Sunday, December 17, 2017

今年もブルー・ライトのクリスマス・ライツ&JFKの致命傷は、フリーメイソン運転手から!!&我々が受ける電磁波は、10年前のクィンティリオン倍!!

すでに今年も師走半ば。
田舎の町ではサンタの馬車が町中を回っていたが
これは写真スタジオのサービスで、現場は見なかったけど
サンタの馬車と一緒に写真を撮って、売っているのでしょう。
まぁ、撮らなきゃ乗せないわけじゃないだろうから
多くの子供は喜んだと思うけど

そして、昔と比べれば(電気代が高いから)数は減ったとはいえ
クリスマス・ライツを灯してくれる家も、

下の数枚写真の家は、英語で言うと「ヒステリカル!」って感じに飾っていて
ライト・アップされた小道を通って右奥にある車庫に行けば
色々なクリスマスのデザインのおもちゃ(モーターバイクに乗ったサンタが
歌いながら揺れるとか)が たくさん置いてあって、見学に来た子供達には
お菓子もあげている。



これはまた別の家ですが、
上のお隣。一軒がやると、周辺も競うようにやってるケースも多い。
以前も書いたけど、綺麗だが、みんな目に悪く、メラトニン(睡眠に必須)の
生成を阻害するLED、ブルー・ライト(色と無関係)です。
飾って、多くを楽しませてくれるのは大変ありがたいけれども、毒なのです。
以前見かけた記事にも、
前に載せたっけ? これも
そして、サンタ(Santa)と言うけど
実はスクラブル(文字を並べ替える)で、
サタン(Satan)=悪魔

引き続き余談ですが、私が工作員認定した wanton が、少し前に

ガンの秘密を探ろうと必死に調べていたら、出てくるのは
私の記事や画像ばかりだった!?


なんて 記事を書いているようでしたが、以前私が色々検索したときには
彼のブログなんて かけらも見られなかったし、割に最近、私がずっと前に書いた
<スティーヴ・マックィーンが梅の種食べてよくなった>話を紹介していた程度。

だから彼の記事しか出てこないのが本当なら、それって実は要するに
検索に操作がかかっていて、皆を工作員サイトに誘導してる
ってことでしょ。

今でも wanton =工作員の記事は どういう わけか引き続き読まれています。
多くが工作員の存在を知ることは大変結構! 参考までに、リンクは

カレイドに続き、やっぱり!怪しかった「wantonのブログ」は邪悪な在日か?~奴等にいいように利用されてた日本人は恥を知れ!!&昭和天皇発言の真相は
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/05/wanton.html

wanton他は、工作員確定。日本人よ、自信と尊厳を取り戻せ!!原爆 「地上起爆」説はトンデモの嘘&いつまでも邪悪な在日の<真っ赤な嘘>の数々に騙され、それを拡散=垂れ流すのはやめろ!!&日銀を会社にしたのは…
https://insidejobjp.blogspot.com/2016/06/wanton.html

AP記事に「日本軍」!?~大笑いした工作員wantonのヘボ記事(「地上起爆説」の嘘)と、wanton、偽物黒酢、ゲームの達人等の目論見は?
https://insidejobjp.blogspot.com/2016/06/apwantonwanton.html

さて、以前スタンド・アップ コメディアンのビル・ヒックスの
JFK暗殺に関するスキットを和訳して字幕を付けてファイルにする作業が
妨害されたことを書き、今もアップできずにいる状態ですが
そのJFK暗殺関連話が、去年みつけて保存していたビデオを見ていたら
出てきました。

9/11を事前に予告し、「犯人はオサマだ!」と言われるが
そんなものを信用してはいけない
と警告し、のちに殺されたビル・クーパーの
大分前のインタビュー動画(英語)

Bill Cooper interview CNN Uncut original
https://www.youtube.com/watch?v=gOlybRtTnpM


この24分頃から、JFK暗殺の話が出てくる。
そしてビルは、JFKのリムジンを運転していたシークレット・サービスで
フリーメイソンのメンバー、ウィリアム・グリアがやった
と言っている。
下の動画、40秒過ぎから 1983年にインタビューされたグリアが出ていて

JFK Assassination ~ Driver Bill Greer
https://www.youtube.com/watch?v=WFfBiqjS6_w


頭の良さそうな紳士に見えるけれども、暗殺は彼にとって
「ショック」で、「そのせいで胃潰瘍になった」と言っているが
そこでも立派に(?)命令通り、嘘を突き通している。

「それで胃潰瘍になった」と聞いて思い出しましたが
医師だった私の父は、常々「人はストレスで病気になる」と言っていたし
殊に胃は、心配事などがあるとやられやすいと強調していました。
グリアも、その一例かも?

上の映像から。
★各画像がまともに拡大しない場合は、右クリックで別タブか別窓に開ける

アメリカは左ハンドルですから、そこに横顔がしっかり見えているのが
暗殺当日のウィリアム・グリア。
結構額が大きい感じ。そしてザプルーダー・フィルムの
暗殺の瞬間部分

JFK’s Fatal Shot Came from the Freemason Driver!!
JFKの致命傷は、フリーメイソン運転手、ウィリアム・グリアのエア・ガンから!!

https://www.youtube.com/watch?v=xzjsRX9ncdw


つい先日アップした映像ですが、私のチャンネルを開けて
"HOME"のみならず、"VIDEOS"のページを開けても、トップに出るはずが 出ない!!
https://www.youtube.com/user/aftertruth/videos
おまけに、ネットのコネクションもおかしくなって、色々スンナリ出来ない!!(怒)
#またも異様な妨害か!? 皆さんが開けると、出るのかも

映像自体質が悪いので、そこから取った画像も質が悪い。
しかし、前を向いて超、遅い速度で運転していたグリアが
頭を右方向に回して、うしろを向く。
目のあたりが、まるでサングラスでもしているかのように見えるが
顔がはっきりと、こちら側を向いているのがわかる。
後部座席では、すでに撃たれて ジャクリーンの方に少し傾いている JFK と
彼を気遣うジャクリーンが写っている。
グリアは先程より もっとうしろ向きになっていて
左頬〜顎を覆うような白い物体が凶器と思われる。
その凶器、ビル・クーパーによればエア・ガンを JFK に向け
発射! 即座に、JFK の頭部から血飛沫が上がる。
命中したことを確認し、
前方に向き直り、
少しハンドルのうえに前のめりになってスピード・アップする。
英語ですが、ウィリアム・グリアのウィキペディア ページ

William Greer
https://en.wikipedia.org/wiki/William_Greer
アイルランドで生まれ、20歳のときに米国に移住。
ボストンやニューヨークで金持ちの家の運転手や召使いとして働き、
1942年(33歳)で米海軍に。1944年918日に除隊。
#1 + 9 + 4 + 4 = 18

グリアはウォレン(調査)委員会に於いて、海軍入隊前に
「ドブズ・フェリー(地名と思う)で13年働いた」と証言した
と出ているが、雇用主の「ロッジ家やフランクリン・Q・ブラウン」と、
実名が出ている人々も、イルミナティ関係ではないかと私は推測。

その後 1945年10月1日にシークレット・サービスに入る。
当時、36歳ですね。
#10 + 1 = 11 と  3 + 6 = 9

1963年11月22日の JFK暗殺当時は、54歳。
#5 + 4 = 9

助手席に座っていたのは、同じくシークレット・サービスで
グリアより先輩のロイ・ケラーマン。
グリアは胃潰瘍からの体調不良で、1966年にシークレット・サービスを去る。
射撃の腕前関連話は当然ですが、一言も言及がない。

ウィキペディアでは、ケラーマンが
「撃たれたから、早く(この場から)出ようぜ」と言ったのに
「私の言うことを信用しなかったのか、うしろを振り向いて」
致命的な遅れを取ることになったと。

まるで 9/11と同じですが、この件で 誰も懲戒処分を受けたりしなかったが
ジャクリーンは当然のことながら彼等の行動、殊にグリアの行動に大変批判的で
後日グリアはジャクリーンに真摯な謝罪をした
と書かれてあるが
自分が殺したくせに、よくやるよね。
#謝罪する気持ちだけは、本当だった??

ビル・クーパーは更に、
JFKの暗殺はビルダーバーグが
決定、命令
し、
理由は、JFKが「国家の安全にとって脅威だったからだ」というが、
それはNWO=世界統一政府実現にとって邪魔だった
という意味だと。

暗殺理由は JFKが、政府が貨幣を発行するという大統領命令を出したこと。
これはイルミナティ詐欺商売のトップ、連邦準備制度をぶち壊す。
また、Bay of Pigs(ピッグズ湾)侵略空軍が援助をするのを拒否した
(9/11、”Loose Change” 等々で紹介された Operation Northwood もこの関連かと)
そして「CIAを解体する」と、何度も公言していた。
更に、UFOに関する真実を公表する準備を、翌年中にやれと命令した

UFO、宇宙人の存在が真実か否かは別として、政府の持つ情報を出せと言ったわけだ
とビル言っているが、ビル自身 海軍にいたときに UFO と呼ぶべき物体を目撃しており
それは「なかった」ことにされ、決して他言するな。漏らしたら云々…と脅された由。

とにかく上述の行動が、JFKの暗殺命令に繋がった。そしてビルは
FBIの第5部とCIA、シークレット・サービスと米海軍諜報が
暗殺を実行した

と明言していますが、フリーメイソンのグリアも上からの命令でやったといっても
根底に残っていた(?)良心が咎めて胃をやられ、それが癌に発展して
(ジャック・ルビー同様、癌にさせられたのかもしれないし)
上のインタビューの2年後に75歳で死亡。

「癌で」とあるけど「癌」じゃ死なない。本当の死亡原因は副作用か、暗殺…
#7 + 5 = 12 → 1 + 2 = 3

ここで、例のグラシー・ノール(芝の丘)はどうなってるの!?
と私は思ったのですが、あれも多分真犯人のグリアに注目が行かぬよう
撹乱目的で仕組まれた話だったのでしょう。

それは JFKの遺体写真を見れば、より一層明確になる。
と言っても、わかりにくいかもしれないが(^^;
後頭部というか、頭部上方がものすごくやられている
これは銃弾の出口の傷だ。

もし彼の右方のグラシー・ノールから撃たれたのであれば、傷の出口は
彼の頭部左側でなければ おかしい。
よって これが、グリア=犯人説の物的証拠です。

私は、随分前に この「運転手=真犯人」説を耳にしたのだけれど
「致命弾は、グラシー・ノールから来た!」と信じ込んでいたために
ザプルーダー・フィルムを見ても、上の遺体画像を見ていても
運転手は、ケネディーが撃たれたことを確認してから速度を上げた
としか、思わなかったのですよね。
信じる者は、騙されるの好例!!

最初に紹介したビル・クーパーのインタビューは 2時間弱もあり
他にも色々と大事な話をしているが、JFK 暗殺に関しては飽くまでも
秘密結社の邪悪な連中がやった点を強調していました。

他に、これも非常に大事だと思ったのは
キリスト教は聖書の黙示録で、イルミナティがすべて計画を明かしているが
そこで「神を信じていると、(神がいずれ)邪悪な者どもをやっつけてくれる」
と信じてしまい、何も行動を起こさないようにされている
と。

丁度、詐欺師の仲良し、怪しいベンジャミン・フルフォードが言っていた
中国のマフィアだか誰かが、今すぐにでもイルミナティの全メンバーを殺せる
なんで、まだ やらないの!??)とか、米軍等々内部の者たちが
革命を起こそうとしているといった嘘話と同じ
元々自分で責任を取ることすら怠慢で避ける人間たちが
「誰かがやってくれるなら」と、自分で行動を起こさないように
嘘を信じてしまったが故に、誤誘導されているということです。

かくいうビル自身もキリスト教徒で、悲嘆に暮れるようなときは
本当は存在しなかったかもしれない」イエスの残した言葉を読んで
また元気を出してやっているんだと言っていた。

「すべて信じるな。自分で調べて事実と判明するまで疑え」
と いつも言っていたビル・クーパーだけのことはある と思った次第。

ビルはまた最後の方で、目覚めないアホや目覚めたのに何もしない人々に対して
非常に怒りを持って語っているのだけど、私もこれに ものすごく共感!!

スウェーデンのカロリンスカ医科大学を遂に追い出された真の科学者の一人
オーリ・ヨハンソン教授とも先日メールでこのことを話したのですが
ヨハンソン教授も同じ思いを「この45年間感じている」と書いてきました。
下は、今年作られたドキュメンタリー。先日、全編をとある上映会で観てきたが

GENERATION ZAPPED OFFICIAL TRAILER
ザップされる世代 予告編

https://www.youtube.com/watch?v=h7R4gKs8ViI

その冒頭で、
「10年前と比べて、どれほど多くの電磁波が我々の体を通り抜けているか?
2倍? 3倍? いや、それはクィンティリオン倍であり、
1のあとに0が18個ついているんです
と語っているのがヨハンソン教授。

皆さんも「誰かがやってくれる」などと考えずに
自ら、行動してほしいと思います。
多くが動かなければ、絶対にイルミナティの勝ち=NWO 統一世界政府の実現
ですからね。完全支配される前に、是非 反撃を!!

JFK暗殺のみならず、多々 無数の邪悪な犯罪を平気で犯し続けるイルミナティを
倒すため、私のように政府は会社 の売国詐欺師どもとガチに闘うか

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日、何度でも言って&広めてください。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment