Tuesday, May 15, 2018

ケム空が切手に!!&ホロコースト否定派、ウルスラ・ヘイヴァーベック(89歳)、遂に投獄される!!=真実を訴える者が、罰せられる世界

もう、ここまで来ると まるで笑い話なんだけど
オーストラリアがケム空(ケムトレイルで作られた空)を切手にしましたよ!!
左上のママタス・クラウド=乳房雲は私も相当以前にじかに目撃して
確か、ブログかネット上にそのときの写真をアップしたと思うが
見当たらない。

右上のレンティキュラー・クラウド=レンズ雲は、3/11直前に仙台周辺でも
目撃されたのではなかったか
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2011/04/42.html

そして私が 2008年3月にシドニーで工作員が開催した 9/11の真相究明会議で会って
少し話もした G.E.グリフィンのサイト
トランプは ずっと以前、1980年代からロスチャイルドと繋がっていた

FreedomShocker: Trump’s Private Commitments to Rothschild Disclosed by Researcher Shocker
May 11, 2018 Jake Morphonios
https://needtoknow.news/2018/05/president-trump-rothschilds-puppet-major-revelations/

出ていましたが、私は最初からトランプはイエズス会だから
信用できないと言っていたので、
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/11/blog-post_15.html
何を今更!?の感。
G.E.グリフィンは “Creature from Jekyll Island”の著者ですが
政府は会社詐欺をフォロワーに伝えないし、私は「?」付けてる人物。そして

<政府は会社>売国詐欺師の嫌がらせ~暴行を働く似非警官
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/04/5g-superdarn.html

の記事で報告した、売国詐欺師どもの 正義の闘士(=私)相手の
嫌がらせですが、パンクとパイプを切るという卑怯な行為に続いて
私の車のガソリン・タンクに何か異物を入れた気配です。
#走っていると、急に まるでブレーキを踏んだかガソリン切れみたいな現象が起きる

原因を調べるために修理屋に出して、邦貨で15,000円程度かかったんだけど
電気系統などには問題がないことが判明しただけで、終わりでした。
タンクを開けて中を見るのにはさらに 200ドルはかかるだろうと言われて、ガックリ!

もう一箇所の修理屋(そこも腕はいい)がもう少し安い見積りを出したので
近いうちにまた散財して、中をチェックしてもらうしかないと思っている。
私が奴等の詐欺犯罪を逆用し、色々と支払い拒否をして
みごとに成功している

ので、それに対する嫌がらせで、私が金銭を(無駄に)使わなければいけないよう
仕向けている。プラス、事故原因を作っている可能性もある。

周囲にも、万が一私が’事故’で死んでも、それが事故だったとは思うな!
と伝えていますが、皆さんも覚えておいてください。

それから以前もちょっと言及したことがあるドイツのホロコースト否定派女性、
ウルスラ・ヘイヴァーベック(苗字の発音は違うかも)が
遂に牢屋に入れられたというニュース
May 7, 2018, 1:08 PM
"Nazi grandma" arrested after failing to report to prison
https://www.cbsnews.com/news/germany-nazi-grandma-ursula-haverbeck-holocaust-denier-skips-prison-verden/

わかります?
‘冴えない老婆’に見えるような写真をわざと使っている。
“notorious elderly neo-Nazi” =「悪名高き、老ネオナチ」呼ばわりして。
いつものことだがw

ホロコーストの嘘など綴っているキャロリン・イェーガーのサイトでは普通の写真
Heroine Ursula Haverbeck goes to prison, as Jews continue to force Deutschland to mistreat its own elderly folk
Published by carolyn on Tue, 2018-05-08 15:37
www.carolynyeager.net/heroine-ursula-haverbeck-goes-prison-jews-continue-force-deutschland-mistreat-its-own-elderly-folk

ツィッターのboさんは以前から、彼女がすでに牢屋に入れられたと書いていたが
その当時も私は知っているけど、実は高齢を理由に刑期は保留されていたのです。
それが今度はマジに2年ぶち込むということになっていて
その開始期日に出頭しなかったから、逮捕したという報道になった。

関連のインタビュー動画を、私も2015年後半には観ていたのですが
私も数年来、言い続けていることだが
みんな、信じ過ぎです。人の言うことを何でも信じてしまう

Ursula Haverbeck: The Panorama Interview, with English Subtitles
https://www.youtube.com/watch?v=WPa_QeV9kDM


エンベッドすると英語字幕が出ないうえに、ここにエンベッドしても
まず そのまま普通に観られるかどうか、わからないけど。
おっ、やはり まともに出ませんね。

そのページを開けると(私が観た当時もこうだったかは覚えていないが)
一部の観客に対して不適切、または不快感を与えるものと みなされました
というお断りが出て、その下 青の白抜きで出ている「理解したうえで、観たい」
という表示をクリックしないと観られない。また下の方にも、同じ理由で
コメント、シェア等々が機能しないようにしているとお断り。
当然、ヴューがいくつあったかも出ないんじゃない?

50分弱の動画ですが、英語かドイツ語がわかる方は 是非、観て戴きたい。

記憶をもとに簡潔に書くと、下の動画同様証拠を求めても何も出ないことや
アウシュヴィッツは兵器製造のための労働キャンプであって、ガス室でユダヤ人を
大量殺戮するためのキャンプなどではなかった
&殺戮行為を命令する文書が
どこにもない
といった内容。
#この「命令書が存在しない」は、アウシュヴィッツからロシアが押収した書類に
ついての書物が2000年に出て以来、はっきりと判明した事実。

自慢じゃないが、私もあちこちで「あなたは大変勇気がある!」と褒められているが
彼女も本当に勇気がある。正義のために闘っている、いわば同志です。
監獄内で殺されるなんてことがないよう、支援者たちの動きに期待したいですね。

それから日本語でホロコースト否定を検索すると、多分阿修羅掲示板に超・長文の
投稿をしていた、詐欺師きくちゆみ仲間で工作員の’バルセロナより愛を込めて’こと
’童子丸開’こと、’江熊ひろし’こと、本名??が書いた記事が出るでしょうけど&
奴の情報にも正しいものはあるだろうが(それが工作員の役目。事実を伝えて多くの
人々から信頼を得る。その後、本当の仕事が始まる)、気をつけてください。
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/08/blog-post_25.html

下は2015年11月にアップされた英国人に語りかけているメッセージの動画ですが

Tyranny! 87 year old Ursula Haverbeck Jailed for questioning history: English
https://www.youtube.com/watch?v=jR25qa_xTpE


ドイツの権力者やドイツ国内のユダヤ組織にも、ず~っと5年間も
「どこで 600万人が死んだのか?」と問い続けたが
どこからも まともな返事がなかった。

それで法務大臣に「どこで600万人が殺されたのかの公開討論をしよう」
と持ちかけたが、これにも返答はなし。
返答がないのは
(私の政府は会社売国詐欺犯罪者どもとのやり取りと同様だが)、
証拠=そうした事実がないからだと解釈して
ホロコーストは
存在しなかった

という結論に達した

本当の<政府>が存在していないのと全く同じ

3~4週間ほど待ったが、何も返事がないので これをネットで公表することにし
書いてからすでに2ヶ月半経ったが、いまだに何も起こらない(反論もない)。
証拠もないのだから、何百というホロコースト否定派で逮捕された人々は
真実を語っていただけなのだから、解放されるべきだ


と語り、インタビュアーに
「米英等の人々は、ドイツがどれほどの独裁国家かを知らない」と言われて

ここ10年以上、毎年 2,000人がホロコースト否定で裁判にかけられていて
家庭は破壊され、仕事を失うなど ひどい目に遭っている
、と。

Ursula Haverbeck on The Greatest Problem of Our Time
https://www.youtube.com/watch?v=1BvRvNZo5Gk


上の動画でも、

1993年10月8日にアウシュヴィッツにあった「400万人が殺された」と書かれた
表示板が、「約150万人が殺された」に変更・減少された事実。
そしてその変更後に、ユダヤ、ポーランド人、ジプシーの誰が一番多く
殺されたのか?
という議論まで起きたが、何十年も、間違った数字ゆえに
責め立てられてきたドイツ人への謝罪や説明は一切なし

また2002年5月には、デル・シュピーゲルのマイヤー編集長の記事が
新たに発見された、それ以前は知られていなかった文書などをもとに、
アウシュヴィッツでは誰もガスで殺されてなどいなかったと結論
していたうえに、それは決して’150万人’ではなく、アウシュヴィッツ以外の
ビルケナウなどで多分、36万5,000人ほどのユダヤ人が
「ガス室送りになった」とマイヤー氏は書いている。

にもかかわらず、驚くべきことに マイヤー氏は告訴等々されることもない

云々と、そして実に淡々と語っています。

:大変興味深いことに 上のCBSの記事には
An estimated 1.1 million people were murdered at the Auschwitz camp
=アウシュヴィッツでは、推定110万人が殺された
との記述があって
元々 400万人と言ってた犠牲者数がさらに減ったことがわかる。w

これを書いていて思い出したが、
割に最近出ていたニュースで、戦後カナダで育ったドイツ系カナダ人の
ヴァイオリン教師モニカ・シェイファーの動画

Sorry Mom, I was wrong about the Holocaust
https://www.youtube.com/watch?v=E0_BZphQ7Qo


ドイツ系ゆえに学校でいじめにも遭遇していたが、他の多くと同様に
ホロコースト話を刷り込まれていた彼女。ある日母親に
「どうして こんなひどいことをしたの?」と訴えたときに彼女の母親は
「そんなことが起きていたなんて、誰も知らなかった」と、いうなれば
ホロコーストを否定していた。

モニカが、これが嘘だったと認識するようになったのはホンの2年前の
2014年のことだったし、両親はすでに他界しているが、彼女は親に謝りたい

と語っている。
その彼女がミュンヘンで逮捕されたというニュースが、今年一月に 出ていました。

これも以前どこかで書いたと思うが、かつて私たちの隣人だったウクライナ出身の
おじいさんが、18歳のときにドイツに連れて行かれて働かされたと語り、
ユダヤ人のみならず、ロシア人、ロマなど色々な腕章をつけられていた
ただの一度も、アウシュヴィッツで多くが殺されているなんて話は
聞いたことがなかった

と言ったのです。

どんなに隠そうとしても、それほど大々的に殺されていたなら
周囲に噂が漏れるはず。それが全くなかったということ。
そしてウルスラが調べたように、アウシュヴィッツが兵器製造の労働キャンプで
あったなら、その労力を保持する行為(病原と言われたシラミを殺す)はしても
やたら殺戮しまくるという行為に及ぶはずがないですね。

そして確かウルスラも、いずれかの動画で語っていたけれども
このホロコーストというお話は、多くのドイツ人にものすごいストレスを
与え続けてきました。

以前書いたかもしれないが、ニューヨーク勤務のときにお客で入店したドイツ人の
ビジネスマンが、色々話しているうちに(私はそんなこと話題にしなかったのに)
「我々ドイツ人は、本当にひどいことをした!」と話しながら泣き出したことや
SSの将校だったドイツ人の子孫が、本当に ものすごい虐待にあったり
自分がやったわけでもない’犯罪’(でっち上げなんだけど)ゆえに
海外に出たとき、周囲に「ドイツ人だ」と悟られないような努力をしたり
といったことが、今まで ずっと続いてきたのです。

日本人にとっての南京虐殺より、もっと深い傷を
心情的にも経済的にも、ドイツ国民は今尚、引きずらされ続けている。
全世界の大多数が信じ込まされた<ホロコースト否定>という特殊性があるにせよ
思想や表現の自由は、一体
どうなっているのか?

を問わなければいけない。

ドイツでは「ナチ婆さん」と呼ばれているそうだが、投獄されたウルスラは
2年は牢屋に居させられる予定。支援者たちは健康を理由に減刑などを求める予定
らしい。なにしろ89歳ですから。
#90歳を迎えて、なおも元気に楽しく生きているディック・ヴァン・ダイクとは大違いって

このブログの読者なら、ホロコースト話はシオニストがイスラエルを建国するための
大嘘だった
とご承知でしょうが、例によって
私のように、政府は会社の売国詐欺師とガチに闘うか

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて言って&広めてください。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment