Tuesday, August 28, 2012

朝鮮・中国系イルミナティに潰されている日本。「アイーン」は「悪魔」? そういえば「アイン・ランド」~ロン・ポールの息子、ランド・ポール上院議員はどちら側?

ドリフの『8時だョ!全員集合』なんかは観ましたが、このメンバーは好きじゃなかったので、

この流行語も全然知らなかったのですが、さてはてメモ帳さんのところで

「アイーン」という言葉は、ユダヤ人の言葉ヘブライ語で「悪魔」を意味

という記述を見て即座に思ったのは、イルミナティに命じられて『肩をすくめるアトラス』を書いたアイン・ランドのことです。
#「アイーン」の発案者は志村ではなかったらしいけど

「潰される日本」については、上の記事やこちらの記事も参考にしてください。

"アイン"のこと、まずヘブライ語の「悪魔」を調べたのですが、
Googleで"devil"を調べて、そこに出てきたヘブライ語の単語を

noun
שטן devil, Satan, fiend, adversary, arch enemy, serpent
שד breast, demon, imp, devil, ghost, fiend
ממזר bastard, devil, illegitimate child
ברנש guy, fellow, bloke, geezer, sod, devil
סמאל Sammael, devil, Satan
פגע רע devil, demon, troublesome person
מקרע tear, rupture, rift, split, devil, opener

こちらのサイトで検索して発音を聞いたのですが、いくつか検索で出なかったものを除いては「アイン」という音はなかった。

キーワードに「アインは悪魔を意味する」と入れて検索=ayn means devil 結果を見ると、

Islam Question and Answer - Definition of the evil eye, and ways of ...
islamqa.info/en/ref/20954
The Arabic word al-'ayn (translated as the evil eye) refers to when a person ... then his evil feelings affect it, by means of his repeated looking at the object of his ...

なんと、アラビア語で「アル・アイン」というと「邪悪な目」という意味だと出ました。アイン・ランドAyn Rand)はロシア帝国生まれでAlisa Zinov'yevna Rosenbaum(アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム)という名前でした。それを誰がどうして「アイン・ランド」にしたのか?

ハリー・ポッターを書いたとされる“J.K. Rowling”(は、「私の作品を盗作した!」と訴える作家がいる)

のように、「女性が書いたと読者に知られたくないから」を理由にしているページも見ましたが、こちらのブログには

姓の「ランド」が本名の「ローゼンバウム」を短くしたものかどうかという議論があるが、「アイン」の方は「ヘブライ語で『目』を意味するから」と書かれています。確認が出来ていないけれども、「悪魔」というより「邪悪な目」を意味すると解釈した方が正解かもしれません。

そこに『肩をすくめるアトラス』から、ニューヨークのロックフェラー・センターのアトラス像写真を載せているところがなんとも...

このブログでは、アインが共産主義に対抗して、ご亭主ともども保守党との繋がりが言われているのですが、その作品はリベラルから賞賛されていると書かれているページも多くて、どうもよくわかりません。

ハリ・ポタも、明らかにイルミナティによって大々的に売られた(盗作? さもありなん!)と思うし、「人々から高い評価を受けた」と評せば「では読んでみよう」「いい本だろう」と思う人を増やせるでしょう。

検索しているときにみつけたこのページでは
The Ayn Rand-Satan Connection Revealed!
「アイン・ランドと悪魔の関係が暴露された」というタイトルの割にさほどのことは書かれていなかったけれど、最後に、私も数年前に知ったジョン・トッドの弁を紹介するページへのリンク
Ayn Rand was Philip Rothschild's satanic mistress
がありました。

ジョン・トッドはイルミナティの上位にいたドゥルイド/魔術師だった人ですが、組織を抜け出して多くの内情を告発した。そして『肩をすくめるアトラス』は

PHILLIP ROTHSCHILD ORDERED ONE OF HIS MISTRESSES TO WRITE AN 1100-PAGE BOOK that would describe to all witches how they would take control of the World through the Illuminati: It's called Atlas Shrugged. (By Ayn Rand)

フィリップ・ロスチャイルドが愛人のひとりであったアイン・ランドに書かせた1,100ページの本で、イルミナティを通じて魔術師たちがどのように世界支配するかを、すべての魔術師たちに向けて表したもの

と述べています。
それがロン・ポールの息子とどう繋がるか、ですが (^^;
#彼の名前の省略の仕方。

数週間前に送られてきたビデオのリンクがあって。
ロン・ポールの息子のランド・ポール上院議員が「議員が法案を読みもしないで審議(~可決)してしまうのは問題だ」と訴えている

Sen. Rand Paul Speaks Out Against Senators Voting without Reading the Bills - 6/29/12
http://www.youtube.com/watch?v=svGDZOW-brA

親父さんに「メイソン」という噂もあるが、「これは素晴らしい!」と一瞬思って、彼自身の情報を見たところ

父親のリバタリアンの考え方からアイン・ランドにちなんでつけたと思うかもしれないが、そうではなくて(「ランドール」を短くした「ランディー」を更に)短くしたのは彼の妻だと書いてある。

そのランド・ポールの奥さんケリー・アシュビーは、なんとローズ・カレッジの出身と。

名前ですぐわかるけど、Rhodes Collegeと聞けば当然セシル・ローズだろうと。で、案の定

あからさまに、そう書かれてはいないが
1848年にフリーメイソンによって作られた大学
とある。

かように、「こちらの味方!」と思う政治家もバックを見ればバレバレです。
日本にもいますよね、一例は前に書いたけど。

ランド・ポールの場合は、豪州の前首相ケヴィン・ラッドのように妻にコントロールされている可能性(妻が"ハンドラー")も考えられますね。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment