Wednesday, May 4, 2016

気象兵器による気象操作、人工地震の証拠? MIMIC-TPWとHAARPのチャートをメモφ(・_・”)メモメモ

政府は会社の売国詐欺犯罪者たちのやりたい放題が続いていますが、
これにも呆れ果てました。
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

光頭半兵衛 @hage3826
日本はいつの間にか、総理大臣が「武器輸出拡大」と恥じることなく言い放つ国に成り下がった。

https://twitter.com/hage3826/status/725294262644961280

ホントに急いで、もっと多くを叩き起こして
「政府」と自称している「会社」を追放し、犯罪を止めないと!!

ケムトレイルは連日そこら中で撒いているわけですが、3日のこの黒雲
こんな調子でも、雨が降らなかったりする。
Less rain(より少ない雨)と、こちらの仲間もず〜っと前に言っていたが
ポリマーで吸収させて、雨を降らさないんだから
(もちろん、それ以外のこともやっているけど↑が基本だった)
私の酪農家の友人も、雨が降らず「牛にやる水がない!!」
と、非常に困っていた。ひどいものですよ。

奴等の仲間がやっている気象兵器による気象操作(人工地震等)、
先月の熊本での地震の直前にバヌアツでも揺れていましたが
また4月29日にバヌアツでM7
16.074°S 167.393°E depth=27.2 km (16.9 mi)

そして気象庁サイトには出ていなかったが、
5月1日に父島の北北東211km地点でM4.9
震源は断層ラインから1kmほど離れていそうですが
深さはたったの2.2km!!
28.910°N 142.854°E depth=2.2 km (1.3 mi)

Japan Quake Mapサイトでも、深さを表す色が最小の赤。
ちきゅうが怠慢だったって?

それから、いつぞやの台湾地震の記事のとき
ツィッターでまゆさんが出していた画像に触れましたが、
あれは.gif=動きがある方で見ないと、よくわからない。
というか、私があのとき ちゃんと理解できなかったってことです。(^^;

ひとつの.gifに3~4日分出ているので、前後で重なりますが
(おまけに、アップロードに時間が半端なく かかるゥ〜💦)
ちゃんと見えるか? とりあえず載せてみます。

1月30日〜2月2日
2月1日〜4日
2月3日〜5日
2月4日〜6日
東から西へ向かう大きな波のようなもの以外に
7日には、西日本あたりに異様なラインも見えます。
2月6日〜9日
ここの出だしです。
2月7日〜10日
そこは米国海軍研究試験所(Naval Research Laboratory)と海軍研究事務所(Office of Naval Research)が資金提供してウィスコンシン大学マディソン校等がマイクロ波(電磁波)を使って、海洋上にある可降水量(雨になって降りそうな水分の量)を計測しているサイトと解釈していますが(日本周辺が見えるページ
何故、そんな情報が必要なのか!??と思いますよね。

私の勝手な推測としては、アルミ等の金属毒のほかに、上述の周囲の水分を相当量、
吸い取ってしまうポリマー
入りのケムトレイルを撒いている連中が、これから
どこにどれほど撒くべきかを知る為じゃないか?と。

とにかく電磁波を使って計測しているのなら、HAARPが電離層に向けて
出しているものが現れても不思議はない=地震と大いに関連があるかもしれない。

そこで、4月の.gifも ちょっと集めてみました。
そこに表示されている時間はUTC(協定世界時)ですから、日本はそれ + 9時間。
このままでは小さいが、右クリックで別タブに拡大したら見えるはず。
結構重複していますが、不気味な動きがそこかしこに見られます。

4月4日〜6日
4月5日〜7日
4月6日〜8日
4月7日〜9日
4月8日〜10日
4月9日〜11日
4月10日〜12日
4月11日〜13日
4月12日〜14日
4月13日〜15日
4月15日~17日
4月17日〜19日
4月19日〜21日
だいぶ重なるけど、4月19日〜22日
4月24日〜27日
4月25日〜28日
4月26日〜29日
バヌアツ周辺はどうかと、
もっと前から見ないといけなかったかも、ですが
4月19日と20日にバヌアツの北東に動きが見られました。他にもあるが、
それらが4月29日のM7に関係しているのか?は断言は出来ないけど
今後もみんなでデータを集めていけば、
もっと色々はっきりするのではないかと思います。

4月19日〜21日
4月20日〜22日
4月23日〜25日
4月25日〜27日
4月27日〜29日
それから世界的に見た4月26日〜29日
(.gifファイルのアップにメチャクチャかかり、すでに数時間!!
寒くて、眠い!! 手がかじかんできたわ。
マジ寝たいが、あと一息か…って、いや まだ数十枚あるが orz)

その地図の中央部分で27日に目立った動きがありますが
それがバヌアツに当たっているようには見えないから、なんとも言えません。
#バヌアツの位置はウィキペディア

そしてアラスカのHAARPのチャート、Max Scale (nT) 500が基本
振れが大きいとき、忘れてなければ1000のも入れてます。
まず、そのまま(Max Scale [nT] 500)撮ってから
一番右側の部分をマウスで触れ、現地時間を表示させています。

Toolik Lake、Poker Flat、Cigo、GakonaとTrapper Creekの
5カ所あるけど、全部を出してないときもあります。
(さして〜全然揺れてない場合)

まずは(右端の現地時間)4月24日午後7時3分45秒
揺れが大きいので、Max Scale (nT) 1000で表示
次は4月25日午前9時9分45秒
Max Scale (nT) 1000で表示は撮り忘れ(>_<)
お次は4月25日午後5時36分15秒
これもMax Scale (nT) 1000表示を撮り忘れ
次は現地時間を入れ忘れたが、確か日本時間で
4月26日の午前4時過ぎだったと思う
そして現地時間4月27日午後4時33分45秒
ほとんど揺れていない4月28日午後5時28分15秒からは2枚
また大きく揺れている5月1日午後7時33分37秒
これもMax Scale (nT) 1000表示を撮り忘れ。
5月2日午前8時33分35秒
3枚目はCigoが大きく揺れて
青線の一番下が2日午前3時42分11秒
次は同じく2日午後2時56分35秒、相当な揺れ
Max Scale (nT) 1000表示
またも大きく揺れた(右端の時間)5月3日午前零時3分35秒
Max Scale (nT) 1000表示
5月3日午後1時13分過ぎ、
撮れるときに撮りましたが、誰かの分析に役立つことを祈りつつ
載せておきます。以前と違って、過去のを出せなくなったようだからね。

それから米国地質調査所(USGS)サイトで見ても、M2.5以上の地震が
日本周辺でも上のように起きている。
そこに出ていないが、4月29日の大きな地震北東太平洋海膨(かいぼう)のM6.6
(メキシコ東岸の南)を開けると
10.271°N 103.715°W depth=10.0 km (6.2 mi)
と、またもや震源の深さ=10kmで ございますよ。w

5月2日の台湾のM4.7
24.163°N 121.739°E depth=12.1 km (7.5 mi)
震源の深さ=12.1kmと、浅めでございます。

5月1日5pm~2日5pmの熊本あたりの地震を見ても
4月25日~5月2日の一週間で見ても
起きた地震の大多数が赤からオレンジの、深度が浅いものばかりです。

まぁ、こんな調子で 九州のみならず世界中でたくさん大きめの地震を
死者や損害を多く出すM6~8級の地震が、ここ10年ほどで急増!!
その急増した分は人工地震だろう
と私は踏んでいる

起こしている可能性が高いわけですから、HAARPの情報だけ見ても
どの揺れがどこの地震に繋がっていることか?
色々付け合わせないと、わかりませんよね。

HAARPがまた大揺れしているので、海洋上の可降雨量を見るサイトに
反映されていないかと思って開けてみているのだけれど
最新の情報が出ていない! 全然、更新してくれない!!
共謀して隠しているのではないかと思われます。
嫌ですね〜。

しかし下書き以前に数日、下書きに数時間、そしてアップに何時間!?
誰か、給料くれないかしら? イルミナティから分捕りたいね!!
コピペ転載なんてセコいことしないで、ここのURLをガンガン拡散してください。

<おまけ>

やっと更新が出たと思ったら、台湾の東側
赤い弓形の帯が出ています。
一体、どこに何をするつもりやら!?
NASAの衛星画像も、九州の南に相当撒いてるし
日本海上や、東日本の”デザイン”が不気味です。
何も起きませんように!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment