Tuesday, January 22, 2013

温暖化関連報道が伝える「現実」と、本当の現実

前の記事で触れた、安倍が参加を決めているTPPですが、参加するとどうなるか
よくわかってない方は、

全面的な国売飛ばしと対決 TPP 製造業も医療も農業も潰す 長周新聞 他
http://satehate.exblog.jp/19154285/

を是非、お読みください。
それから安倍関連で、去年10月のこんなニュースをみつけました。

安倍元首相と飯田哲也氏の急接近 背後に昭恵夫人の存在あり
http://www.news-postseven.com/archives/20121001_145606.html
何度か書いている飯田哲也氏への疑惑にまたひとつ、
という感じです。それと関連はないけれど、こっちの記事も

トップの大変さが身に染みる上杉隆氏 孫正義氏のことを称賛
http://www.news-postseven.com/archives/20121216_159884.html
多くから支持されているらしい上杉氏ですが、何故あんなに疑問のある孫を称賛するのか?と、違和感ありました。

そして、温暖化(実は寒冷化)がらみで気になったニュースといえば

首都高で通行止め続く けが人900人超す
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013011501001966.html
食品高騰 エネルギー不足 30年ぶり大寒波
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013011502000089.html
気候変動の原因と指摘される地球温暖化の防止に向けた取り組みを求める声も強まりそう

とあるけど、そもそもゴアの売った「温暖化人為説」が嘘であることを書かない&ケムトレイル=気象操作/気象兵器を完全に無視した報道を続けるメディアにも相変わらず、全く変化なし。数年前に英国にいる仲間から言われましたが、「温暖化で寒くなるって、おかしいじゃない!」です。
「当たり前、普通に考えればわかるはず」なのに騙されるパターン

しかし原発問題をはじめ、多くの記事で各方面から支持されている東京新聞ですらこの調子!の理由は、下手をすればこの「きょうもえ」さんという方のツィートで教えてもらった
3/11以前から実家のイオンが葬儀屋を始めていた民主党、岡田の弟さんが中日新聞政治部長!という事実と関係があるのかもしれません。
他にもアル・アラビヤの英語ニュースで、エルサレムに雪が降って
人々が雪遊びを楽しんだという話や
http://english.alarabiya.net/articles/2013/01/10/259667.html
それとは対照的に、これは5年前の記事ですが
イランが大雪で死者が出ているという報がありました。
http://english.alarabiya.net/articles/2008/01/08/43944.html
こういうのを見ると、現実である寒冷化に乗っかりつつ、場所によって寒さや降雪などを人工的に操作しているのではないかという気がしています。
ケムトレイルは、すでにそこにあるものを利用して、悪化・拡大させる

実際、
聖地エルサレムでは人々が楽しむ雪で、イランでは死者が出る
というだけで、モロ、その感じですよね。

また、その温暖化嘘話保持で近年出されるのが豪州での藪火事報道。
今年は4日のタスマニアからの写真が出ていましたね。
背景の雲が、如何にもケムトレイルが拡散したやつってのが笑えるんだけど(^O^;
上述の東京新聞もわざわざカラー写真まで入れて

豪州は猛暑記録40年ぶり更新 大規模な山火事相次ぐ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013010901001562.html
こんなの読んでると、「豪州もさぞや温暖化で大変だ!」と信じ込んでしまうでしょうが、ラジオで聞いたけどその翌日から現地の気温は下がってたし、10日にネットから取り込んだホバートの気温情報は
10日からの一週間予想も、最高気温が20度代前半って調子
デヴォンポートも
http://www.weatherzone.com.au/tas/northwest-coast/devonport
クィーンズタウンも
http://www.weatherzone.com.au/tas/west-and-sth-coast/queenstown
ローンセストンも
現在の一週間予想もローンセストンが
http://www.weatherzone.com.au/tas/central-north/launceston
最高気温の平均は23.8℃。ホバートもこんな調子
http://www.weatherzone.com.au/tas/lower-derwent/hobart
最高気温の平均が23.4℃です。

私がいるヴィクトリアでも同じですが、普段は涼しい~寒い日が多いのに(下シャツとTシャツでは肌寒くて、軽いジャケットかセーターがいる感じ)、時折グァ~ッと暑くなるのです。そんな天候は過去にはありませんでした。

10日に取り込んでおいたメルボルンの一週間予報も
http://www.weatherzone.com.au/vic/melbourne/melbourne
(↑今開けたら現在の情報が出る)
最高気温の平均が20℃台前半のときに、突然30℃を超える日が来る好例です。その「37℃」があっても尚、その7日間で最高気温の平均は26.4℃。

絶対、操作が入っている!

ウチの子供が小さくて乳母車で押して歩いていた頃は、クリスマスあたりから暑くなり始め、毎日ピーカン晴れで連日30℃を超える感じ。それが数年来、1月に入っても暑くならず(時折グァ~ッ&全世界が注目する全豪オープンの最終日などを除いて)新学年の始まったあと(1月末~2月)に暑くなり、3月の声を聞く頃には涼しくなるといった調子で、夏がずっと短くなっています。

こういったことは数年前に不当追放されたTUP速報の作業用MLでも「体感温度でも、温暖化人為説は嘘だ」と主張していた私ですが、どうにも理解されませんでしたね。

豪州と比べて面積の小さい日本なら、チョチョイと撒いて、
些少の散布で、豪州よりずっと多くの国民を騙せるわけだから。豪州だって広いといってもその実、人口密度の高い沿岸部で撒けばいいだけだし。

そうした操作がどれほど容易か、
もっと多くの人々に考えてほしいものです。

そして気温も、瞬間的に「最高か?」みたいな高い温度をしっかり記録するが、「この温度は何時間続いたか」という形で記録して平均を取ったら数値は相当低くなると聞いたこともあります。つまり最高が38℃でも、それが文字通り瞬間的で、朝晩が9℃前後で残りも似たようなものなら、その一日の実質的な平均気温はそれほど上がらないはず。にもかかわらず、この「最高気温38℃!」を殊更強調すれば、人々に「やっぱり温暖化だ」と思い込ませられるということです。

人間の体には「冷え」がよくないことは皆さんもご存知と思います。最近「冷えとり」と「進藤義晴」で検索してみて!と教えてくれた仲間がいますが、寒い方が人が余計に死ぬこともゴアの嘘をわかりかけた頃に英国の仲間が教えてくれた事実です。

そしてこのように寒暖の差が激しくて基本が「寒い」傾向だと、
人間の健康にも悪い影響を与えるだろうと思うのです。

この調子で、気候も
すべて売国奴連中のいいようにやられまくりだということ
もっと多くに知ってほしいですね。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. 太陽の極移動が地球を4極化しているそうです。
    http://oka-jp.seesaa.net/article/265882730.html
    この夏にはクリーンランドの氷も4日で消えたため、
    海流・気流が変化していると考えられます。
     
    11月には月と同じ大きさくらいの彗星が見れるそうです。
    http://au.ibtimes.com/articles/427292/20130124/2013-year-comets-february-november.htm#.UQbA-_Lm7f1

    ReplyDelete
  2. so i thinkさん、

    Never A Straight Answerをはじめとする機関からの情報は、そのまま鵜呑みにしない方がいいと思います。情報として持っておくという程度でね。

    ReplyDelete