Sunday, January 19, 2014

「自殺」という解釈で終わりにされ、実は殺されている人々

ツィッターで色々情報を頂戴しているなかに、毎年自殺者と不審死など合わせると20万人ほどになるという話があって、自殺が3万人と言われてもう何年経っている?状態ですが、その「自殺」だって下手をすれば、このブログでも何度も取り上げたように「自殺」に見せかけて殺されているケースが決して少なくない。

そんなことを思っていたら

[閲覧注意]自殺した芸能人まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2136388177808601301?&page=1

というサイトに出くわしました。
今、16ページまであるのですが、開けて見ていたら
ここで過去に書いた、とても自殺したとは思えない人々や
すでに亡くなったことを知らずにいた有名人もいて。
なかの一人、アナウンサーだった鈴木→大杉君枝さん、
大杉君枝アナが自ら命を絶った奇病「線維筋痛症」とは?
http://matome.naver.jp/odai/2138068335065300801

その「線維筋痛症」って、私がずっと警告し今も極悪詐欺犯罪者である推進派たちと闘っている「子宮頸癌の原因であるHPV(ヒトパピローマウィルス)を防ぐので癌を予防する」と大嘘ついて売っている高額の毒でやられた被害者の多くも苦しめられている症状のひとつ。ワクチンの毒が生じている悲惨な症状ですね。不妊治療のあと出産後にそれが出てきたというあたり、医療で与えられた毒が起因しているかもしれないと思わされます。

そこにある記述、

"線維筋痛症の根本的な治療法は確立されていない。"
出典線維筋痛症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室

"薬物治療が主な治療法である。"
出典線維筋痛症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
抗炎症剤、精神安定剤、抗うつ剤など
(コピペ終わり)

わかりますよね、多分彼女はそうした薬で「自殺」させられた
眺めていると、彼女同様に薬で殺された人は相当いる。
それから、原宿のタケノコ族出身だった

沖田浩之
1999年3月27日に自宅で首吊り自殺を図り死去、36歳没。
その理由は不明である(中略)
なお沖田だけでなく、弁護士の祖父、企業経営者であった父(1996年9月)、父の生前から経営を引き継いでいた兄(2002年4月)など、置鮎家は3代で4人の自殺者を出している
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%94%B0%E6%B5%A9%E4%B9%8B

これもわかりますよね?
以前重金属毒の記事で書いたとおり。
多くの「精神病」だの「心の病」と呼ばれる疾患は
実は、重金属毒が原因だった!

しかし世界の現状は、精神科やら心理学がさも解決策であるかのように
世間全般が誤誘導されており、治せもしない"治療師"が儲け、
苦しむ人々の問題が決して解決されないようになっている。
いや解決されないどころか、こうして殺されているのが現実だ。

もちろん中には心理療法、カウンセリングで救われるケースもあろうが
それは原因が重金属毒等ではなく、本人も「なんとかしたい」
と願って努力するケースに限られる
と見ています。

鬱病では、以前さてはてメモ帳さんのブログ、コメント欄でブログ主のoninomaeさんから
「重金属毒だけではない」と指摘を受けたが、アミノ酸等の過多が起因するケースもあるし、私が実体験したとおり、単純に太陽光を受けられずにいると欝になることすらある。

ついでだから書きますが、私が会社からニューヨークに続いてロンドンに転勤を命じられたとき、まず赴任のフライトは11月下旬発・着で、夕方の5時頃ロンドンはヒースロー空港着だったが、窓外を覗いたらまるで東京の夜9時のような真っ暗さ!そのうえ冬の間一度も太陽を拝めたことがなく、いつも重くたれる曇天を見ながらの生活。

勤務は一応ちゃんとこなしてはいたが、
徐々に欝っぽくなって夜も眠れず。

夜中に
「今、台所からナイフ持ってきて やっちゃえば楽だな」
と何度も思いました。

そんなある日、チューブ(地下鉄)でウィンブルドン方面へ
出かけたとき隣り合わせた男性とお喋りして、そんな話までしたら

「ここは多いんだよ
もっと北のグリーンランドなんか行くと
酒場で一杯引っ掛けて、その足で崖っぷちに行って
(飛び込み自殺)やるのが相当いるんだ
太陽光に当たれないからなんだよ」


と聞かされた。
それを米国はワシントン州に住む友人に告げたら
彼女も同じような経験をしたことがあるとか言われました。
それが「精神的」と言われる症状の本当の原因は別にある
ことを知らされた初めてだったかな。

無数の問題の真の原因である重金属毒に関しても
もっと、私が英語で読んだ記事を和訳して紹介すべきですが
体調その他でなかなか。

が、何十年も前からこの事実を知り、訴えている医師たちは
世間でメディアが売ってきた
「貧困層に犯罪者や家庭内暴力、暴力的犯罪を犯す人間が多い」
という話は真実ではないと訴えており、そうした人間の家族
=兄弟や子孫が同種の暴力を振るう確率が高いことも示していました。

つまりそれは、かような暴力的行動が遺伝するわけではなく、ある程度脳を狂わせ、異常な行動に出る原因である重金属毒等の物質に対し、適正にそれらを排除できない遺伝学上の性質を受け継いでしまったために、そうした異常行動をさも遺伝で繰り返しているかのように見える結果に繋がっているのです。

だから沖田浩之氏の場合も、欝に陥りやすい要因を
遺伝で受け継いだ家族が、まるで次々自殺したような展開を見せた
ということ。

もう一人、「自殺した芸能人まとめ」に載っていた古尾谷雅人氏は
モロこの重金属毒の被害者だったと思われる。
未亡人の元女優鹿沼絵里さんが、DV被害を受けていたと。
妻にDV=暴力を振るい、自身は欝に苦しめられて自殺してしまった。

本当に悲劇です。
多くがこうした本当の原因をきちんと認識してさえいれば
適正な本当の治療であるディトックスを通して
彼は今でも役者として活躍していたかもしれない。

その鹿沼絵里さんは、彼の死後も母親の病気と死や
それを追うように自殺した父の死と、大変な目に遭われたと書かれていました。

奥さんを失った男性が後追い自殺するケースは結構あるので
それだけで決め付けるわけにはいかないが、
下手をすれば、そうした毒にやられやすい体質は
両方の家系から彼女の子供たちにたっぷり行ってしまったかもしれない。

ネットで見かけた記事は

鹿沼絵里、夫・古尾谷雅人さんの自殺の真相や壮絶人生明かす
2013年05月24日 21時33分
http://www.oricon.co.jp/news/2024944/full/

が最新で、その後彼女等親子3人がどうしているのか不明ですが
連絡できる人がいたら是非この見解を教えてあげてほしい。

同種のサイト、クリニックは検索すればいくつも出てくるでしょうが
ご自分の子供が自閉症になったことからこの問題に気づいた
という、このサイトなど良心的に見えるので
まず毛髪検査からやってみようと思われる方は連絡してみてください。
#一銭ももらってません!(^^;

そしてこれも検索してみつけただけだから
何の保証も出来ないけれど

日本統合医療学会
http://imj.or.jp/imj/index2

という団体が日本でも出来ているようです。

現代医学の通常の薬剤は必ず毒が含まれていることを忘れず
上述の疾患、問題に限らずそうした本当の医療を目指す
本物の専門家の力を借り、皆さんも真の健康を目指して戴きたい。

イルミナティ――秘密の盟約
http://insidejobjp.blogspot.com/2013/05/blog-post_11.html

で、お伝えしたように
私たちは意図的に、無数かつ多種類の毒に囲まれてしまった。
それらを少しでも避け、体外に出していくことが
健康で長生きする秘訣となります。

ご自分のみならず、一人でも多く 周囲にこの隠蔽された
重金属毒問題ならびにワクチン詐欺に始まる"現代医学"
という壮大な詐欺
と上の現実を暴き伝えて、あたら苦しめられたり
殺される人が減るようにしていかなければなりません。

私にディトックス関連の知識を与えてくれた医師たちも
重金属毒でやられている本人がその事実を直視することを拒否するケースが多いので
ディトックスさせることからして非常に困難だったりするけれど、
それが愛する家族だったら
なんとかなだめすかし、説得するしかありませんよね。

以前書いた通り、妊娠、出産と授乳で毒は母から子へ行くし
昔の何倍も打たれている予防接種等のワクチンでまたゾロ
毒を入れられているのだから、かような問題を抱える人が
増加するのは当たり前のこと。それをひっくり返し、止めなければ!

重金属毒の記事に記しましたが
かつて多くの癌患者さんを抱えたが、死ぬ前には
抗癌剤は勧めないね
と言った私の父以上に「抗癌剤が殺している」ことを...

自分の幼い息子の悲惨極まる白血病の闘病を通して嫌と言うほど思い知らされ
本当の医療を目指した医師の
抗癌剤が認可される条件について」語っている動画を最後に添付します。

この医師も生憎アプリコット(または、びわ)の種が癌細胞を殺してくれることは
知らないみたいだけど。

抗ガン剤で殺される 証拠証言集132
http://www.youtube.com/watch?v=SRaPKzkaWeA

でっち上げで「自殺」と片付けられた多くの人々とともに
鬱病薬や、真の原因が隠蔽されていることから
「自殺」で殺されてしまった方々のご冥福を心から祈ります。

嘘が蔓延した今の世を変えるのは 私であり、あなたたち。
引き続き、頑張りましょう!


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。
後日手直しすることがあるので、全文転載はご遠慮戴きます。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment