Wednesday, September 26, 2012

香川でひまわりに奇形~北九州の瓦礫焼却による被害&"遺伝子組み換え蚊"に続いて、今度は"ロボット蚊"!?

色々なニュースが次々入ってくる一方、なかなか落ち着いてブログをアップしている暇がありません。その合間にブロガー.comもまたもや投稿のやり方を勝手に変えていて、タグや投稿時間設定などが出来ないようにされている=人々の選択肢&選択する自由を奪っている。
#今後、何か不都合が出るかもしれません。

今日はまず、数日前に見たこのニュース
不思議なヒマワリ咲いた/花びらの部分にまた花
という記事ですが、あちこちで燃やしている震災瓦礫からの放射能等が影響しているのではないか?と心配。

 さてはてメモ帳さんとこでは、あと二枚写真を載せていましたね。それらの方がもっと「奇形」という印象。そして北九州瓦礫焼却を裏で画策した人物のことも。 その北九州からは、こんな報告もあって 再来年6月まで平日毎日燃やし続ける と、どれほどの被害が出るのだろうか?と非常に心配。

瓦礫焼却でも、政府は税金を湯水のように広告代理店につぎ込んで、この非道な売国行為を国民に売ったのでしたが、関連で 解散総選挙に向けた「世論操作」が始まる!予算が無いとしながらも世論操作のためならば政府公報予算は湯水のように散撒き続けられるプロメテウスの罠が暴く「がれき広域処理」世論の作り方 電通・博報堂のメディアコントロール など、是非ご覧ください。

さて、もうひとつの話題はメールで回ってきた画像なのですが 数ヶ月前には遺伝子組み換えの蚊がオーストラリアでも放たれたという話があったけど、今度は国土安全保障省あたりが作ったらしいスパイ蚊!!
 
 「米国政府が資金を出してすでに製作されている都市部用のスパイ・ドローン(無人飛行物)... 当然リモコン操作されていて、カメラとマイクもついている。

あなたの体にとまってDNAサンプルを採ったり、追跡用のナノ・テクRFIDを皮膚につけていくかも! 開いた窓から侵入したり、あなたの衣服にくっついて家までやってくるかも」
とのキャプション付き。
ディーズの名前が入っていますが、大いにあり得る話です。

2007年10月9日のこのデイリー・テクの記事でも
 
「一ヶ月前、ニューヨークやワシントンD.C.の反戦デモに参加した人たちが目撃」して「絶対に虫ではなかった」と主張している飛行物体の話から、CIAは1970年代にスパイ・トンボを作っていたことなどが書かれています。 これの元記事がワシントン・ポストにあって、そこからリンクされたページでは鳥の大きさのトンボの映像が観られます。でもこれは反戦デモで目撃されたものではなく、ピート・ヴァレンタインという人が「サイバード(Cybird)」という、ロボット鳥(というか、模型飛行機の鳥版)を2個くっつけてトンボみたいにしたものだそう。

 戻って、先の記事にも出ていたハーヴァード大学のマイクロボット(マイクロ&ロボット)はこちらの記事にも出ていました。

こんな風に表に出てくるものの数段階進んだテクを奴等は持っているでしょうから、ディーズの画像にあったスパイ・モスキートもマジで本物かも? その"蚊"が出てくるこのビデオ、

Secret Insect Spy Drones
https://www.youtube.com/watch?v=KMI7HIhKdIo
 
そこからリンクされているギズモードデイリー・メールの記事には他の無人飛行虫が。
そしてこちらはロシア・トゥデイが報じたイスラエルのスパイ蝶


The Future of Drone Surveillance Swarms of Cyborg Insect Drones.avi
https://www.youtube.com/watch?v=R21_YS33szo
↑の映像からリンクされたページをちょっと下にスクロールすると、ディーズが使った画像が出てきます。

こうして私はこの画像を最初に出した所を探していたのですが、はっきりわからない。
そこからリンクされたこちらのページに行くと
これは本物じゃなくて、CGI(コンピューターで作った)模型だよ
とあり、そこからのリンクから採ってきたらしい?

とにかく皆さん、今後見慣れない昆虫らしきが飛んでいたら 
よ~く観察してください。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。 一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく! そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。 人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment