Thursday, April 26, 2018

<政府は会社>詐欺横行中だから、手下の似非警察や似非裁判所が泥棒をやっている現実。多くが おとなしく従う(&払う)から続けられている極悪犯罪

2018.4.10 18:03
南鳥島沖のレアアース埋蔵量、世界需要の数百年分 東大など調査
http://www.sankei.com/life/news/180410/lif1804100029-n1.html

というニュースを見かけましたが、最近のケムトレイルには、従来お馴染みのアルミ、
バリウム、ストロンチウム等以外に、そのレア・アースも含まれているそうです。

Chemtrails - Rain Water Analysis Reveals Six New Metallic Elements Effecting Our Health
https://www.youtube.com/watch?v=dgXFOsPRdBI


おまけに、ティッシュ・ペーパーのような’雪’が降ってきて、溶けなかったと

Is It Fickle Mother Nature Or Determined Weather Geoengineering: Nor’easter No. 4 And Rainwater Analysis
https://www.activistpost.com/2018/03/fickle-mother-nature-determined-weather-geoengineering-noreaster-no-4-rainwater-analysis.html

この話をしていたら、九州北部のメル友が それらしき’雪’を見たと教えてくれました。
ゴミかと思ったと。
以前にも、

Chemtrails - The Secret War
https://www.youtube.com/watch?v=U-5VnMIiKPY


にも出てくるポリマーを、何度も目撃していますが
それの公式見解は、空飛ぶ(?)蜘蛛の巣だとか。
もう本当に我々一般市民をどれほどバカだとみなしていることよ。

昔は聞いたことも見たこともなかった異様な病気がガンガン毒のワクチンや医薬品で
作られてきたのと同様に、昔は見たこともなかった雲・空だらけにされているのに、
毒のナノ金属でカラフルになるから「綺麗だ〜」とか「龍だ」と言って喜んでいる
人間が結構多いので、致し方ないのだろうけど。

そのメル友さんがティッシュのような’雪’を見たのと同日と思いますが

寒の戻り、阿蘇山上で季節はずれの雪
4/7(土) 14:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000001-rkkv-l43

熊本で4月の雪 桜の花に積もる光景も
2018年4月7日 20時24分 日テレNEWS24
http://news.livedoor.com/article/detail/14547158/

なんてニュースが出ていて、これだって
過去には なかった・滅多になかった現象が人工的に作られている
一例ですよね。気象操作という。それでモーリス・ストロングとアル・ゴアが
世界に売った<温暖化人為説>という大嘘を引き続き人々に信じ込ませてから
やってくるのが
スマート・シティー
であり、これらすべてが
AGENDA 21
構想です。日本でも、すでに始まっていますね。

【IT風土記】香川発 企業・市民の活用がカギ 高松市「スマートシティ」テーマにシンポジウム開催 (1/3ページ)
2018.3.30 11:00
https://www.sankeibiz.jp/econome/news/180330/ecc1803301100001-n1.htm

エコとかスマートという言葉の響きに騙されてはいけない!!
本当に、ヤバイですよ。そして気象兵器による操作が

2018.4.11 10:10
雨ないのになぜ…寝静まった集落を土砂が襲う 紅葉の名勝地、光景一変 「熊本地震後、地盤が緩くなった感じ」
http://www.sankei.com/west/news/180411/wst1804110021-n1.html

といった形で、人々の平穏な生活を破壊しているのです。
さて、少し前に

自転車を追い越しただけで 9ヶ月間、刑務所行き
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/03/vs-9.html

で悲惨なオーストラリアの現実を紹介しましたが、これを色々な人に話しても
<時速60キロで追い越して、それほどの怪我をさせる可能性>は皆、私同様
否定していましたよ。つい先日も、昔 隣同士だった老夫婦に会ったときに
そのお父さんの方はトラック運転手をしていた人ですが、彼もまったく同感で
この不当で(本来)違法なインチキ判決に呆れ果てていました。

この横暴は、その件にとどまらず
今度耳にしたのは、私も何度も通ったことがある 結構クネクネ道の多い
山というか、丘の方に住んでいる若者の話。彼をAとしますが
Aが運転していたときに別の車(こちらの運転手をB。Aとは赤の他人)と
"ドラッグ・レース"というが、速度を上げて追い越し追い抜き、競争をした。

Aはある程度でそれをやめて普通に走って、Bとはすでに10キロ以上
離れた場所にいたが、Bはその調子で速度をあげたまま突っ走り
なんと、木に衝突して死んでしまった!

そうしたら、似非ヴィクトリア警察がAを
過失致死で告訴した
というのですよ!
#Bがスピードを出す原因を作ったからだと

あり得ますか?
あり得ませんよね、通常なら。
でも政府は会社詐欺が横行中で’ヴィクトリア警察’という名の会社
も、イスラエル人が経営する牢屋常に満杯にするために
無実の市民を刑務所送りにするのが職務のひとつになっているということ。
#昔から、電話会社の請求書を印刷するのもイスラエルの会社と聞いている

多くがいまだに犯罪を取り締まる側だと信じ込んでいる連中こそ
実は、極悪犯罪者なのです。
その極悪詐欺犯罪者とガチに闘っているといつも書いていますが
’ヴィクトリア警察’という名の会社をも相手に闘うことにした経緯を書きます。

もう2年程前のことですが、隣町から車で帰宅途中に 後方から来たパトカーに
止められた。何かと思ったら、
「車両登録の更新期限を2、3日過ぎてる」と言う。

オーストラリア(少なくとも、ここヴィクトリア)では日本のような車検はなく
代わりに車両を毎年登録させられる。私のような小さめの乗用車でも、毎年
5~600ドルもボッタクられているわけで、その大半が似非政府関連会社がやっている
所謂自賠責(保険=シオニストのビジネス)に行くわけですが、そんなものの
支払いが たった2、3日遅れたからといっても、以前なら
「あぁ、明日払いますよ」
「お願いします。じゃ、お気をつけて」
で終わった会話が、なんとその場で
738ドルの罰金
ですよ。しかも、期限までに払わないと なんとかチャージ(利子)がついて
ドンドン金額が上がっていく。これは速度違反等々も同様。

若い男女のペア似非警官だったが、二人とも超・邪悪で陰険。私が
「でも、政府は会社じゃない」
というと、女の方が
「それが、どうした!!」
と怒った口調で言い
自分たちこそが犯罪を犯している現実を知っている証拠
男の方が、
「これは無登録の車両だから運転してはいけない
もし運転したのをみつけたら、逮捕するぞ!
と言った。脅しですね。<恐怖で人心を操る>パターン。

これ、夜の9時過ぎで 田舎の町と町の間の 何もないところでの話です。
しかも、私たちの町までは まだ数キロの距離があった!!
私は娘と一緒だったが、娘は読みが浅く「家まで送ってくれるのだと思った」と。
私は、そんな親切な行為は到底望めないと悟っていたので、せめてと思い
(私たち二人とも携帯を持っていないから)
「タクシー呼ぶのに携帯貸してくれますか?」
と聞いたが、それをきっぱり拒否された

パトカーですから、署に連絡してタクシーを呼ぶことだって出来るのに
それもしないうえに、なんと私の車の前に停めたパトカーに乗り込み
私たち二人が歩いて帰るまで、そこに座って見ていた!!

夜道を女性二人が歩いて行くのを強要したわけで、
これでは犯罪を取り締まるどころか、犯罪の発生に協力しているようなものだ。

幸い、少し歩いているうちに反対方向に向かう車が通りかかり
先の街に帰る男性だったのに、わざわざUターンして、ウチの町まで送ってくれた。
#彼も、その似非警官たちの理不尽さに呆れていましたが

町の端まで来たときに、ちょっと友人に電話しようと思って(家まで行かずに)
下ろしてもらおうとしたとき、反対方向、つまり私の家のある方向から
先の似非パトカーがやってきたのですよ!
#私が奴等の指示を聞かずに運転したのではないか、確認に行っていた!!

この一連の超理不尽な犯罪に、私は完全にアタマに来て闘うことにしたのです。
すでに地方住民税にあたるものと違憲の水道代支払い拒否を数年来やっていたから
それと同じ方法で反撃に出ました。

その後も、しばらく このインチキ、詐欺でしかない’車両登録’(豪州憲法では
<国内を移動するのは無料だ>とあるので、本来は運転免許や車の登録に
金銭を払わなければいけないシステム自体が憲法違反の詐欺犯罪!
関連以外にも、似非警察がそこら中に設置しているスピード・カメラや
駐車違反*の罰金等々、すべて支払い拒否をして、奴等が、私が提示するとおりの
会社ではなく、本当の政府・政府機関である反証を見せろ!!
と、似非警察、似非裁判所と似非シェリフ等に要求し続けてきましたが、
奴等の誰一人として、何も見せられない!!

*何年も前からだが、こちらメルボルン等々では公道に駐車するのに
お金を払わなければならず、それがしかも月〜土曜の夜8時半までとか、
場所によっては午前零時までその調子でガメつく徴収するうえに、監視を歩かせて
支払っていないか、期限の時間を過ぎた車に似非罰金シールを貼っている。
多くはおとなしく払っていたが、大体公道(=人々のもの)に駐車するのに
何故お金を払わなければいけないのか?から、考えなければいけない!

実際、少しは そういう人が出てきたと見えて、最近メルボルンに出た際、料金を
払っていない車を相当数見かけました。大変、結構なことです。
貼られたシールを、ガソリン・スタンドのゴミ箱に捨てている女性を見たことも
あるし。加えて、私のように闘ってくれるといいのだけどね。

(本文に戻る)
果ては、そうした罰金を徴収するCCV(Civic Compliance Victoria)という名の会社
相手に、6ドル66セントの小切手を書き、w
(<部分的な支払い>と思わせる&向こうに何らかの行動を取らせるため)
同封した書類のなかに、長々と色々な条件や事実の分析等を書き綴った
契約書(奴等には何らの権限もないから、私は一切支払う義務なし云々と記載)
を紛れ込ませ、
★各画像がまともに拡大しない場合は、右クリックで別タブか別窓に開ける

その冒頭には、同封の小切手を現金化することで、CCVはこれに同意した
と記してやったので、奴等はその後「払え」という要求を一切やめてしまいました。
#まんまと引っかかって、上の小切手を即 現金化したから

わかりますか?
似非警察、似非裁判所と似非シェリフ=皆、会社だから
私を逮捕したり、裁判にかけて罰するといった行動をとるための
権限が全然ない
のですよ。

日本もまったく同じで、国民・住民から’税金’等々の詐欺を働いて
=泥棒しているし、あらゆる毒物を私たちに飲ませ、食べさせ、吸わせ等々
(広島カープの衣笠祥雄さんが、まだ71歳というのに亡くなったのも
原発放射能や、毒の癌治療が原因でしょ。衣笠さんには昔東京の飲食店で遭遇し
当時カープ・ファンだったので、サインを頂戴したことがありました。合掌)
極悪邪悪な犯罪の限りを尽くしているが、それは我々一般市民がおとなしく
我々の持てる力を言われる
まま、渡しているから

に他ならないのです。だから、それを即刻やめなければいけない
#我々の持てる力=税金等々の金銭と投票による政治的責任と政治的な力

いつも書いている通りですが、上述の私の様にガチに闘うか
(各種、支払い拒否や、本当の政府である反証を要求等々)
以下のシークレットしか、奴等の犯罪を止める方法はありませんよ、皆さん!

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて言って&広めてください。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment