Thursday, January 19, 2012

空耳アワー "2012"の幕開け、「変な音」

2012年1月の第2週に世界のあちこちで聞こえた「変な音」

というのですが、本当にそこで録音された音なのか?

なんか巨大なスピーカーがハウっているような音もあるし、オクラホマのは音が遠すぎるのか弱すぎるのか、よくわからない。アルバータのなどは、人間の声をシンセにでも通しているみたいだし。(>_<) 

モントリオール(明らかに1月=冬ではない)で、アパートに車が結構止まっているのに、結構な高さのアパートのあるエドモントンでも同様ですが、音に驚いて出てくる人が全然いないみたい。キエフでも、下の道を歩いている人はごく普通に歩き続けていて、立ち止まって音の来る方向を探すといった動作もないので、これらの音が本当にそこで聞こえたのか?は疑問です。

正直、私は観ていて途中で大笑いしてしまいました。こんなので「この世の終わりが来る」などと恐怖を感じる人がいるのでしょうか??

その場で本当に聞こえたものだとしても、ケムトレイルやHAARPで色々変な現象を起こしているのと同じ、


「変な音」が本当だとしても、またまた例の「この世の終わり」目指して「(アンチ・)キリストが出現する」という茶番の予行演習じゃないかと思います。なにしろ、2012年だからね。(^^;

ここにいくつかビデオがあります(メルボルンもあった)。

最後のインタビューでは最初の方に「極地に詳しい科学者の97%が、北極の氷は全部融けたと言っている」と(ビデオでは右の端が読めないが、元記事はここ)書かれた図が出てくるので、「なんだい、温暖化人為説の嘘推進派のページ??」ってな感じで、それで「地球がきしむ音だ」なんて言われても、モロ「マジかよ!」とのけぞる私。

ま、お好きな方はどれかクリックしてYouTubeのサイトで見るようにすれば、「変な音」関連ビデオが山と出てくると思います。

前回のマイケル・ムーアの不思議なサインの続きや、今日18日のケム散布の凄さも書こうと思いましたが、遅いので、今日は寝ます。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. 終末のラッパ、去年の夏秋にもUPされていました。
    キエフは団地の中でしたけれど。
    HAARPでやっているのかな?
    このビデオはイルミナテイのマークが出てきますね。

    ReplyDelete
  2. >去年の夏秋にも

    そうだったんですか。
    昨日初めて、米国の仲間が英語のMLに出してきたので。

    >HAARPでやっているのかな?

    本当にそんな音が出ているのだとしたら、そんなところでしょうが

    >イルミナテイのマークが

    一度いい加減に観ただけなので、気づきませんでした。(^^;

    ReplyDelete