Thursday, December 15, 2011

放射線副読本、電力会社関連団体に委託! & 12/17(土)pm2:00~かごしま自由大学「宮崎たかゐ」DVD観賞後、女性と子どもの貧困トーク等 & 川内原発!「温廃水」」訴訟 & 木村さんと河田昌東さん講演書き起こし(グルントヴィ協会HPより)など。

相変わらずですが、色々変なことがあって。家のPCでGoogle検索していると、これまで必ず出ていたキャッシュ・ページへのリンクがまったく出なかったり、図書館のPCを使っていても(IDで私とわかるからか)メールやら色々でおかしなことがあります。

8月はじめキャンベラであった炭素税反対のプロテストで知り合った女性(ケムトレイルや憲法問題でも一緒)も、9/11の10周年直前にPCをやられた私同様に使えなくされちゃった、と昨日言っていました。彼女は、国民の義務にされていて強制である選挙の投票に行かなかったことで訴えられた経験があるのですが、政治的プロテストという解釈で無罪放免になった人で、その裁判の最中に、裁判官に現首相であるジュリア・ギラードが国賊として訴えられた事実(メディアは絶対に報じないし、ほとんどのオーストラリア人はまったく知らない話だが)をも持ち出して争ったと言っていました。判事は、「そんな話は聞きたくない」と言ったそうだけど。

司法も完全に腐り切っていますが、それをひっくり返さなければ、9/11をはじめとして多くの極悪犯罪の犯人たちを正当に裁くことは出来ません。相当の年月を経た今でも、そこまで触れずにいる「真相究明家」というのには疑問を感じます。

さて、また小川さんからの(13日受信した)メールを転載いたします。彼女も本当に目一杯張り切って動き回っている方で、お会いしたことはまだありませんが、本当に頭が下がる思いです。では、以下転載。これの転載中にも、Google(Blogspot)はおかしなURL↓をところどころに入れまくってくれました。本文と付け合せの確認作業を増やすというか、私の時間とエネルギーを余計に使わせるという訳ですね。

http://www.blogger.com/img/blank.gif
というURLが、そこら中に入れられました。文中にも、またURLをハイライトするコードに変換した際も、その正規のURLの間に入り込んで、ハイライト(クリックして飛ぶ)が出来ないように入れられました。変ですね~。

全部除去したつもりですが、取り残しがあったら無視してください。また、ほかのブログサイトに移ったら?というお声も頂戴しますが、どこかお勧めがあったらお知らせください。まぁ、どこへ移っても妨害は止まらないだろうと思っていますが。(^^;


放射線副読本、電力会社関連団体に委託! & 12/17(土)pm2:00~かごしま自由大学「宮崎たかゐ」DVD観賞後、女性と子どもの貧困トーク等 & 川内原発!「温廃水」」訴訟 & 木村さんと河田昌東さん講演書き起こし(グルントヴィ協会HPより)など。

こんばんは。今年も後2週間余り。このままいけば19年ぶりに死刑のなかった一年になるのだそうです。現在、死刑廃止国は139ヶ国、執行国58ヶ国。

先日、堂園医師のお話を2度伺いました。理想的な人生とは死に臨んだ時、自分の人生に納得でき、「色々あったけどよく頑張ったね!」と、自分をほめてあげれることだと・・・なるほど~。ホスピスのお話伺うたびに納得できます。最先端医療がある中、最愛医療があってもいいのでは♪と話されるDr.堂園
★Dr.堂園のHP!
http://www.dozono.co.jp/inchousistu/inchousistuf.htm

週末、東京での甥の結婚式に出席。その前の寸暇に、一樹のメルマガ情報で知った三鷹市の沙羅舎で開催された、「いのちと平和の映画祭」に参加♪

★『隠された被曝労働~日本の原発労働者~』/制作:イギリス・チャンネル4

☆『源八おじさんとタマ』/監督:中村徹を観て、『脱原発 いのちの闘争』の西山正啓監督&シンガーソングライターの一樹にお会いして、目黒雅叙園へと急ぎましたが、癒しと創造のスペース「沙羅舎」は、ジブリ美術館へと向かう多摩川上水沿いにあり、酵素玄米ランチの定食などがあり、映画上映のあったスペースは、日常、ヨーガ、太極拳などの講習のある処。いいですね~♪

★かごしま自由大学ご案内~12月17日、午後2時~4時(ラグーナ出版にて) 
ラグーナ出版は、中央駅前のダイエー6階にあります。参加費は500円で~す。

☆日本の「売春防止法」制定に尽力された宮崎たかゐさんの活動を記録した
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121201000020.html
映画「戦後女性史発掘 宮崎たかゐの場合」33分&女性・子どもの貧困を語り合う。また、東日本震災ボランティアに参加された道免明美さんの報告。

さて、12月議会も16日最終本会議に向かっていますが、電気が止められた!という女性の生保相談&申請。当局の丁寧な対応に涙されていました・・・。

★今年、放火された女優のたぬきさんご夫妻のその後のことを伺いましたが、放火で犯人が捕まらないからと火災保険はおりないのに、住宅ローンは毎月支払わなくてはならず、県警の捜査は全く進まず、たぬきさん夫妻は仕方なく賃貸の一部屋に仮住まいをされ、精神的なストレスで心身ともに疲れ果てておいでです。そんな中、西駅一番街を盛り上げるために、毎週土曜日4時~芝居小屋一番街で期間限定のお芝居をされる女優根性!皆様!応援下さい。

★12月12日川内原発3号機増設阻止!「温廃水」」訴訟 第6回口頭弁論
(主張整理)詳細こちら
http://www.synapse.ne.jp/~peace/onhaisuisosho.htm

12月議会での私の個人質問後、私の放射線副読本の質問に対して教育長が虐められた!と開口一番。本当に酷い内容です。再度紹介しておきますね! 文科省の小中高用「放射線副読本」(プリントアウトしたよ!の声も頂いてます)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/attach/1313004.htm

朝日新聞:放射線の副読本、電力会社関連団体に委託 文科相が陳謝!
http://www.asahi.com/national/update/1209/TKY201112090455.html

文部科学省が10月に公開した放射線の基礎知識についての副読本が、電力会社の経営陣らが理事を務める財団法人に作成委託していたことが分かった。中川正春文科相は9日の閣議後会見で「内容に影響はなかったと思うが、電力会社が中心になってつくっている団体への委託は適当ではなかった」と述べた。

文科省によると、副読本改訂事業の一般競争入札は東日本大震災直前の3月9日にあり、「日本原子力文化振興財団」が約2100万円で落札した。原発事故を受けて内容を全面的に見直すことになり、事業費を約3700万円に増額したが、委託先は変えなかったという。同財団の常勤・非常勤理事には電力会社の社長やOBらも名を連ねる。

文科省は「この財団が事務局役を担ったが、中身は専門家や教員らによる独立した作成委員会が執筆、編集した」と説明している。(新聞記事より)

(以下は私の個人質問への教育長答弁へのコメント発言です)
来年の3月、つまり事故から一年後にやっと副読本が全校児童生徒、教師に配付されるとのこと。

昨年2月に作った小学生用の「わくわく原子力ランド」等で、「原発から放射性物質がもれることはない」「地震が起きても原子炉は自動的に止まる」としていた安全性に関する記述が削除されたのは、福島第一原発事故を考えれば当然のことですが、新たな副読本で「原子力発電所」の文言が出てくるのは、小学生版では1ヶ所、中学生版・高校生版では2ヶ所のみです。

小学生用は表紙にいきなり、「スイセンからも放射線?空気からも放射線?」と、放射線が怖いものではないようなイメージで始まっています。がんの原因をたばこ、お酒、食生活、放射性物質などと一緒にイラストで示し、「放射線だけを原因としてがんなどの病気になったという明確な証拠はありません」とあります。嗜好品であるお酒やたばこ、自分で選択できる食生活と一緒に並べて、放射性物質は拒否したくてもできない!という現実をみえにくくしています。

また、小学校用には「半減期」という表現ではありませんが、放射性物質を個数で表し減って変化していく過程を図示しています。小中高のどの副読本にも半減期つまり威力が半分になるのに、半永久的ともいえ、2万4000年以上かかる核種があることは記されていません。

その「プルトニウム」が原爆の材料であるという事実は記されるはずがありませんが、放射線は1ヶ月後、3ヶ月後にはかなり減少し大丈夫という風に錯覚するように誘導しています。中学生版には、スイセンの花が出す放射線とユリの花を使った中性子線の研究の紹介に一頁も割いていますが、その中性子線によって東海村JCO被曝事故で死亡者が出たことは記されていません。そればかりか原爆の死亡者についても、放射線の影響を受けたとしか記されていません。

そして中高生には過小評価の甚だしい国際放射線防護委員会(ICRP)の試算を基に、がんで亡くなる人数を過小評価し、放射性物質をあたかも「杉花粉」のように扱っています。

きりがないほど多くの問題表現。これでは、「安全神話」の反省はなく、ただ「安全神話」の刷り込み方が巧みになっているとしか受け取れません。

小中高校生の副読本が、原発事故により放出され続けている放射線を、医学分野や自然・人文科学分野、工業分野などで利用されている放射線にすり替えて、繰り返しその安全性を強調することで、放射線はたとえ僅かでも危険だということが認識できず「全ての放射線は安全」と各項目にちりばめて、間違った認識へと誘導しているのが、来年3月、全ての児童生徒、教職員に配布され、その保護者も当然目にするであろう、放射線服毒本であるということを指摘しておきます。今後、管理職研修会でどのような活用の指導をされるのか、次の機会に伺います。

★日曜日のペンシルクラブ講師は作家の上村小百合さんでした。永井荷風の叔父さんにあたる人が鹿児島県知事だったとか、その人の子どもが作家の高見順とは知りませんでしたが、謙虚な上村さんの文学話は好感度の高いものでした。こんな風に文学に触れる時間は、心のオアシスです(*^^)v

さて、原発情報がとても分かりやすく、また今起きている事象へのコメントも掲載されています。九電本社前テントの青柳さんからのメールの転載です。

★日本グルントヴィ協会(HP管理人:橋爪先生の教え子の清水満さん)
http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html

★木村さんと河田昌東さん(チェルノブイリ救援・中部、名古屋地区で、70年代から反原発運動をやってきた良心的科学者)の講演会(11月13日)の書き起こしも見て下さい。その4以降が木村さんの出番です。
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3173635.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3173839.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3175234.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3175416.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3177811.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3178038.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3179407.html

★電力の財界支配と九電暴走(日経ビジネス)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20111124/224215/?P=1



…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…
(*^o^*) 無所属 草の根市民派♪ 市議・小川みさ子と仲間たち ♪♪  

12月議会が始まりました。個人質問の傍聴、エール有難うございました! 11月の収穫祭「生命のまつり」など多くのイベントも終わり次は忘年会(*^^)v

ガレージセールはクリスマスイブの日に決まりました。また、年末年始の年越しそば、お雑煮炊き出しのカンパを集めるため、クリスマスには街頭で当事者の方やホームレス卒業生と天文舘に立ちます。声かけて下さいね~♪

ホームレス支援の提供品、お米、炊き出しボランティア募集しています! 佐世保や京都からもお送り頂き、福祉フェスタやボランティアフェスタのバザーに出店しました。皆さまに支えられてのホームレス支援ですm(__)m

風邪予防には生姜!今、生姜が旬の季節。毎年、1年分ストックします。生姜はスライスして冷凍or乾燥が使いやすいです。冬野菜のとろとろスープも体が芯からあったまりますのでおススメ!多忙な季節、ご自愛下さ~い♪

自宅〒891-0175 鹿児島市桜ヶ丘6-20-19魔女庵  
TEL&FAX099-265-3787 
携帯090-3016-0074

facebook、twitter、mixi、メルマガと、PCを開くと時間が追いつきません。9月にブログも始めました。魔女庵掲示板かどちらかへどうぞォ~! ご要望やご意見はお電話、メールでお気軽に!連絡お待ちしていま~す。

☆E-mail : ogawa-m@oregano.ocn.ne.jp ※メルマガ配信中です!
☆ホームページ http://www3.ocn.ne.jp/~inochi
※小川みさ子で検索下さい!
★ブログ
http://ameblo.jp/motherearth-majo/
※ペタお願いしま~す♪

…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment