Monday, March 21, 2016

人を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい!と思う話色々。含)坂井泉水の死亡現場&米政府がカナビノイドで特許を取得&デイヴィッド・ボウイは生きている!??

書こうと思うことが山ほど溜まりまくって、ブログを書くのが追いつきません。
見てないが、ブログ・ランキングもメチャ落っこちまくりだろう。
で、最近気になった記事といえば、

首都圏の「火葬場不足」現実に、「友引」の稼働も増加
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO96959810V00C16A2NZBP00?channel=DF130120166126&style=1

単なる<国民の老齢化>みたいなことだけで火葬場が不足状態と
思ってる人が多いのでしょうか?? それからJALのページに

飛行機雲は、なぜできるのか?
https://www.jal.co.jp/entertainment/knowledge/agora54.htmlK

<きちんとした雲>って?? でも、
<そんなに頻繁に見られるわけではありません>よね〜。
にもかかわらず、毎日世界中で せっせと撒かれてるケムトレイル。
2月12日aqua画像↑
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大するはず
2月18日terra画像↑
3月16日terra画像↑
あっ、以前いんきょさんが阿修羅掲示板等で出していた画像以外に
最近またケムトレイル関連画像が出てるってご存知かな?
それから、さっき見たニュース

「なぜ韓国人学校」1日で批判300件 「都は用地貸与せず保育所整備を」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160321-00000055-san-soci

実に東京都民をバカにした話だ。韓国や朝鮮の人々全般を差別する意図は皆無ですが、邪悪な在日が日本を破壊している現実を踏まえて舛添要一の顔を見ると、どちらかといえば日本人というより朝鮮人っぽいのでは?

<朝鮮人っぽい>といえば、反核・反原発と見せて
実は代替エネ詐欺推進している この人の顔も
彼女は詐欺師きくちゆみとも仲が良かったが、同じく反原発のようでいて
実は再生エネ詐欺推進派の飯田哲也とも近かったですよね。

その飯田哲也については以前いくつか書いたけど、殊に色々な疑問はこちらに。
それを更に裏付けるような記事が「風の谷」ブログさんから出ました。

2011年3月3日に「双葉町の原発が津波でやられる」という話を、飯田哲也氏が坂口恭平氏にしたという事実
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/fb1fefc4b3e46f60b047c0f34a0eb950

坂口恭平
@zhtsss
それで3月3日に鎌仲ひとみさんと飯田哲也さんをDOMMUNEにお呼びし原発の番組をやった。そこで福島双葉町の原発が津波でやられるという話をしていて、その一週間後に本当にその惨事が起きてしまった。僕は死の灰の恐ろしさをインスタントではあったが両氏から聞いていたのですぐに熊本に逃げた
https://twitter.com/zhtsss/status/192413938233774080

つまり、福一目当てで津波を起こすことを知ってたってことですよね。
また、3/11関連で見ていたページに

アーニーガンダーセンが放射能下で暮らす私たちに伝えたこと
http://gomif.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

というのがありましたが、そこに出ていたメアリー・オルソンという生物学者の語ったと思われる部分、

世界の被ばく基準は、成人男性をもとにして設定されている。
しかしそれは誤りであり、本来は幼い女子を基準にしなければならない


そして、その理由説明の

20ミリシーベルトを被ばくした人口で比較すると、ゼロ歳児から5歳児までに被ばくした男児が成人になってガンを発症した症例と、成人で被ばくした後発症した男性との比率は2:1である。
しかしこれを女児にあてはめると10:1となる。
また、女性が成人のときに被ばくしたケースであっても、男性のそれと比べると3:2という割合になる。
これは、女性の方が男性より生殖器が多いせいではないかと推測している。(胸部と腹部)

(引用終わり)

そこを読んで、女児への被害が一番大きい実態が、電磁波被害
殊に、WiFi(無線LAN)という兵器を語るときにバリー・トラウワーが
少女の生殖機能へのダメージを真っ先に強調していた理由かも?と思いました。

ご主人や他のご家族からの理解も得られずに小さい子を連れて避難した
お母さんがた、殊に女の子のお母さんたちに「よくぞ守った!」と言いたい気分。
#男の子も同じだけど

他には、命日ではなく誕生日あたりにネットで見かけたZARDの坂井泉水の死について。生きていれば49歳になっていたからファンが書いていたのを見たんだったと思うが、関連で、以前保存してあった画像をこの機会に載せておこうと思います。確か、何年も前にみつけて阿修羅掲示板にも載せたと思うが(サイズがあまりに小さいので特大にしてみましたが、小さいね)
もうホントに、どこまで人をバカにしているのか!??と思うんだが
上の画像だと地面からの高さが見えないけど、当時の日刊スポーツの画像だと
自殺しようという人間が、この程度の高さから落ちるか!???って
「落ちて死んだ痕跡だ」とかいう写真、マジ??
最初の写真の横長版ですが、
当時の報道等はこちらのブログに出ていましたけど、どう考えてもこの高さで自殺とは思えないですよね。そこに嘘があるということは、以前書いた岡田有希子の”自殺”や、集団ストーカー犯罪の被害を受けて自殺したのか殺されたのか不明(といっていいと思う)な清水由貴子の死にまつわる胡散臭さを感じます。どれも実に怪しく、人間として悔しい限り。そして お次は

大麻を5年間吸い続けた日本人難病患者が激白
「クローン病に効いた」

http://news.livedoor.com/article/detail/9888491/

という記事がありましたが、大麻、ヘンプについては以前も子宮頸癌インチキ毒ワクチン関連でも触れたし、現代医学が治せない患者が治ってしまった話も紹介しました。しかし、上の記事にも

 医療大麻はカナダやアメリカの一部の州、ヨーロッパのいくつかの国で認められている。末期癌やHIV、アルツハイマー、うつ病、アトピー性皮膚炎など、約250の疾患に効果があるとも言われている

という記述があった通りで、米国等での使用に多少なりともOKが出ているのはどういうことか?と思っていたら、何のことはない!!奴等、とっくの昔に特許を取っていたんですよね。

米国の特許ナンバー、6,630,507
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=6630507.PN.&OS=PN/6630507&RS=PN/6630507

Cannabinoids as antioxidants and neuroprotectants

という表題なんですが、それって
抗酸化物質ならびに神経保護剤としてのカナビノイドです。

ヘンプ・シード・オイルがガンの治癒剤とも聞くし、上にリンクした<治った話>にあるとおり、葉っぱを食べたりジュースにして飲んだだけで十分効果があるもの。それに<特許>って、変です。

おまけに特許の受託者は、なんと
The United States of America as represented by the Department of Health and Human Services (Washington, DC)
つまり、
米国保険社会福祉省によって代表される米国政府ですよ!!
まさに政府は会社が<特許で儲けよう>という図式が見て取れます。
米国政府も会社、DnB.comの会社検索結果

第一<特許>とは、何かの発明をした人に出されるものであって、カナビノイド(ヘンプには少なくとも113種類のカナビノイドが入っている由)に<抗酸化作用と神経保護作用がある>事実を<発見>(??)したから特許を取れるって、おかしいと思うのですが、要旨を見る限り、特許申請を正当化するような<発明>は見当たらない。

ちょっと下の方を見ると「こういう病気に、どのように使えばいいか」を主張しているけど、それが<発明>とは思えない。全文見てませんから見落としがあるかもしれないが、たとえカノビノイドをヘンプから抽出する方法か何かを発明して、それで特許を取ったとしても、ヘンプに含まれる成分で特許を取るなんて ほとんど詐欺じゃないの!??

とにかく特許さえ取れば、それで儲けられるからね。
この伝で、癌細胞を消してしまうアプリコット・カーネルでも特許取るかも
#カナビノイドの特許は、2003年10月7日付け

しかし過去には散々、効果・効用を訴える人々をバカにし&否定していただろうに、特許の文言のなかにも、あれやこれやに効くと記載されている。もうホント、これも世界の人々をバカにしまくった話だと思うばかり。

因みに上述の<日本人難病患者>氏は自分で大麻を栽培して摂取していたけど
この特許を振りかざして、誰かがどこかで儲けるパターンが出来ているのでは?
と思います。

それから、これも随分前に観た話ですが死亡直後に火葬したとか
ボウイのBlackstarは<終末の兆し>記事の続きじゃないけど、

デイヴィッド・ボウイは生きているって…OMG
下の動画、ボウイが死亡した翌日のスカイ・ニュースに<音楽業界のエグゼキュティヴ>として出てきたジャック・スティーヴンが実はデイヴィッド・ボウイだと言っている。

確かに、冒頭で会社名を間違えられた模様で苦笑しているのが どうにも<笑いを こらえられない>感じで、他でも<昨日死んだスター>の話をする割に、何故か微笑んだりしているのに違和感が。よって、<実は俺がボウイ本人なのに、誰も気づかないぜ イッヒッヒ!>と言っているような雰囲気も感じます。

続編では、そのジャック・スティーヴンの過去のビデオを見せ
歯の間に隙間があるが、スカイ・ニュースの”スティーヴン”の歯には
ボウイ同様 隙間がない
と言っている。

いや〜、確かに似てますね。
スカイ・ニュースのスティーヴンの声は2006年のインタビューのボウイの声より

ユーチューバーRussianvids氏が出したスティーヴンの過去の映像の声と同じみたいに聞こえる。しかし昨今、画像・映像・音声等々どれほどの操作・改竄がなされているかわかったものではない世の中だからねぇ。

おまけに、ボウイの前妻のアンジーが
…that I think he STAGED his passing rather well
ボウイは彼の死を うまく演出したと思うわ

と言っている映像を出して、
「彼女はボウイが生きていることを知っているのだ」と主張。

しかしこのユーチューバー、他にはどんなビデオを出しているのか?とチラッとだけだが見てみたら、<死んだと言われているビル・ヒックス(スタンドアップ・コメディアン)はアレックス・ジョーンズに成り代わったのだ>とか、最近英語圏で出ている<地球は球体ではなく、平らだ!>という動画を出していて、もう言葉を失った。(>_<)

そこまで行くと、それらはまさにイルミナティが、世間の愚民化の成果がどれほどかを見るためのテストって感じで、しかも、この<地球は平ら>説を支持する人間が結構いるみたいで、マジ、どこまでアホにされたのか!??と思ってしまう。
★1%と99%の闘いなんだけど、98%は全然問題視していない…orz

万が一にも「地球はやっぱり平らだったんじゃ?」と思う人(いるの??)は
知恵袋なりウィキピディアをご覧あれ!

しかし癌の闘病を誰も知らず、突如死んだと思ったらすぐさま火葬したとされるボウイが もし本当に生きていたなら、上述のような馬鹿げた動画を出している人間(当然、工作員かも)にそれを言わせれば、誰も本気にしない構図に乗っかっていると思われますよね。w

真相はともかく、非常におもしろい説だと思ったことです。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment