Thursday, September 15, 2016

米ABC、「ヒラリー・クリントン死亡」との報道は誤報? その後、現れたヒラリーはダブル(影武者)?

9/11の式典で「倒れた」と言われるヒラリー・クリントン。
その瞬間の映像はないか?と探したのですが、見当たらず。
どなたかご存じだったら、コメント欄ででもお知らせください。
とにかく、そのヒラリーが「死亡」と報じたABC

ジョー・トーレスというキャスターがはっきりと

「まずは最新の、ヒラリー・クリントン死亡のニュースからお伝えします」

と言っている。
その後、ヒラリーの医師が「肺炎だ」と診断したという報道。
翌日ABCに電話を入れて、先の「死亡のニュース」について確認すると
「間違いでした」と言われているが、その先28秒あたりに出るツィート
ABCがネット上でも報じたことが露呈↓
ヒラリー・クリントン、モンテフィオー・メディカル・ホスピタルで治療中に死亡
と出たけど、3分くらいで消えちゃったよ

そしてそこにもチョッと出ていた映像、

式典会場から、車椅子対応のワゴン車に乗せてもらうヒラリーと思しき人物。
レポートには、「今日はそんなに暑くありませんでした。暖かかったが」とも。

そして、その健康問題はパーキンソン病だと主張する動画が



上のゲイリー・フランチの続編では、先の動画でも言及のあるテッド・ノエル医師が登場

当日の気温は華氏79度(=摂氏26度)だったのにサングラスをしていた
ことなどから、「肺炎」より、パーキンソン病の方が納得できると。

このゲイリー・フランチという男、以前にもワクチン詐欺関連の動画を
見たことがあるけど、どうも「?」付きかなと思っている私。
ただ、ここで見せている「倒れる前のヒラリー」が歩いている映像…
そのときの髪が、「ワゴン車に乗せられるヒラリー」のとは違うと思う。

他方、ヒラリーは2008年頃から しきりにひどい咳をしていた

最初にお見せした動画の冒頭で、ヒラリーの舌を見せていて
それが生検か、癌治療か何かの跡だと言っている。
それが事実なら、このひどい咳との関連も考えられるでしょ。

そして、倒れたあとに登場したヒラリーはダブル(影武者)だろうという動画

全編通して「僕は よくわからないけど」と断りながら
上述した髪が、それも再登場したときのヒラリーの髪が
普段の髪よりペタッとしている
このページに載っている画像も見せて
それまでの仕事を辞めてヒラリーのモノマネをやっているテリーサ・バーンウェル
に言及。
テリーサ(左)がヒラリー(右)と1996年に出会ったときの写真
ヒラリーに化けて出ているテリーサ
でも私は、倒れたあとのダブルは彼女ではないと
再登場したときのダブルが、ワゴン車に乗せられるヒラリーも演じていると思う。

髪にボディーがない&痩せてるでしょ!

こちらは今月初めにアメリカの仲間が送ってきた画像だけど
詳細はわからないのだが、シェールもいて 多分聴衆がいるなかで
スピーチするヒラリーの服装がまるでホーム・ウェア!!(>_<)
一体、どうなってるのか!?と思うが、この横幅とダブルの横幅の違い。

3番目に載せた動画の後半6分50秒過ぎから、「ワゴン車に乗せられるヒラリー」
が出ているので、よく見てほしいのですが
私は、ここですでに「再登場する」ダブルがヒラリーを演じていると思うのです。

こちらは英デイリー・メールの記事にあった、多分式典開始前の画像と思しき
このスーツの色が、ワゴン車の&再登場の’ヒラリー’のより
明るいように見えるんですが、如何?
そして袖丈が、ダブルの方 ちょっと長過ぎるようにも見える。

その他気になったのは、最初の動画でYouTuberが翌日ABCに電話している点。
つまり、ABCはとんでもない誤報をやったのにもかかわらず
「あれは誤報でした、ごめんなさい」という訂正をやっていない
のでしょう。

それは訂正を出せば、元の誤報を見なかった人々も知ってしまうから
だと思うのです。黙っていれば、知らなかった人たちにまで知られる恐れがない。
その’誤報’を広く知ってもらいたければ、訂正を出すだろう とも言える。
それが出ていない(らしい)点。

そして上の(複数の)動画のどこかでも言っていたと思うが
「倒れた」なら当然、病院に向かったと思うでしょうけど
「暑さにやられた」ヒラリーは、なんと娘、チェルシーのアパートに行っていて
その後公衆の面前に元気な姿を見せたとき、人々からの
「一体、どうしたんですか?」という質問にはまっとうに答えず
「素晴らしい日(天気)ね」なんて言っている。

肺炎?か何か知らぬが、病原菌を持っていたかもしれないのに
小さい女の子を招き寄せて触れている


<補足>
これも本物の訴えか芝居か、わかりませんが 8月末のアップだから
<事前にこうした話を準備していた>可能性もゼロではないけれど(=要注意)
下の動画の男性は、ヒラリーの’健康問題’の件で疑問を呈していたので
記事を投稿していたハフィング・ポストに締め出された
し、自分が書いた
ヒラリーの病気に関する記事ふたつは、理由説明もなしに完全に削除された
と言っています。

その内のひとつは、

Hillary Clinton’s Health Is Superb (Aside From Seizures, Lesions, Adrenaline Pens)
ヒラリーの健康は(発作、病変やアドレナリン・ペン[自己注射用キット、を必要とする状態]以外は)最高です

 08/28/2016 01:36 pm ET | Updated 1 hour ago

そのなかで、デイヴィッド・シーマン氏はインフォ・ウォーズのポール・ジョセフ・ワトソンが8月4日に出したヒラリーの健康問題に関する動画を載せていた。
その動画は350万回も閲覧されていたし(今は、450万回を超えている)
大統領候補の健康問題とくれば、ニュースにする価値があったはずだと。
上の動画で見られるヒラリーの異常な動きは、2012年に転倒して頭を打ち、
そのとき脳へ損傷、血栓が生じていて、それが原因だろうとワトソンは指摘している。

それを、こんな形で消されて終わりにされるなんて…
僕は自殺なんかしないし、車の運転はしてないから(公共の交通機関で
何か起きたら、それは疑うべきだと示唆?)、鬱々ともしてないし
などと語っています。

その先に、Rebel Media
というところでインタビューを受けてる映像も出ていますが

本当に本物の告発なのか、これもスピン芝居なのかは不明ですね。
(補足終わり 15SEP16 4:11pm Aus time)

おかしなことばかりですが、ビル・クリントン政権時代に民主党全国委員会の
委員長だったドン・ファウラーが(委員長当時の写真↓中央)
ヒラリーの代わりの候補を考えておくべきだ

と、すでに発言していることからも
今後「肺炎が悪化して、死亡」または死んではいなくても「病気で候補取りやめ」
という(似非)ニュースが出る可能性は十分考えられると思います。
★後日、色々見ていて見解を変更しました。
こちらもお読みください。

続&見方を変えて:ヒラリー・クリントンが 9/11の式典中に倒れた件、
「ダブル(影武者)」話は煙幕だったかも。それより一体、何の病気?

http://insidejobjp.blogspot.com/2016/09/911.html

★どういう訳か、補足を入れたときに動画の大きさを大きくしようとしたけど
逆に異常に小さくされた(ドラフト段階で見える大きさ)。元に戻したが
確定したら、元の大きさに戻るか? これも奴等の妨害・嫌がらせですね。
小さければ、再生開始してから動画右下に出るはずの「最大化する」
(フル・スクリーンにする)機能を使ってください。

やはり多くに注目されたくない話だということでしょう。w


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment