Monday, September 10, 2018

9/11 17周年 - 同時多発テロはイルミナティに支配された米国のヤラセ=内部犯行!! WTC崩壊・爆破解体は「単なる仕事」&「アダルト サイト」誤認定(怒)

書いても無駄のようだが、
Brave New World ブログ(http://happy-slave.com)よ
私の記事を全文転載するのをやめなさい!!


そこの読者諸氏、何人いるか知りませんが、そこは人の意向を無視して無断全文転載
を続ける悪質な(多分)売国詐欺師どもの手先サイトです。
#元記事を読むように!


私のこのブログが、マクドやショッピング・センター等のWiFiを使うと
<禁止サイトだ>と出て見られないと先日触れましたが、その理由がなんと
「アダルト・ポルノ サイトだ」と!?
失礼極まりないね!!

つい先日も英さんのブログにコメントを入れたのに、それがちゃんと反映されない。
https://ameblo.jp/kazeto39/entry-12403214093.html#cbox

私が書いたコメントは

戦争は、ずっと
展開され続けていますよ、

第三次世界大戦は<静かな戦争の無音兵器>を使用しつつ、とっくの昔に開始されていた!! 米国政府が会社にされたのは、1925年。そして米国憲法は1933年に葬られた!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/02/19251933.html

昨今の異常気象も気象兵器による人工の攻撃

日本周辺の異様・不自然な気象の動き(NASA画像)
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/09/nasa.html

またまた<目のない台風>のくせに異常な勢力!? &忘れないで、綺麗なものには毒がある!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/09/blog-post.html

アップしたNASAの衛星画像をしっかり見て
常識で考えれば、わかることです。

(コピペ終わり)

でしたが、ブログのURLが出た時点から削除されている!
そこを開けてもらえばわかるが、私の名前はブログURLを入れてあるので
本来ならクリック出来るはずなのに、それも不可!!

何度でも言うけど、世界広しといえども政府は会社売国詐欺を和英両方で声高に訴え、しかもそれを逆用して反撃し、実際に勝った人間は私一人しかいないと思います。

これを知られたら、奴等は本当に困るのです。
だから私のブログを「アダルト・ポルノ サイトだ」として読ませないように
している。卑劣極まりないけど、理由は容易に理解できますね。

この下書きを書いている間にも、文字が勝手にシンボルなどに変わる
といった異様な妨害が出ました。本当に嫌われてるね、私。w

さて あの悲劇の 9/11 から、もう17年
工作員だらけの 9/11 Blogger (英語の掲示板)から追放されて以来
もう何年もそこを全然チェックしなくなったので、9/11 関連の新情報の入手も
遅れ気味だったりしますが、実際知るべきことは もう十分わかっているからね。

今回チラッと覗いたら、オサマ・ビン・ラディンの母親が、英紙ガーディアンの
インタビューを受けたと

My son, Osama: the al-Qaida leader’s mother speaks for the first time
https://www.theguardian.com/world/2018/aug/03/osama-bin-laden-mother-speaks-out-family-interview
どうせ公式説の大嘘を基にしているダメディアの記事ですし、
母親は長男オサマが「若い頃、カルトに引き込まれた」と解釈していると書いていて
異父弟たちもオサマを非難する口ぶりだが、どれがどこまで本当か、誰がどんな芝居をしているか、わかったものではないと思って、途中で読むのをやめました。

それからYouTubeで、最近アップされた 9/11 関連動画をいくつか見ていたけれど

9/11 以前から 9/11 の真相究明運動は始まっていた(英語動画)
https://www.youtube.com/watch?v=5t0kbl-VF4g

というタイトルのがあって、「当然じゃん」と思ってちょっとだけ見たけど
しょっぱなから「マイケル・ルパートは本物だ」とかトンデモ発言で
(頭に2発撃ち込まれて死んだ人間を「自殺だ」と言った男だ!)
呆れて、これも捨てました。

一般向けだが、まだ まともなのは

Giant American flag unfurled to honor victims of 911 terror
https://www.youtube.com/watch?v=L0v-390tQNM

2002年9月から毎年やっている、巨大な星条旗が今年も犠牲者を悼んで掲げられると。
9月15日まで。まぁ、最初から大いに利用・悪用された<愛国心>の高揚ってかw

こちらは もっと、なんというか、一般の人々の善意を感じる話で

Stair Climb Tribute to Honor 911 First Responders
https://www.youtube.com/watch?v=opzS99SrrfQ


9/11 に亡くなった 343人の消防士たちを忘れないという思いを込めて
女性アナウンサーのあとに出る男性マーク・ザモーラが、彼の奥さんと一緒に 5年前に
始めたマッキャラン・ステア・クラブのイベント。亡くなった消防士たちの人数と同じ
343人のボランティアを募って、一緒に階段を昇ってもらうという。

映像に出てくるビルは 17階建てだが、WTCは 110階建てなので みんなはこの階段を
6回半昇ることになる。上まで昇りきったら、降りるのはエレベーターで。

一人一人が亡くなった消防士の名前をあてがわれて昇るのだけど、1分14秒あたりから
出てくるピンクのタンクトップを着た女性は この 3年、同じ消防士の名前で昇っていて、そのトミー・キャサリア(と聞こえる)はタワー崩壊時に 8階にいて、年輩の女性を かついで降りているところだったと。

彼等はただ昇るだけだが、消防士たちは重い消防服やら色々持って昇っていたはずで
どれほど大変だったか、と思いを馳せる人も。

参加したい人は事前登録し、消防士たちを支援するための寄付金 40ドルを支払う。
テキサス州マッキャランにあるグループのサイトは

McAllen Stair Climb 2018
http://www.mcallenstairclimb.com/

そして この映像はテスト・ランだそうで、本番は日曜の午前 7時45分から
と言っているので、本番の映像がアップされるかも。

これは尊い行為だとは思うけれども、当日のみならず 9/11後にも相当数の消防士
等が亡くなっていて、今もひどい症状に苦しむ人がたくさんいることを、
このオーガナイザーを含めて参加者たちは果たして知っているだろうか?
と思いました。

そしてこのブログ読者ならご存知の、ボブ・マクルヴェイン氏。
タワー崩壊前のロビーでの爆発で亡くなった長男ボビーの名を冠した
「法案を支持して」と

9/11 Justice: Support the Bobby McIlvaine Act
https://www.youtube.com/watch?v=TOtDSwxgohY


2年前だったと思うが、彼の奥さんが彼の主張を全く理解せず 一時期は離婚の危機にまで面したボブですが、その奥さんが「遂に理解した」と言っていたのを聞いて、「よかった!」と思いましたが、遺族のなかで今も頑張っているのは多分彼だけみたいで、無理もないことだけれども、やはり残念ではある。
#ジャージー・ガールズとか、どうしているだろう?

それから日本でも結構知られていると思うクリストファー・ボウリンが
相も変わらず「9/11はイスラエルがやった」と言い続けていて

Christopher Bollyn - heavy 9 11 discussion - learn the complete truth on 9 11
https://www.youtube.com/watch?v=9yXLgv7hnM0


いい加減、やめてくれない!?
と思うばかり。
それで独立系調査ジャーナリストかよ!?

「9/11でアメリカは何の得もしてない」とか言ってたけど、それは
善良な米国市民の国としてのアメリカが得をしていないのであって
邪悪なイルミナティに牛耳られているアメリカが、奴等の計画を実行に移し
戦争しまくり、人々を大量に殺しまくり、悪の商人たちはボロ儲け等々と
まさにすべて計画通りって状態でしょうが!!

今、振り返って考えても ネタニヤフが事前に知っていたとしか思えない調子で
「難を逃れた」という報道が当初から出ていたのも、ボウリンのような嘘説を支持する目的で(=わざと)流されていたのかもしれません。
#ダンシング・イスラエリも

「公式説はおかしい」と気づいたアメリカ人でも、「自国がやった」とは
思いたくない人間はたくさんいるでしょうから、そういう連中向けの嘘ですね。
まんまと彼の説を支持する人間が多分結構いるのは、実に情けないことだ。

おまけに冒頭の方で、若い頃に相当長いことイスラエルに滞在したと言っているので
その辺から工作員の要素というか発端になる理由か何かがあったのか? と思ったり。

時系列を調べないとわからないが、ボウリンが「イスラエル説」を言い出したの
って、あの「テイザーでやられた」と騒いだあとではなかったか?
とすれば、あの一件で人々の注目を集めてから言い出したという構図
或いは、あそこで脅されて&下手すると洗脳されて寝返ったという構図だったかも。

今はスウェーデンに住んでいるそうだけど、
スウェーデンだって政府は会社だし

次は、つい最近 YouTubeにアップロードされていたが、実は 2016年製作だったらしい
ドキュメンタリーが、なかなか興味深かったです。
#“New” とついて、ディレクターズ・カットとあるので、多少元と違うのかも

The Demolition of Truth-Psychologists Examine 9/11 (2016)
Internet Movie Data Base (英語)
https://www.imdb.com/title/tt6078458/?ref_=fn_al_tt_1

New-"The Demolition of Truth-Psychologists Examine 9/11" Directors cut.
https://www.youtube.com/watch?v=31X_njVb40s


公式説の嘘に気づいた心理学者、心理療法士等が彼らの専門分野の視点で
私が何年も散々遭遇してきた 9/11 真相究明を拒絶する人々の
心の動き
を分析・説明してくれている。

“Cognitive Dissonance” (認識の不一致)
認識の不一致:ふたつの相対する考えがあるために感じる不快感

という専門用語は以前も耳にしたが、そうした用語を知らずとも その実態は
私自身、最初に名古屋のメル友さんが第7ビルやペンタゴン情報を送ってくれたときに
感じたし、チラシを配ったりする際に幾度も目の当たりにしてきました。

何度も書いた通りの
感情が邪魔をして
人々の目や耳を塞ぐ

という、真犯人たちに大変好都合な人々の心の動きや対応の仕方
それを、人によっては自分自身の経験を交えながら説明してくれる。

加えて、この監督チャールズ・エウィング・スミス氏が工作員リチャード・ゲイジ
(AE911Truth)のOKをもらって、AE911Truthが 2012年に作ったドキュメンタリー
からの映像も使っているし、色々著名人の発言なども入れて、9/11 の公式説を覆す
に必要な情報も盛り込んでいるので、いまだに わかってない人々に(英語だが)
是非観てもらいたい作品に仕上がっています。
#機会があったら、もう少しご紹介するつもり

とにかく何をどう見ても、米国中枢の相当数の人間が’協力’しない限り
実現不可能な犯罪であったことは間違いないし、ちょっと書いても

*「4機もハイジャックされた」というのに、NORADが出動しなかった
*ペンタゴンのCCTVや迎撃システムが全く機能しなかった
*同日、米軍は 同じシナリオの訓練を複数やっていた(偽旗特有
*WTCタワー、セキュリティー担当会社の重役が子ブッシュの弟
*ペンタゴンにミサイル突入の直前、チェイニーが「命令はそのままだ!
=ペンタゴンに突っ込め!)と言った
*9/11前日にラムズフェルドが「巨額の使途不明金」について公表

といった調子です。

加えてWTCタワー崩壊については
ニュートンの法則に則れば、上部がひしゃげて壊れても
崩壊は途中(相当上部)で止まっていたはず


米軍内の少人数の専門ティームがサーマイトや小型核爆弾等を仕掛けて
爆破、崩壊させた
のです。

しかも彼等は自国の同胞を多数殺したにもかかわらず、
何らの罪悪感も持っておらず
単なる仕事だ
としか捉えていない


これが、吐き気がするほど醜悪な事実です。

そこまで邪悪なイルミナティに乗っ取られた米国に尻尾を振って
邪悪な在日と日本破壊を続ける日本国内の売国奴たちを倒すため、
私のようにガチに闘う

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて言って&広めてください。

最後に、おまけ。
ビデオの説明に書いた通りの理由で、10年経って載せました。(_”_)
最初の2本は、2008年9月 ニューヨークでのアクションの様子。
すぐ下の動画を見て思い出したが、私たちはダン・ワラスを殺した工作員
ルーク・ラドコウスキー相当待たされたのだった!!

9/11 Truth Australia - 9/11 Truthers in NYC SEP08 #1 - Belated Upload
https://www.youtube.com/watch?v=1G5DQaDWp2U


9/11 Truth Australia - 9/11 Truthers in NYC 2008 #2 - Belated Upload
https://www.youtube.com/watch?v=QWm5GYdw8WM


そして、ボブから豪州や日本、その他の国にいる本物のTrutherたちへのメッセージ

9/11 Truth Australia - Bob McIlvaine to Genuine Truthers - Belated Upload
https://www.youtube.com/watch?v=hqEf50AF4TE


私はボブ・マクルヴェイン、ニューヨーク市にいます
私は息子のボビーをワールド・トレイド・センターで失いました
私は皆さんにお礼を言いたい
世界中でみんなが真相を求めて一所懸命やっている
そうです、真相を知るためだ
そして私が本当に感謝していると
世界が変わるためには、真相を知ることが不可欠だから


彼の思いは、10年経った今も
いや、だからこそ もっと強いのではないかと思います。
頑張ろう!!
真犯人たちを牢屋にぶち込む日まで

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

2 comments:

  1. Brave New World の管理人です。

    この度は、大変不快な思いをさせてしまいまして、
    誠に申し訳ありません。

    即刻削除させていただきました。

    一度、気が付いてすぐ解除したつもりでおりましたが、
    操作にミスがあったようで、
    その後、何度もご迷惑をおかけしてしまいました。


    何年か前に貴ブログを拝見して、感銘を受けたこともあり、
    もっと多くの方々に広めたいという、
    こちらの勝手な思い込みで、不快な思いをさせてしまい、
    本当に申し訳ありません。重ねてお詫び申し上げます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Brave New World の管理人さん、

      亀レスで、失礼します。
      お返事、ありがとうございました。

      >何年か前に貴ブログを拝見して、感銘を

      はありがたいですが、最近になってから転載を始めたことと
      記事につけているお断りを読んでいなかった?
      あたりは少々疑問ですが、他の拡散方法を考えて戴ければ幸いです。

      Delete