Tuesday, March 24, 2020

豪州の現状〜また盗まれた私のサイン!! 売国詐欺警察(=会社)との闘い〜多くが知らない、実は「戦争中」の私たち

前回書いたとおり、
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/03/blog-post.html
図書館WiFiが使えないので、ウチからちょっと距離がある某所に来て
これをアップしています。電源はないので、手短にしないといけないし
これも以前どこかに書いたが、私の日本語ブログはポルノ・サイトと誤認され😡
ここではまったく表示出来ないので、アップしたものの確認が出来ないけど。
Yahoo!のキャッシュすら、表示してくれない↑
だから改行などの表示で おかしなものがあっても、ご容赦を!
#下書き状態でどんなかも見ることが出来ぬまま、アップします。

とにかく図書館はとりあえず来月半ばまで閉館中で、
それだって、今やどれほど延長されるかわからないうえに
閉館中に工事して猛毒電磁波兵器の 5Gを入れるんじゃないか?
と疑っている。

日本ではまだトイレット・ペーパーやマスク程度かもしれないが、こちらは
まず、生鮮食料品の野菜や果物コーナー
チョイ高めのオーガニックものなどは残っているが
肉類コーナー
これも肉類の棚。
パン類、
パスタとお米
といった具合で、いまだにメディアの嘘報道に操られた人々が買い占めまくっている。
おまけに、今知った話は「ルイ・ヴィトン(のオーナー)がハンド・サニタイザー(殺菌するもの)をフランスの病院のために作り始めた」って、
https://www.bbc.com/news/business-51868756
https://www.globalcitizen.org/en/content/louis-vuitton-hand-sanitizer-coronavirus/

加えて、ウルワースで働いている人からの情報としてメールで回ってきたのが
あと2週間ほどで軍が動き出して、一家に一人がスーパー等に行くことを許される
だけになる
と。本当か嘘かまだ不明ですが、可能性は大いにあるね、この狂った
世の中で、犯罪者たちに支配されてるんですから。

しかし この異様な騒ぎのせいで(奴等犯罪者のやり過ぎってこと)疑問を抱く
人もボチボチ出ている。スーパーの女の子やおばさんたち、店内ですれ違う
お客に話しかけて、カタストロフィー 債5Gの 60GHzで酸素が変化
を教えているけど、「あぁ、なるほど!」って感じに理解する人が多い。

加えて、私の車に付けてるサインを携帯で写真に撮る人がここ数日だけでも
何人かいて、中の一人の若い女性は
「テレビつけても、コロナウィルスばっかり
他のニュースは一体どうなってるの??って感じ」
と言って、それゆえに 何か おかしいと悟ったみたい。

その洗脳器械を全く見ていない私には、それで誤誘導されまくりな人々の心理は
理解に苦しむだけですが、奴等犯罪者たちは最終章へと急いでいるみたいで
見て、この醜悪な顔を
https://journal-neo.org/2020/03/18/coronavirus-and-the-gates-foundation/

本当にやり過ぎてるので、それで逆に起きてくれる人がガンガン出ることを
祈っているところです。

英語ですが、自身がひどい自閉症やら若くして癌やらといった問題を抱えて、ロー&ヴィーガンで治して以来、人々への啓蒙などをしていたアージョナス・ヴォンダープラニッツという人のインタビュー動画を観て、改めてこの騒ぎの嘘さ加減を思いましたよ。

Coronavirus - The Truth The Agenda 2130 #DepopulationAgenda
https://www.youtube.com/watch?v=3z1YI0ZKpOA

死亡日や、その状況とそれ以前の動きから 彼は殺されたと私は思いますが
https://en.wikipedia.org/wiki/Aajonus_Vonderplanitz
それはさておき、鳥インフルや豚インフル騒ぎを覚えてますか?
奴等極悪犯罪者が大騒ぎして毒のワクチンを売ったりした割に、実際の死者数は
全然、大したことがなかった

#スペイン風邪の昔から、毒ワクチンで殺す犯罪 やってるからw

今回もそれと同じで、まぁバイオ兵器=人造ウィルスで感染度や致死率が多少は
高められているかもしれないが、インフルはインフルですよ。
それを、似非政府売国メディアが騒ぎまくって
&実は 5Gで殺したことも隠蔽し、遂にここ豪州では、ここヴィクトリア州
をはじめとして色々な場所(レストラン等)が強制的に閉鎖させられ、
州外へ出る・入る=国内州間の移動も禁止!!
という事態に発展しています。豪州人の死者は
たったの6人なのに
(おぉ、6人になったから この事態へ移行したってかw)
それも多くが愚民化されて、騙されているからこそ可能な動き!!

ヴォンダープラニッツは、他の動物のウィルスが人間に感染なんてことからして
あり得ないし(生物兵器=人造ウィルス)、ウィルス自体悪いものではなく
我々を適度な病気にして毒出し=ディトックスを促してくれるものだと言っている。

過去、子宮頸癌ワクチン関連記事でリンクを貼った毛利子来(たねき)医師
のインタビューを読んでもわかる話。確か↓の記事、最後だったと思うが

【拡散】"HPVワクチン"の接種を直ちに全面的に止めるべき理由
http://insidejobjp.blogspot.jp/2013/06/hpv.html

過去何度も色々書いてきたけど、パスツールの “Germ theory”からして間違い
または意図的な嘘だったわけですし、
【ワクチン詐欺】パスツールの伝記に感動した若者と、パスツールの実態&
「原因」で嘘をつき、毒を売るイルミナティ

https://insidejobjp.blogspot.com/2018/11/blog-post.html

‘病原菌’が原因という考え方と、周囲の環境等が原因という考え方の違い↓
前者は「ワクチンを打てばいい」で、後者は「環境を改善すればいい」
以前記事にしたとおりで、ポリオの原因についても奴等は大嘘を広めたし
すべてのワクチンは、嘘で売られている毒。決して打ってはいけない!! -
ポリオの原因も重金属毒だった!!

http://insidejobjp.blogspot.com/2018/03/blog-post.html

「ワクチンで根絶した」というを信じ込ませるために、病名を変更
書きましたよね、ドクター・テントは「僕に言わせりゃ、ギラン・バレーもポリオだ」と
Polio: the virus and the vaccine
http://www.vaclib.org/basic/polio/polio1.pdf

要するに様々な毒物が体内に入り&蓄積するから病気になるが、邪悪な現代医学
詐欺)はこれを言わない。

おまけに、我々に癌を誘発する毒のSV40が混入している事実を百も承知で
世界中にポリオ・ワクチンを売りつけた。
それで癌が増えたところへ これまた邪悪な<水道水フッ素化>をやって
癌をもっと増加させたことを、バーク博士は訴え、警告を発した。
<常識>を<宗教と化した科学>と すり替える&信頼される本物の、良心的で正直な医師たちが「医学的研究結果の大半は間違い。信じてはいけない!」と警告~フッ素化は、癌を増やす邪悪な手段!!
https://insidejobjp.blogspot.com/2018/07/blog-post.html

それから

驚愕:世銀がWHOとコラボして、コロナウィルス騒ぎ前に それと同じ事態発生に向けたパンデミック債を売り出していた!! 次のターゲットは米国東岸の暴風雨や豪州・カナダ・英国での大量死!!
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/03/who.html

に出てくるWHOは、

国連も当然、会社!!
https://insidejobjp.blogspot.com/2016/11/blog-post_10.html

の傘下ですし、モロそっちも会社
DnB.comの会社検索は、私がもう20年近く駆使して
極悪詐欺犯罪者たちを暴いてきたので、年々色々なものが より出ないよう、
出ないようにされてきたので、世銀は全然見せてくれなかったし、WHOも本部は
隠して見せなかったけど、あちこちの支社は出た。
投資家に会社情報を売る Dun & Bradstreet の会社検索結果ですよ
神戸の支社も、
住所は、ウィキペディア掲載のものと一致!
上述したとおり、国連と 崇め立てられている組織も会社
上のトップの住所と、下の国連サイトに出てる住所も同じ。
そして、私の売国似非警察との闘いですが
まず、何代目かのサインがくたびれてきたので
先19日でしたが、新たなのを作った。
それを家の中で作っている間に、似非警官泥棒がまたサインを盗んだ!!
空白状態になっているところに貼ってあったのは、下の真ん中
‘ヴィクトリア警察’という会社の山賊に要注意
これまで何人もの見知らぬ他人が「これ、サイコー!!」と喜んでいたサイン。
盗んでいくのは、当人しかいない!!
#前から散々、私から盗み&車も傷つけてるし

もうひとつ、盗られたのは ガソリン・タンクの蓋の上に貼ってあった
下の一番右に写っている“AGENDA 21” のと同じサイン。
これも、人々に見られ・知られては困る人間は奴等売国詐欺犯罪者しかいない。
実はこの数日前にも、コロナウィルス関連の新たなサインをふたつ作って車に貼り
出先で、別の町のスーパーに寄った際 みごとに盗まれた!!
#スパイはそこら中にいるって

仕方がないので、少額だろうと また痛い出費😢を乗り越え 同じ文言で作り直し
実は5Gが怪しいってサインも作りました。↓
加えて、仲間が送ってくれた「警官(本物でも)には走行中の車を止める権限
すらないし、逮捕されたのでない限り、私たちは質問に答える必要もない!

等々の判例リストも大きめのサインに、
豪州在住の方は、是非プリント・アウトして車内に一枚持っておくべき!!(^^)

そして大嘘に基づいてあちこち閉鎖し始めた今、
「似非政府をぶち壊すときだ。さもないと、多くが苦しめられ(殺され)る」
そしてカーポートには、奴等の犯罪をモロ書いて「邪悪ないたずらをやめて
盗んだ物を返さないと、カリーナ・ホーヴァスがやったことをやるぞ!
」と
書いた張り紙を貼り、
あ、「邪悪ないたずら」とは
鍵屋が「これはASIO(アメリカのFBIみたいな機関で、もちろん<会社>)
お墨付きで、ドアを壊さない限り入れない。誰も壊せない鍵だ」と豪語して、
しょうがないから、200ドル以上したけど買って取り付けた 3ディメンショナルの鍵
(平面のみならず、立体的に溝が作られている)なのですが、それを いともたやすく
何度も開けて色々と盗むだけではなく、嫌がらせ&私を怖がらせようとして
私の外出中や就寝中に わざと開けておく という しょうもないいたずら
ここ数日来、何度も繰り返したのです。で、この警告となった。

カリーナ・ホーヴァスは、似非警官にひどい暴行を受けて
それをICC=国際刑事裁判所(も会社だけど)に持ち込んで、
ヴィクトリア似非警察に恥をかかせた女性です。
記事に、暴行を受けたあとの写真が↓
https://www.abc.net.au/news/2014-09-22/woman-bashed-by-police-receives-apology-18-years-on/5761692
https://www.abc.net.au/news/2016-11-29/victoria-police-officer-charged-by-ibac-over-alleged-assault/8074684

事情は違っていても、奴等がとんでもない犯罪を無辜の市民(=私)相手に
何度も繰り返し、そうした犯罪を犯した同僚をかばって、当然の行為をしないの
だから&どこかにこの件を持っていく方法はあるはずなので、今後も闘いを続ける所存。

とにかくこの「やめろ!&返せ!」を貼ってから
いたずら がピタッと止まったのも立派な状況証拠!!
それを写真に撮ったものと、上のリストを似非警察署に届けてきました。
市民いじめと盗賊業をやめろ!
元々色々な権限もないうえに売国詐欺をやっている会社なのだから
お前らには何の権限もない!!
そして多くに大人気だった例のサインは、さすがに冷静沈着な私も頭に来たので
遂に、車に直接!!
とにかく多くが全く感知していないけれども、私たちはもう長い年月 ずっと
超 一方的な
戦争
を仕掛けられ、攻撃され続けているのです。

第三次世界大戦は<静かな戦争の無音兵器>を使用しつつ、とっくの昔に開始
されていた!! 米国政府が会社にされたのは、1925年。そして米国憲法は1933年
に葬られた!!

http://insidejobjp.blogspot.com/2018/02/19251933.html

その無音兵器のひとつである「教育」関連で書こうと思う件があるの
だけど、ここまでで十分長いので、いつになるやら?ですが それは次回に。

邪悪な猛毒電磁波兵器の 5Gはここもすでに入っているし
日本でも導入ということで、本当にあとがない!
だから、毎度お馴染みですが
私のようにガチに闘うか、それをやる勇気と時間のない方は

すべての毒と奴等の犯罪は
み~~んなイルミナティの
元へ戻っていった。そして
イルミナティは自滅した。
多くが完全に目覚めたので
全部ひっくり返って
まともな世の中になった。
やったね、ありがとう!!

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
これを毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて 言って&広めてください。

上のは長過ぎる!!と思う方は、超・短縮型
イルミナティは自滅して
まともな世の中になった。
やったね、ありがとう!!

だけでもいいですから、毎日 何度でも連呼して
反撃と拡散を大マジで続けて多くを叩き起こさないと、
本当におしまいです。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment