Saturday, April 30, 2016

超・マズ”禿げキムチ”の更なる横暴~トイレで死んでいたタクシー運転手~ヤマダヒサシを叩くハリマオ、自分の誤訳は放置したままじゃ 批判に説得力ゼロ!!&ワルプルギスの夜…

前回の記事で厚顔無恥な舛添について触れましたが、ツィッターで安保さんが
「禿げキムチ」と
呼んでいた。(^O^; 傑作な命名だけど、キムチは
(唾入れられていなければ)おいしいよね。舛添は顔からして超・マズい!!
その厚顔無恥ぶりがまた出ていました。

舛添知事、公用車で別荘通い 年に48回「全く問題ない」
産経新聞 4月27日(水)11時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000517-san-pol&pos=1

なんで こんな不正が平気で横行し、まかり通っているのか?
多くが寝てるし、目覚めた人間も効果のある方法で反撃してないからですね。
それから、過去にもあったというけど
ロンドンではなくて、West Midlands 1981年4月26日
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

4月下旬のロンドンで雪が降った
2016年4月26日、ロンドン・ブリッジ駅周辺

上の写真は、1908年以来の異常な寒さだった35年前のものですが
気象操作は1940年代からやっている(公式文書に記載)ので
1981年の雪も、それじゃないの?

ケムトレイルも困ったことに、すっかり「日々の風景」になっていて
いつも木曜にやってくるゴミ収集のおじさんデルヴァーが大好きな女の子ブルックリンが、自分の誕生日にカップケーキをあげたらお返しにプレゼントをもらったって、
他愛のない話の背景にしっかり入ってたりする。
#洗脳、洗脳、また洗脳!

熊本地震のあと(前もか)、九州数カ所での放射線レベルが上がっていて…
何故か、延岡も赤く。そういや、14日のM6.4では震度4だった…
熊本地震2週間、なお3万7000人が避難所に
読売新聞 4月27日(水)21時40分配信
 県は27日、避難生活に伴う病気などによる「震災関連死」とみられる人が2人増え、計16人になったと発表した。2人は熊本市の69歳女性と75歳男 性。また、車中泊などに伴う肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で入院が必要と診断された患者はこれまでに40人に上る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00050085-yom-soci

確かそれで死者も出ていたか?と思うが
数十年前から<飛行機のエコノミー・クラスで旅行する人々の間に出る>と言われたこの”症候群”で、そんなに倒れるか??と。例によって
他に存在する本当の原因を隠蔽しているのではないか?

折しも、九州北部にいるメル友さんからは 去年の11月の話だが
博多湾の競艇場の駐車場に車を止めてトイレに入ったタクシー運転手さんが
個室内でズボンを下げたパンツ姿で死んでいたということがあった

と伺いました。ニュース報道もされなかったようだが、
発見されるまで、2日もかかってたそうで、大変お気の毒です。
芸能人でも多いですよね、突然死や 急に発病→超・悪化→死亡。

ツィッターを見ていても、一般市民の突然死やら電車内、プラットホーム、果ては道路上でも人が倒れていたという話がやけに多いのですが、福島原発由来、それ以外の原発や人工地震という犯罪に使われている核兵器?からの放射能など、見えないだけに確証が掴みにくく、やられ放題という気がします。私がずっと心配しているブログ仲間の次男坊のアフォリズムさんや(ツィッターはこちら)、ツィッター仲間だった
今井健治さん、星の声さん(リンクはこれだったと思うが、出ない)など、
一体どうしちゃったんだろう?

さて、ツィッターで私の記事紹介をしてくださる もうお一人のじわくさん
ツィートしていた

「真実を探すブログ」管理人の決して褒められない行状
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4337.html

そのタイトルを見て、私は吹き出してしまいました。
どうやら、カレイドスコープのブログ主が「真実を探すブログ」のブログ主の間違いを訂正したとか? それに対する態度が悪いだか何だか、つまらぬ争いをやっているらしいのですが、その当人。つまりカレイドスコープのブログ主、ダンディ・ハリマオ(「ダンディー」と表記すべき だろうに)自身が過去、トンデモの誤訳を放置するという異常な行動を取っていた ことを すっかり忘れているようだから。

ダンディ・ハリマオ氏は
「Facebookだけで、現時点で3万3000人の人がリンクを貼ってくれている」
と豪語しているのはいいですけど、
#FBやってない私からすると、羨ましい?(^^;

「ヤマダヒサシの他の記事もそうだが、結局、閲覧者たちに誤った解釈を提供することによって、危険なことを安全だと刷り込んでいるのである。

ヤマダが、常々に言っているように、真実を追及するのであれば、即刻訂正して、閲覧者に間違った情報を提供してしまったことを謝罪するはずなのだ」

と書いていたそうですが、人の振り見て、我が振り直せでは?w
詳細は、私の過去記事
欧州議会で「重大な脅威」「国際法違反」として、阻止する動議〜決議が出されていたHAARP&豪州の米軍基地 - 家賃は、ペパーコーンを読んで戴きたい。ここにはダンディ・ハリマオ氏との当時のやり取りを貼り付けます。まず私から送ったメッセージ
それへのお返事
詐欺師きくちゆみとその亭主森田玄を「いい加減な銭ゲバ夫婦」
「詐欺師で間違い」ないと言ってるのは結構ですが、そのあと送ったメールで指摘した
大層な誤訳、並びに西オーストラリアのHAARP様施設が米海軍のものである事実は放置状態です。リマインドで送ったメールにも、お返事はなかったし
くり返しますが、そこ
Committee on Foreign Affairs…と書かれているのに
ただし、CFRが関与している」と誤訳したままでしょ?

※チェック! このUE議会のHAARPを論ずる分科会の推進者は外交問題評議会(CFR) 安全保障防衛政策です…
ここは記憶しておいてください


と特記して、読者がすっかり誤解するようになっていました。
多くはご承知のように、CFR = Council on Foreign Relations
=外交問題評議会
で、イルミナティの出先機関のひとつ。

私の過去記事を読んで戴けばわかりますが、この委員会を指揮していた人物スペンサー氏は、その後トンデモの濡れ衣を着せられて、その職を追放されるという憂き目にすらあっている。カレイドスコープはその話を紹介していない。つまり、この動議は至極まっとうな人々によって出されたものなのに、それが「実はCFRが関与したものだ」というトンデモの誤訳情報をカレイドスコープは垂れ流したままなのです。
#何故か?

加えて、今回ちょっと見直していて気づいたのは
(全部細かくみていないが)
ここの冒頭部分ですが

From the 1950s the USA conducted explosions of nuclear material in the Van Allen Belts(24) to investigate the effect of the electro-magnetic pulse generated by nuclear weapon explosions at these heights on radio communications and the operation of radar. This created new magnetic radiation belts which covered nearly the whole earth. The electrons travelled along magnetic lines of force and created an artificial Aurora Borealis above the North Pole. These military tests are liable to disrupt the Van Allen belt for a long period. The earth’s magnetic field could be disrupted over large areas, which would obstruct radio communications. According to US scientists it could take hundreds of years for the Van Allen belt to return to normal. HAARP could result in changes in weather patterns. It could also influence whole ecosystems, especially in the sensitive Antarctic regions.

カレイドスコープの訳:
1950年代から、米国は、無線通信やレーダー・オペレーションが行われる高度で、核爆発によって生成された電磁パルスの影響を調査するため、ヴァン・アレン帯での核実験を行ってきた。

この実験によって、ほぼ地球全体を、すっぽり覆う新しい磁気放射帯をつくる結果となった。
電子は磁力線に沿って移動し、北極の上で人工的なオーロラを作った。

これらの軍事的な実験は、ともすると長期間にわたって、ヴァン・アレン帯を破壊することとなる。

地表の磁場は広大な範囲にわたって破壊され、このことによって無線通信は遮断される可能性がある。

米国の科学者によれば、バン・アレン帯が正常に戻るには数百年かかるということである。

結局、HAARPは気象パターンを改変させるという結果に帰着するのだ。
さらに、それは特に敏感な南極地方で、生態系全体に影響を及ぼす可能性がある。
(コピペ終わり)

私の訳:
1950年代から米国は、かような高度における核兵器の爆発で引き起こされた電磁波が、無線通信やレーダーの作動にどのような影響を与えるかを調べるために、ヴァン・アレン帯で核物質を爆破させていた 。 これは新たな磁気放射線帯を作り出し、それは ほぼ地球全体を覆った。磁力線に沿って電子は動き、北極上空に人工のオーロラを作った。これらの軍事実験は、長期にわたってヴァン・アレン帯を破壊する危険がある。広範囲におよぶ地球の磁場が混乱させられ、それは無線通信の邪魔をするだろう。米国の科学者たちに依れば、ヴァン・アレン帯が元に戻るには数百年を要するという。HAARPは気候パターンを変えることになるだろう。そして 殊に敏感な南極圏地域をはじめ、生態系全体に影響を及ぼすだろう。
(コピペ終わり)

微妙な違いはありますが、肝心なのは最後の文。
カレイドスコープの訳では、「生態系全体」は「特に敏感な南極地方」での話になってしまうが、私の訳にあるように、原文は地球全体の生態系に影響を及ぼすけれども、なかでも殊に敏感な南極県地域がヤバイと言っている。影響を及ぼす範囲が、ダンディ・ハリマオの場合南極周辺に限定されてしまうのです。変ですよね。

とにかく本人が言っているように、
閲覧者たちに誤った解釈を提供することによって、この国連での動議〜決議の意味の大きさが弱められてしまったのだから、真実を追及するのであれば、即刻訂正して、閲覧者に間違った情報を提供してしまったことを謝罪するはず…なら、
まずは自分から率先して やらなきゃね!!

カレイドスコープに関しては、こんなツィートも。真偽は知らねど
元々彼のブログを読むほうではなかったが、この件(CFAをCFR)以来
私は増々カレイドスコープは読んでません。w
そうそう、すっかり忘れていたけれども この件があったあと
ちょっと覗いたときに、ダンディ・ハリマオは私を貶めるようなことを書いていた
のです。だから完全に信用出来ず!という結論に達したのだった。

みつけました、2012年8月11日付けのその文章
それをオーストラリアの千早とかいう女性ブロガーが、面白がって拡散する。こうなると、馬鹿に付ける薬はない。
この人は毎度のことだが、何も確かめもしないでいい加減なことを書きすぎる。

&ずっと下の方にも再度、
オーストラリアの千早とかいう、オッチョコチョイが何も確かめないで、広げたのも一因なのです。
(コピペ終わり)

いやはや、よくも こんなことが書けるものですね。
日本の仲間から「吉田所長が亡くなったかも」というメールをもらって
確かツィッターで、いつものように「!??」つまりクエスチョン・マーク付きで
つぶやいたんだったと思いますが、断定的に書いたわけでなし。
ましてや「面白がって拡散」したわけでもない。


ダンディ・ハリマオの和訳記事を読む以前に、一次情報を自分で探し出して和訳し、
彼の間違いをみつけた
私が「何も確かめもしないでいい加減なことを書きすぎる」
人間なんですか。
#ホント、よく言うよ!!

読んだ人を誤誘導するようなトンデモの誤訳と事実の隠蔽を指摘されながら放置している人間が、その指摘をした人間を中傷するのは大事な工作活動ってことでしょう。だって、そちら(私)のブログを多くに、殊に自分のブログ読者に読まれては困るからね。
#「せっかく真実を知らせずに、誤誘導出来たものを」って

これを見て、カレイドスコープが私の指摘を意図的に無視して
彼の読者を誤誘導した
ことが、私には明らかになったのです。
カレイドスコープの読者は、その辺をよ〜〜〜〜〜く考えなければいけない。

それから彼が批判しているヤマダヒサシ氏のブログも、以前「?」と思うことが
(何だったか忘れたが)あって、読んでいないので
今回の騒ぎはどちらが悪いのか等々、まったく存じません。
その点はお断りしておきます。

達人ブログ管理人も同様に、失礼極まりない誤訳男だったが(←のコメント欄)
誤訳を指摘した私に文句を言いに来て「謝罪しない場合警視庁に話を」するだの「逮捕状をとる」などと脅した挙句、
肝心の誤訳や、部分削除が問題だという私の説明後は完全に沈黙・無視
という醜態。彼も確か、その後 私を中傷するようなことを自分のブログに書いていたと思う。

上の画像は、私のブログに彼がつけたコメントのお知らせメールですが
そこで彼が書いている「右のリンクにそういう指摘が貼ってありましたが単に消せばいいというものではありませんよ」というのは、多分<最近のコメント>欄に、私のそのコメントが載っていたけど、他のコメントが入れば古い方から消えていきますよね。そのことだと思う。そんなことすら理解しないで文句を言っているあたり、知能指数を疑ってしまいます。

念の為 確認してみたら、ゲームの達人氏は 私が誤訳等を指摘した記事を
元々あったページから削除しちゃったみたいですね。

どこかに引越しさせたのかもしれないが、彼の誤訳と削除入りの文章は
さてはてメモ帳さんが転載していました。
指摘されて削除するくらいなら、こちらの指摘が正しかったということですし
「警視庁に話を」とか「逮捕状」なんて言った相手に謝罪すべきですよね。
#人間として、どうか!?と思います。

余談ですが、「ディ」と「ディー」という表記について
これは何年も前にTUP速報にいるときから違和感を持っているんだが
皆さん、「ディズニー」わかりますよね。
それと「シンディー・シーハン」

TUP速報で、後年<カトリックと深く関わりがある工作員(の可能性・大!!)>だったと私が見抜いたオーストラリア女性のメール・ニュースを訳していたメンバーが、「シンディ・シーハン」と書いていたのです。私はそれでは「ディズニー」の「ディ」と同じで、伸びているはずの音が止まったように発音されるから、間違いだと言ったのだけど、どうも近年の日本では「ディー」と表記するはずの箇所に「ディ」だけ使って満足している人が多いみたい。だから、カレイドスコープ管理人の名前も「ダンディ」だと、「ディズニー」のように伸びない「ディ」ですよね。
#変だと思う人は私だけ??

長くなって申し訳ないし、不吉な予言めいたことは言いたくないが
上述の、九州北部にいるメル友が
5月の1日〜2日にG7の大臣たちが小倉で集まるサミットがあるようで、その日の車での小倉への乗り入れが規制される」と書いてきたのですが、どうもその日程が気になって。

いつぞや みつけたオカルトの祝日や魔女の集会について書かれたページ(英語)に

4月30日~5月1日
ベルテイン・フェスティバル またの名を「ワルプルギスの夜」


と出ていた。
ワルプルギスの夜といえば、漫画の「まどかマギカ
最強の魔女だという。

去年、いや おととしか その映画がメルボルンのとある映画館で上映されるというので娘が行きたがり、一緒に観たけれども、モロ、イルミナティ映画!!と思ったのですよね。でもそのときは、このワルプルギスの夜が、まさにそのイルミナティが大事にしているものとは知らなかったが、そこのページには上の日付けがドゥルイド教の魔女たちのカレンダーで一番大事な日であり、5月1日はイルミナティにとってトップから2番目の聖なる日であり、人間の生贄が必要とされると書かれている。

祝祭は、ベルテインの前夜から正式に始まったので、
ベルテインを2日間の儀式として祝う伝統がオカルティストたちの間で出来上がった

ということで、日にちは ちょっとズレるけど
G7大臣の会合が5月1日と2日の2日間開かれるというわけだ。おまけですが、

この伝統は非常に強烈で、アドルフ・ヒトラーが4月30日の午後3時30分に自らを殺す決断をし、即ちベルテインの時期に彼の自殺という生贄に、”333”を作ったほどだ

とあります。
以前にも気づいたことだが、5月1日とはメーデーと言われて
労働者の祭典とかにされているが、それと同時に
SOSのような非常事態を知らせるコードも、その「メーデー」ですよね。
#色々ありそうな…
何やかにや口実をつけては人殺しをしているイルミナティ
熊本・大分周辺地震も、今後まだ何をやらかすか わからないし
G7大臣の会合で、奴等政府は会社の売国奴連中にとって都合のいい決定をするために、何かしら やるかもしれないな と思うのです。

皆さん、それとなくお気をつけて!
それから、私も10日ほど前にみつけて「書こう」と思ったら先を越されてた

空自ヘリ墜落
えぐられた山と防護服で回収作業する自衛隊員と熊本地震放射線量UPの関係

2016年04月21日 04時44分00秒 | 人工
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/dfc85446d8a0074ffc6cb7ae671c6df1
も、まだの方は是非ご一読ください。
#絶対、怪しいよね!!

そして恐ろしいのはこのツィート
5日以内に、日本の北九州市にM8+が来るって、本当か!??
#やめてくれ〜〜!!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment