Sunday, February 5, 2012

写真家の森住卓さん、福島とセミパラチンスク 2冊出版&2月10日、11日、12日と18日に各地で講演

新たに本を2冊出版なさった写真家の森住卓さんが、
『福島第一原発.風下の村』

精力的に数箇所で講演をなさるとブログにお知らせがありました。
『新版 セミパラチンスク 草原の民 核の爪痕』

以下にまとめて、お伝えします。

2月10日広島県福山市で講演会行います。
福島からの報告
2月10日18:30~
まなびの館 ローズコム 福山生涯学習プラザ4F
資料代:500円
連絡先:090-7371-0134(平和・民主革新の日本をめざす福山懇話会)

2/11広島で講演します。
みなさん来てください。

(詳細は画像↑をクリック、拡大してご覧ください)

「福島第一原発 風下の村から」の緊急報告
福島第一原発
風下の村からの緊急報告
【スライドとお話:森住 卓さん(フォトジャーナリスト)】
東日本大震災発生の翌日、森住氏は福島に入った。まだ報道管制はしかれておらず、彼のゆくてを阻むものは何一つ無かった。ただ、世界の核被害の現場でも見たことのないほど高い放射線測定値のほかには…。
2月12日(日)
13:00~15:00
周南市文化会館
http://enjoy-live.net/detail/detail.php?hall_id=274
(地下) 練習室1
資料代 1000円
主催:原発いらん!山口ネットワーク
お問合せ 090-7991-7412 (那須)

2月18日練馬で講演します。
Photo&talk
「世界の核汚染と福島」…現地ルポ
フォトジャーナリスト 森住卓講演会
2月18日(土)14:00~16:30(1時30分開場)
練馬区勤労福祉会館1F集会室
西武池袋線大泉学園南口徒歩3分
練馬区東大泉5-40-36
参加費:1000円(高校生以下500円)
主催:原発を考える会@ねりま
問い合わせ・連絡先 genpatu.nerimaアットgmail.com
(アットを@に変える)
fax 03・6760・9446(宮前)
参加予約受付中!

(情報のコピペ終わり)

ブログに載っている20キロ警戒区域内で餓死した牛の写真は大変痛ましいし、20キロ圏内のノラ牛は可愛い顔をしていて、なんとか生き延びてほしいと思いました。

黙々と、あちこちに取材を続ける森住さん。
ご著書を10冊以上購入すると、特別割引があるそうです。

皆さん、どうか情報拡散&本の購入もよろしく!


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment