Monday, June 12, 2017

治験段階で30人殺していたガーダシル&携帯やWiFiで、バクテリアが薬剤に耐性を持つ&米国癌協会の医師、癌治療を「我々のbullshit」と!&CERNのトップ、ビルダーバーグに

日本でもヒットしたと思う映画『ラー・ラー・ランド』
冒頭のシークェンスで出ていたケムトレイル
毎度お馴染みの洗脳工作・刷り込み
この曲、”Another day of SUN” と歌っていますが
それって、まさにRA信仰(太陽崇拝)ですよね。w

三脚なしなので、手ぶれでブレまくってますが
以前二つほど記事を書いた「虹色に光る星」ことGPSの衛星
確かに色が変わるってのが、手ぶれ写真でもわかる。
「綺麗なマイトレーヤの星だ」なんて思ってる輩は相当めでたい
zapされまくってるのに

今月9日のケム夜空、
月はちょっと黄色っぽく見えたが
周囲の雲を虹色に変えている(ケム中のナノ パーティクル)
この毒空を「綺麗!」と思ってる人もおめでたい。
そういえば、この晩にもGPSが飛んでいた
こちらは10日のメルボルン上空、ケム夜空
これも手ぶれで失礼しますが、
ナミナミとケム鱗が見えていた。
= 相変わらず恒常的に撒きまくりってこと。

他方、スウェーデンでは強制的ワクチン接種法案が潰されたと

Sweden Votes Down Mandatory Vaccination
http://www.aircrap.org/2017/05/14/sweden-votes-mandatory-vaccination/

しかしイタリアでは12種類の子供の病気に対するワクチンが強制に
ドイツでも、接種を受けない者たちへ罰金を強化するとか

Italy Mandates Vaccines for 12 Childhood Diseases, Germany May Improve Fines for Rejecting…
https://needtoknow.news/2017/06/italy-vaccines/

私が何年も前から警告してきたHPVV、子宮頸がんワクチンという名の
毒のカクテルは、治験段階ですでに男子を一人殺していたことや
治験時に比較する対象のプラシーボにアルミを入れていたことは
以前書いたと思うが、アルミ入りプラシーボでも殺していて
30人死んでいた(殺していた)そうです!
#アルミ入りプラシーボで13人&ガーダシルで17人
#子宮頸癌で死ぬ確率は0.02% だが、ワクチンでは 4%!!

PlaceboGate!! The HPV – Gardasil Study Fraud!!!! 30 deaths
http://www.aircrap.org/2017/06/01/placebogate-hpv-gardasil-study-fraud-30-deaths/

上述のスウェーデンは、上の記事からすると 他よりよっぽど
マシだ!と思うだろうが、スウェーデン政府も<会社>だし
HPVワクチン詐欺にも大いに貢献した出来レースのノーベル賞
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/05/blog-post_14.html
名前を出したカロリンスカ医科大学から、長年携帯等々の電磁波に
警告を発しているオーリ・ヨハンソン教授は、その勇気ある行動ゆえに
窓際族にされているのが実態です。

会ったことはないが、高校の、結構上の先輩(女性)で
「世界で一番民主主義と男女同権が実現されているのはどこか?」を若いときに調べ「スウェーデンだ!」と目星をつけ移住。結婚し、長年住んでいるという人がいて
いつもスウェーデンは「どれほど素晴らしいか!」という自慢話を高校同期のMLに
投稿していました。

でも、社会福祉が行き届いて というか、届き過ぎて、働かずに政府からの手当で暮らす人間が多く、まともに税金を払っている人間が損をしているという文句を言っていたのを覚えています。

それだって、貧困家庭が相当増加した日本と比べれば、

低所得世帯の子供、授業「わからない」4割 北大など調査(北海道新聞) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00010002-doshin-hok
また、一年で倍増したというメルボルンのホームレスと比較しても
一年で倍増したというメルボルンのホームレスと比較しても
誰もが一応まともな生活を保障されているという結構な話だし
たとえ分配のやり方がまずかったとしても、要するに
スウェーデンでも政治家や政府への批判を<人々の分裂>
という形に置き換えて、うまく誤誘導していた証かもしれません。

あとスウェーデンといえば、9/11の公式説に異を唱えて
一部から攻撃されていたキリスト教の司祭(神父?)がいましたよね。

私は当時ご本人にメールで連絡し、お返事も戴いて
ひどい世の中になっているね、というような話をしましたが
その後も別の、YouTubeで出会ったスウェーデン人から
スウェーデンも徐々にひどくなっていると聞かされました。
#何年も前の話だけど

それでもいまだにワクチンの強制化を強行できないでいる
ということは、他国に比べて自分の頭で考える国民がまだ多いのかも?

そのスウェーデンはヨハンソン教授からのメール、先日のは
いつも以上に大々的に広めてくれ!という。
Bacteria, mobile phones & WiFi – a deadly combination?
Publicerad 31 maj 2017, uppdaterad kl. 18:40
https://nyadagbladet.se/debatt/bacteria-mobile-phones-wifi-deadly-combination/

携帯やWiFi(無線LAN)の電磁波で、ある種のバクテリアが抗生物質に対して耐性を有するようになって、抗生物質が効かなくなるという論文が出ているそうで、
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28203122
今後、大きな問題に発展するのではないかと訴えている。

EU圏内だけでも抗生物質が効かないバクテリアによる死亡が年間 2万5,000件を超えていると書かれていますが、G20の国々の保健相等がこの問題に立ち向かおうとしているとメトロ・ストックホルム紙が今年5月22日に報じたということから、私としては、これを口実に より毒性の高い抗生物質の開発にいそしむのではないか 或いは、大多数が信じ込んでいる現代医学の抗生物質の効き目を弱めたうえで、それへの耐性を持ったバクテリアをケムトレイルで撒くつもりかもと推察。

第一、代替医療がどれほど処理できる問題か?のデータもないので(当然、隠す)
コロイダル・シルヴァーほか、各種の免疫機能を高めてくれる
現代医学が見向きもしないようなもの(クロレラ等々色々なサプルメント)で
対処すればいいだろうと私は思いつつ、電磁波兵器のこうした作用も、
とうの昔から知った上で広めてきたのだろうと思いますよ。
#実に邪悪だから、奴等。

あと笑えたのは、USA Today の記事で
Cancer treatment hype gives false hope to many patients
癌治療の誇大宣伝が多くの患者に偽りの希望を与えている

https://www.usatoday.com/story/news/2017/04/27/cancer-treatment-hype-gives-false-hope-many-patients/100972794/

高額な抗癌剤・治療が大きく記事に書かれて多くが期待を寄せるなか
米国癌協会の医科主任、オーティス・ブローリーという医師が
「私が我々の実態と思うものより、もっともっと素晴らしいものと
みなされているのを耳にし始めた」と言い、

“We’re starting to believe
our own bullshit.”
「私たちは、 我々自身のデタラメ
を信じ始めている」

と言っている!!(^O^;
大変、正直に!!

その先も正直、正確に
結果はリアルでー致命的ともなる。患者や家族は効果がないか、非常に高額で命の危険がある副作用を引き起こす治療を買わされている。

「大騒ぎされてはいるが、多くがその価値もないと知っている治療を求めて、家族を破産に陥れている患者を多く抱えています」とブローリーは語った


とまで綴っている。
癌治療のなんたるかを、みごとに言ってくれてますよね。
ロックフェラー財団が創設された年と同じ1913年にFDAが誕生。
これまた同年、ジョン・D・ロックフェラーによって米国癌協会がつくられた

医学の歴史上、キモセラピーを「治療法」として売ることは最大の詐欺だろう。このキモ拷問の首謀者が誰であろうと、そいつの記念碑は地獄に建てられるべきだ
  - ライク・ジード・ヘイマー医学博士

彼等(米国癌協会)は、悪党のごとくに嘘をつく
  - ディーン・バーク医師(国立癌研究所で34年勤務)、1978年


チューリップの財津さんも癌だという記事を見て
本人のサイトからメッセージを送りましたが、
報道からすると、別の病気を診ていた際の検査でみつかったと。
例の<早期発見・早期治療>の詐欺に引っかかったのですね、気の毒に。

そして最後に、まぁ改めて驚くこともないのですが
今年のビルダーバーグ会議にCERNのトップが招待されたそうです。

Why is CERN Going to Bilderberg This Year?
https://www.youtube.com/watch?v=mN-by_41kcc

異様なダンスや、儀式殺人っぽい変な芝居をやっていたり

Human Sacrifice Ritual at CERN - Caught on Tape
https://www.youtube.com/watch?v=m6ieuw3OV_s

シバの女王の像でも一部に知られている、何をやっているか
わからない組織。というより、何かよからぬことをやっているとしか思えない
ロゴもお馴染みの 6 6 6
いつぞやのイタリア地震にも関係していたのではないか
という憶測も出ていましたね。

そこの親玉が遂に、イルミナティの会議に呼ばれたと。
トップはイタリア人女性、ジャノッティ・ファビオーラ

どうせ よからぬことを企むだけの会議でしょうが
今年のキー・トピックのトップに(3分4秒)

トランプ政権: 経過報告

ってのがあるあたり、イエズス会のトランプがどこまでやってるかを確認します
ってことで、笑えます。まぁ、これらも公に出して 見る人がいることを
踏まえたうえで出している情報だから、どれほどの意味があるかは不明ですが。

しかし、そのCERNが なんと最初のビルダーバーグと同年の
1954年に作られ始めたというのは知らなかったので、少々驚き。
4分27秒あたり
最初の画像のちょっと下、地図上に悪名高きロス・アラモスが
出ているのが、奴等が進めてきた邪悪な核関連計画に
どれほど’誇り’を感じているか、が表われていると思います。

とにかく そんな昔に創設されたCERNが、今年遂に呼ばれたということは
ある意味、NWOへ向けた動きにCERNを本格的に使おう
ということかもしれません。
#異様な天変地異にご用心!!ってことか

こうした悪事の数々を絶対にやめさせたい!と思ったら
私のように政府は会社詐欺師どもとガチで闘うか

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日、何度でも言って&広めてください。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

2 comments:

  1. シバの女王の像と書かれていますが、
    ナタラージャだと思われます。
    (インドの破壊神シヴァの別名ですね)

    ということは、シヴァ神の神話上の役割から鑑みるに、
    暗に何もかもを崩壊させる・・・と人類に対して恫喝と宣戦布告をしているのかもしれませんね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      コメント、ありがとうございました。
      "Brave New World"を書いたアルダス・ハックスリーの声が出るときに(13秒前後)「シヴァのダンスについて」とキャプションが出ている&28秒頃に「このシヴァの踊り〜」と言っているので そう書きましたが、仰る通りで、その直後に「それはナタラージャ、踊りの神(Lord)」とも言っている。

      Nataraja
      https://en.wikipedia.org/wiki/Nataraja

      には a depiction of the Hindu god Shiva as the cosmic ecstatic dancer
      とありますね。

      >何もかもを崩壊させる

      イルミナティの計画そのものであり、3/11もその一部であったことが想起されます。恐ろしいことに

      Delete