーキンソン氏病(PD)自体は致死の病ではない。しかしながら その合併症は深刻で、疾病対策センター(という名の会社)はPDからの合併症を米国内死亡原因の14位に挙げている。

現在パーキンソン氏病を治す方法はない。医師は、あなたのクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)をなるべく高く留めるために、症状に対処する。だからこそ、パーキンソン財団への贈り物(=寄付)は、PD患者たちの日々の生活の向上に直結している

http://www.parkinson.org/understanding-parkinsons/what-is-parkinsons

というわけで、そのサイトのトップ右側には大きな赤い四角のなかに
<DONATE>(寄付はこちら)のアイコンが!
★寄付する前に、よく考えて! 各組織トップの給料はどこから?

映画”Back to the Future”シリーズで有名になった男優のマイケル・J・フォックスは
宣伝で雇ってくれたペプシのダイエット・ペプシに恩義を感じて飲み続け
そこに入っていたアスパーテーム(ラムズフェルドが大儲けした毒)が原因で
パーキンソン氏病になった
と言われているけど、彼の名を冠した財団のページでも

Most doctors say that Parkinson’s disease itself is not fatal. You die with Parkinson's disease, not from it. However, as symptoms worsen they can cause incidents that result in death

大多数の医師は、パーキンソン氏病自体は致死ではないと言っている。あなたはパーキンソン氏病とともに死ぬのであって、その病気のせいで死ぬのではない。しかしながら、症状が悪化すれば死に至るような事態を招くこともある
https://www.michaeljfox.org/understanding-parkinsons/living-with-pd/topic.php?prognosis

ワクチン被害等で見られる、過去見たことも聞いたこともなかった異様な病名・症状の数々と同様に、昔はこんな神経変性疾患なんて、なかったんじゃないの?
#ケムトレイル・ケム空と同じ。かつてはない滅多にないものが頻繁に起きている

私たちは恒常的に様々な毒を盛られているから、そんな異様な病気にされている。
そのうえ、原因に対処せず毒物を「薬」と称して売る商売治療と呼んでいるのが現代医学ですから。

当然のように原因の毒を排除しないので、症状は収まらず。
そして概して、その症状を抑える薬のせいで症状は悪化していって、
合併症で殺されるという構図ですね。
癌やその他と同じでしょう。

キーワードにceleb killed by Illuminati(イルミナティに殺されたセレブ)
なんて入れて検索すると、たくさん出てきますよ。そのなかのひとつ、

Illuminati blood sacrifices & solstice sacrifices
http://mediaexposed.tumblr.com/post/5885817851/sacrifices

開けると、セレブ自身のみならず その家族も殺られてると リストが。
そのページ、トップからリンクされている動画では
Sacrifice-One-(The Original Upload)
https://www.youtube.com/watch?v=OcQzt7TKMgg
セレブになりたい、或いはもっと有名に&金持ちになりたいセレブが
自分の伴侶、恋人や親族を犠牲にしていると主張していて、その2部の方、後半では
Sacrifice-Two-(The Original Upload)
https://www.youtube.com/watch?v=AkzKVSrtpsQ

マイケル・ジャクソンの殺害について、
マイケルが兄弟たちに辟易していたことに怒った彼等(母親とラトーヤは除く)が
財産目当てで、マイケルを殺したのだ
と言っている。

9/11その他同様、奴等の犯罪にはいくつもの動機=彼等が得をする点が存在していますから ↑が本当なら、マイケルの欲深な兄弟たちの願望と、ファンに色々バラされては困るイルミナティの狙いが合体したと言える。

セレブが自分の親族や恋人などを差し出すだけではなく、勝手に殺されることも
多いだろうと私は思うけれど、以前書いたモーガン・フリーマンの孫娘の享年も
33歳でしたね。

モーリス・ホワイトと相前後して出ていたセリーヌ・ディヨンの夫で、
先頃亡くなったレネの追悼式がラス・ヴェガスで行われたとあった記事を見たら
長年癌と闘病して73歳で亡くなった彼の死亡日は
1月14日 → 1 + 14 = 15 → 1 + 5 = 6
#享年の「73」はどうよ!?って言われそうだが

でも本当に、あちこち見ていると 死亡日や享年の数字は気になります。
『風とともに去りぬ』のレット・バトラー役で知られているクラーク・ゲイブルの
愛妻だったキャロル・ロンバード
飛行機事故=よく知られた暗殺手段で亡くなったが、享年33歳。
死亡日も、1942年1月16日 → 1 + 9 + 4 + 2 + 1 + 16 = 33

記事を書かなきゃと思いつつ、長いことほったらかし状態になっている
ブルーズ・ブラザーズでお馴染みのジョン・ベルーシ
死亡した(殺された)のは1982年3月5日だが、享年33歳。
彼の最期までを描いた映画(当然、真相は語っていない)の終わりの方、
彼が死んだ部屋へ向かう途中に、なんと あのアルバート・パイク!?と思ったら
ちょっと感じが似ているカール・マルクスのポスターが かかっていたり
メイソンの合図で、胸に手を当てているマルクス↓
パイクはこっちだった。↓
また以前、今年に入って33日目の2月2日に死んだと書いた
フィリップ・シーモア・ホフマンも、今見直したら その死亡日は
2014年2月2日 → 2 + 1 + 4 + 2 + 2 = 11 でした。

イルミナティの手下監督のひとり、ジョン・カーペンター
映画、”They Live”より “OBEY”(従え!)
子供向け、ディズニー キャラクターのgifまで あった。気持ち悪い!

★載せたけど、目に悪そうだから(長く)見ないでね!

が、1990年に作ったスティーヴン・キング原作の
これ以外で 私は見たことない人だったが、結構有名だったらしい。
その彼も2003年の 9月11日に、享年54歳 → 5 + 4 = 9
で、亡くなっている
#55歳の誕生日の6日前だったと。
★上の画像と文章も正しく入れているのに、指示通り表示されない!
<原作の>のあとに作品名とIMDBの該当ページへのリンクもあるのに、出ていない!!
彼の役名も。映画は1990年の『イット』で、彼はベン・ハンスコムを演じた。
この男優の名は、ジョン・リッター。以上は ちゃんと出るか??


しかも その亡くなり方が どうにも異常。
バーバンクのセットでリハ中に倒れて、道の反対側のセント・ジョセフ・メディカル・センター(病院)に運ばれたが、心臓発作と間違えて治療され診断未確認の大動脈切開
(大動脈の壁が敗れた)
が死亡原因とある。手術もしたが、9月11日に亡くなったと。

そういえば、同監督の”Escape from New York”のスネーク・プリスキンも
all seeing eyeだったと、今頃気づいたりして。

また全世界で広く読まれ、愛された “Anne of Green Gables” =『赤毛のアン』
これの、カナダ制作のTVシリーズでギルバートを演じたジョナサン・クロンビー
去年(2015)の4月15日に亡くなったのだが、ウィキペディアには

★また画像アップ過程で、邪魔・妨害をされていて エラく時間がかかる!
何か、非常にヤバイのか、コンピューターが指示通りに動かない!!
相当時間を無駄に使わせられてから、別の方法を思いついたので やっと↓

クロンビーの家族は2015年4月18日、その3日前にクロンビーが突然
ニューヨークで、脳内出血で亡くなったと公表した

https://en.wikipedia.org/wiki/Jonathan_Crombie#Death

4月18日 → 4 + 1 + 8 = 13
享年48歳 → 4 + 8 = 12 → 1 + 2 = 3

彼の姉(か妹)のキャリーは、
いつもニューヨークから飛行機に乗らずにバスで実家に帰っていた彼の遺灰を
バスで家まで連れて帰るといい、加えて

ジョナサンに格別健康上の問題があったとは思えない
いつも健康でいることに こだわっていたから
http://www.cbc.ca/news/arts/jonathan-crombie-anne-of-green-gables-actor-dead-at-48-1.3038948
と言ってる。おまけに、IMDBのこのページ、一番下の方には
彼の人生は17,717日で、それは丁度2,531週だった

と書かれてあり、そんな記述 これまで見たことなかったが
1 + 7 + 7 + 1 + 7 = 23
2 + 5 + 3 + 1 = 11

更に<17,717>をカンマを挟んでふたつに分けて見ると、
17 → 1 + 7 = 8 だけど、後半は
717 → 7 + 1 + 7 = 15 → 1 + 5 = 6

23という数字に関しては、以前
完全にイルミナティの手先にされてる俳優ジム・キャリーの『23』にも2015年9月23日を暗示する場面が
と言及したことがあるけど、何かあるようなのです。
#上のポスター見たって、モロ イルミナティ!の風情

そう、9月23日といえば、秋分の日ですよ。
奴等は、季節の変わり目にもよく人を殺している。
先に述べたサイトのこのページでは
上述のジョン・リッターの死亡と、ジョニー・キャッシュの死を並べています。
なんとイルミナティが好みそうな姓! <現ナマ>だから

リッター没は 2003年9月11日
キャッシュはその翌日2003年9月12日に亡くなっている。
享年も、リッターが 54歳 → 5 + 4 = 9
キャッシュが 71歳 → 7 + 1 = 8
で、ひとつ違い。
二人は季節の変わり目<至>の生贄(いけにえ)だと。そして

二人とも、heart problems で、似たような状況で死んでいる

と書かれているが、キャッシュの方は

While hospitalized at Baptist Hospital in Nashville, Cash died of complications from diabetes at approximately 2:00 a.m. CT on September 12, 2003, aged 71—less than four months after his wife. It was suggested that Johnny's health worsened due to a broken heart over June's death.

ナッシュヴィルのバプティスト病院に入院中、糖尿病の合併症で
妻の死から4ヶ月にもならない2003年9月12日、米中部時間午前2時頃に71歳で亡くなった。
ジョニーの健康状態は、ジューンの死からの傷心で悪化したといわれている

One of Cash's final collaborations with producer Rick Rubin, American V: A Hundred Highways, was released posthumously on July 4, 2006. The album debuted in the No.1 position on the Billboard Top 200 album chart for the week ending July 22, 2006. On February 23, 2010, three days before what would have been Cash's 78th birthday, the Cash Family, Rick Rubin, and Lost Highway Records released his second posthumous record, titled American VI: Ain't No Grave.

プロディーサー、リック・ルービンとの最後の共作のひとつ“American V: A Hundred Highways’はキャッシュの死後、2006年7月4日にリリースされた。そのアルバムは、同年7月22日で終わる週のビルボード、トップ200で一位に初登場した。キャッシュの78歳の誕生日になるはずだった日の3日前の2010年2月23日には、キャッシュの遺族、リック・ルービンとロスト・ハイウェイ・レコーズは彼の遺作第二弾、”American VI: Ain't No Grave”と題されたレコートをリリースした

https://en.wikipedia.org/wiki/Johnny_Cash#Death

7月4日は言うに及ばないだろうが、7 + 4 = 11
7月22日は、7 + 2 + 2 = 11

割に最近、途中まで観たジョーダン・マックスウェルの動画で、

イルミナティ内部の者と話したことがあり、その人物は確かコンピューターも使って
年がら年中、この日はどうだ、あの日はどうだと氣を配るのが仕事だと言っていた。
それだけに専念している、と


と言っていたのですが、さもありなん!と思いますよ。
何やかにや口実に、儀式殺人等をやっている連中のことだから
上に書いたのはホンの氷山の一角でしょう。本当に気の毒です。

ついでと言ってはなんだが、前回の記事と関連で
アイルランドの子宮頸癌インチキ毒ワクチン被害者のドキュメンタリーを観ていたら

同国のワクチン推進派の医師は、聞いてて反吐が出そうなほどひどい!!
嘘つき放題で、日本のご同類と同じ 確信犯でしょう。それから
「デンマークは、ガーダシルをやめてサーバリックスにした」と
出たので呆れ果てまくったら(同じことだから)、紹介されている被害者組織
R.E.G.R.E.T.
そのサイトが映し出されたときに、これまた唖然・仰天!!
トップ・ページの左側には大きな all seeing eye が…
そのアクロニムといい、
これは、このグループも乗っ取ったぞ。内部にイルミナティ配下が
しっかり(色々コントロール出来る位置に)いるよ
の合図です。
#あ~ぁ!!

私にしては、結構立て続けに記事を書いているけど
何故かランキング↓は下降してます。それもあ~ぁ!!だ。(>_<)


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment