Sunday, October 14, 2012

あちこちに垣間見られるイルミナティ関連のイメージ&異様なNHKの記事

書きたいことは山ほどたまっているのですが、気力&体力が低下しています。
梅はとうに、桜もすっかり花が落ちて葉桜になっているのに、まだ相当寒い。そんななか、毎日見知らぬ他人に話しかけては憲法違反の「会社」である政府やケムトレイル&HAARPといった気象操作の話もしていますが、誰も私をキチガイ扱いせず、頷き、同意しながら聞いてくれます。

ひどい世の中ですが、目覚める人は多い。

さて、イルミナティは相変わらず何らかの目的のためにシンボルをあちこちに出し続けていますが、最近見たのは

NASA telescope spots dying star
NASAの望遠鏡が死に行く星を捉えたっていうんだけど、
どう見てもAll Seeing Eye

アポロの月面着陸でもしっかと嘘をつきまくった連中のことですから、時折発表される火星からの画像なんてのも、眉にたっぷり唾をつけて見ないとね。

もひとつ気味の悪いのが、こちらの子役
Pierce Gagnon(ピアース・ギャグナン)君、
これは2年前の写真らしいが、多分まだ5、6歳ではないか。
それが立派にイルミナティの指サインをしている。

まぁ、カメラマンにでも言われてやったんでしょうが、親指を自分の側に向けるのは、モロ内部の人間の証とか聞いた覚えがあるので、果たして?

彼の最新作はタイム・トラベルという、これまたイルミナティっぽいテーマを盛り込んだジョセフ・ゴードン・レヴィットとブルース・ウィリスの『Looper(ルーパー)』。
#上のサインで役を手にしたか?

YouTubeにある予告編を見ても

LOOPER
http://www.youtube.com/watch?v=2iQuhsmtfHw
奇妙な形のケムトレイルまでご登場で、
手が込んでいるというか、何というか。
そのなかで、ピアース坊やはTKと称する超能力の持ち主という役どころです。

お次はヴィジュアル・イメージはないのですが、さてはてメモ帳さんの
原爆よる奇形児を取り上げた助産婦の証言
で触れられていたNHKの記事、

豪 18万匹のコウモリが町に 10月10日 7時55分
11の日に18

oninomaeさんは書いていました。

気になったので英文で検索したのですが、同記事のようなニュースが全然出てこない!
まずは英文のGoogle、

queensland town 180,000 bats smell noiseというキーワードでの検索、
英文の記事で、関連があるかな?と思って開けてみても
2011年7月14日の記事だったり、同じく2011年の8月2日の記事だったり。

YouTubeにも映像があるのでは?と思ったのですが
queensland batsのキーワードで見ても
それらしきは全然出てこない。
念のため、日本語でオーストラリア 18万匹のコウモリで検索しても同じこと。

大体このNHKの記事は、記述が異様です。
この部分↓

コウモリが大量発生したのは、オーストラリア北東部クイーンズランド州にある、
人口数百人の小さな町です。


どんなに小さい町であろうと、こういうニュースでは必ずその町の名前が紹介されるものでしょ。
ところが、「小さな町です」で済ませていて、名前が出されていない。

となると、この記事自体が

11の日に18
("18"は言う必要ないと思いますが、"6, 6, 6")

のメッセージを誰かに伝えるために出された似非記事ではないか?
誰に何を伝えるためだったんでしょうね?


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment