Monday, August 28, 2017

意気盛んなイルミナティ〜税金泥棒だらけ!&<騙されまくり>を見てると、精神衛生上よくないネ〜私の主張を実証してくれた leoさんの記事!!「人は薬で しんでいく」

前回の記事にチラッと出した、水仙。
それが咲く頃にやっている対癌協会のキャンペーン、
近所のお花屋さんの店頭に貼ってあった、そのポスター
おや、よほど出されたくないみたいで Blogger
ポスターだけにトリミングした画像を全然載せてくれません。
やむなく、トリミング前の画像ですが
詐欺師が寄付を募っている。そこにも今年は all seeing eye

少し前までやっていたメルボルンでの映画祭でも
Explore NEW WORLDs だと
よく見えなかったし、写真も撮っていないが
メルボルンの主要駅のひとつ、フリンダーズ・ストリート駅前の
フェデレイション・スクエアには、アルダス・ハクスリーの名とともに
Brave New World の文字が躍っているのを見かけたし。
これか、https://www.ngv.vic.gov.au/exhibition/brave-new-world/
http://visual.artshub.com.au/news-article/reviews/visual-arts/mem-capp/brave-new-world-254125

ハクスリーといえば、以前こんなページを見かけたなぁ。
ハクスリーからオーウェルへ
私の 未来の地獄のようなビジョンは、君のよりいいぞ

なんと、ハクスリーは『1984』を書いたジョージ・オーウェルの
フランス語の教師だったと書かれていた。

それから前回書いた、バーク・ストリート周辺に山と置かれた
コンクリートのブロックは、メルボルン主要駅のサザン・クロス
(電柱が邪魔ですが、太陽光を避けるためだったので、失礼!)
駅周辺にも
上の写真のはまだ無事だったが、ブロックの下の方に空いている穴には
空き缶などのゴミが押し込まれていたし
上部の窪んだ部分は灰皿代わり(>_<)
東京の地下鉄と違って、今の所 ゴミ箱もある↓のにね。
これらの写真を載せるのも、またもや異常に時間がかかってます。
我慢、我慢!の活動だ。
駅近くにあるバー兼酒屋の看板、一桁足りない(?)が 66
サザン・クロスは、メルボルン空港からのバスが着くターミナル駅で
いわば、海外から来た人々を迎える玄関なのに
こんな醜いものをいくつも並べて、おまけに掃除は誰がやるの!?
=人々からの税金の無駄遣い口を増やした!!

それから、「最近も募集していた」と書いた似非警官募集は
まだやってましたよ。
こういう大きな看板に広告出すのって、いくらかかる?
それも人々からの税金で払ってるはずだし
ここ、駅の外側のみならず 改札口にある大きな電光掲示板でも宣伝してました。
プラットフォームを歩く電車の車掌に尋問する 超 ヒマで、アホな似非警官
を増やして一体、何になる!?
#まさに税金泥棒を増やすだけ

余談ですが、今 図書館でこれを書いているけど
目の前に座っている男性が仕事の電話をかけまくっていて
http://www.naturalstrategies.com.au/about/staff
そこの写真と大違いで、無精髭のうえに長いことお風呂に入ってないみたいな風貌。
失礼ながら、ちょっと臭い。(>_<)

そしてそれが、モロ代替エネ詐欺!!
「温暖化人為説は嘘だ」とか「気象操作を知らないでしょ」と言ってやったが
全然理解しない。
「それは新たな金儲け手段で、我々に毒を持っている」とも言ったが
騙されているのか、手先なのか 笑ってごまかしていました。救い難い。
是非、事実を調べてほしいけど...果たして?

そして日本でも、政府は会社の税金泥棒たちのやりたい放題が続いてますね。
防衛省 概算要求5.2兆円“過去最大”に
8/22(火) 13:15配信
日テレNEWS24
過去最大となる5兆2551億円を計上
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170822-00000038-nnn-pol

だって!!
もうホントに騙されていることを知ってか知らずか
国民が黙っているから=本当に効果のある反撃をしないから
いつまでもこの調子だ。みんなも税金等々の支払い拒否を始めませんか?
おまけに、密かに(?)淡々と頑張っている ひみこさんのブログから

☆ sweet home ☆
福島廃炉は今世紀中に終わらない&放射性廃棄物
https://ameblo.jp/894839/entry-12303407421.html
これらもやられたら、どうするよ!??
そして、すでに見た方も多いだろうが
呆れまくり。

マジ、革命が起きてても不思議はない状態なのに
改めて、革命なんて イルミナティが画策したものしか実現していない
と思うばかりです。

それからワクチン詐欺に関しては、私も相当記事を書いてきました。
でも、まだ多くが全然わかってないな と思わされることも多い。

メルボルン在住の日本人夫婦の奥さんがブログを書いていて
今、生後4ヶ月くらいの赤ん坊がいる。
生まれる前からブログをたまたま見ていたので、色々打たないように!と
コメントを入れたけど、旦那が出てきて「自分たちでも調べてるから」との返事。

しかし、見る限りしっかり全部打たせている。(>_<)
製剤の成分すら、調べてないとしか思えない。

おまけに、予防接種を打たせて自宅に帰ってきてから
「副作用が出なくてよかった!」と書いていた。
副作用なんて、すぐに出たらSIDS(乳幼児突然死症候群)という名称で
ごまかされている殺人
か、
先進国の中で、米国でのSIDSの発生率は一番高い。1970年にオーストラリアはワクチン強制をやめた。親たちの50%は接種を見送った。そしてその年、SIDSは50%減ったのだ

軽くて 斜視になる(目の位置が変わる)など
(後者を指摘した勇敢な医師が殺された話は以前書きましたね
アンドリュー・モールデン医師…
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2015/08/blog-post.html

そして色々な問題が出現しても、小さい赤ん坊の頃に打ったワクチンが原因だ
と見抜く親は滅多にいないというより、ほぼ皆無
だから「先天性、生まれつきの問題だ」と言ってごまかすことが非常に容易!

そして、副作用・副反応はすぐに出るとは限らないのです。
出産直後に投与されるビタミンKが原因の小児癌、小児白血病の発症は
4歳以降、8歳前後が一番多いのではないかと私は見ているし
(書きましたよね、メルボルンには子供用のホスピスまである!!
過去ふたつ記事を書いている重金属毒関連被害に至っては
学童年齢〜中学入学以降に顕著に見られるようになるわけですから
本当に全然わかってない!!
と呆れ果ててしまいました。

まぁ、いくら言っても理解しない人たちは
ある程度伝えたあとは、静観するしかないです。
#善意で警告してる私が嫌われるだけだし

昔の私も同様に騙されていたとも言えますが、昔の私には
今の私がやっているような警告をしてくれる人が全然いなかったです。
#9/11公式説の嘘を教えてくれた外野さんは別として

9/11公式説の嘘に目覚めて、その後他の件でも色々調べて今に至っている。
警告する人の存在がなかったことに加えて、親が医師でしたから
現代医学に対しては、生まれ育つ過程で誰に言われたでもない洗脳が効いて
何の疑いも持っていなかったのが、100%覆ったのですから
もうちょっと真面目に、私の警告に耳を傾けてもらいたいと思う次第。

近年では、イルミナティの陰謀を含めて様々な嘘を訴え、警告する人も増えた。
少しでも調べようと思えば、いくらでもそうしたサイトはみつけられる。
にもかかわらず、それらを無視して我が子に毒を与える行為を続ける人々を
私は理解できません。

それに加えて、生まれた子供に骨盤異常があるかもしれないと言われて
なんと、その母親は小さな赤ん坊に「3回目のエコー」なんて記事を書いていた。
(ー_ー;

妊婦にだって害があるだろうと思われるものを
胎児に悪影響だから に他ならないのに。
ホントに何も考えていない。
それで、ちょっと検索したら

2014年03月22日
エコーは赤ちゃんに害がある?
http://hatsuninnshinn.seesaa.net/article/392704500.html

というブログ記事が出てきたけど、
経膣超音波検査
しかも、せっかくイギリス人のお姑さんが危険性を訴えているのに
聞く耳持たずでやりまくりの様子。そこの旦那も似非権力者たちに
騙される可能性
を全然考えてないみたいで、救い難い。
#詐欺師は人々を騙して、毒を「いいもの」と信じ込ませて売ってるのに

こうしたブログを見ていると、こちらの精神衛生上よくないですね。(>_<)

そこへ来て、真反対 痛快至極なブログ記事を見たので
皆さんにも是非読んで戴きたいと思って紹介します。
しばらく前から拝見しているブログなのですが、元プロレスラーで
今は温灸治療師をやっていらっしゃる leo さんの<免疫ブログりんりん>

事件です、カビが消えただと!
https://ameblo.jp/gunmame1107/entry-12304338362.html

彼女の過去記事を全部読んでいないので、奇病・難病の原因が
ワクチンや現代医学の薬剤等だったか否かは知らないのですが
なんだか『まどか☆マギカ』を思い出すような名称*(違)の奇病が
治っちゃった!と。
*あっちは、ワルプルギス
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/04/blog-post_30.html

それを読みながら、大笑いしたのが ここ(^O^;
(改行、強調などは私が入れています)

抗菌薬を処方されましたが 私はそれを飲まず、ある日その薬をカビキラーの
ようにお風呂場の排水溝の掃除に使えないかと思い流してみたのです。

そうしたら、きれいになるどころか排水溝の回りに付着した薬が
白くなってこびりつき こすってもなかなか落ちない
のです。

例えるならば、イクラを食べたあとの食器に水をかけると白くなって落ちにくい
じゃないですか、あんな感じになったのです。
もしこれを飲んだら?と思ったらゾッとして
治りもしない上に
他の臓器が絶対に悪くなる

という確信を持ちました


どうです、最高でしょ!?(^^)
処方薬→カビキラー の発想も最高だが
まさに、それより前に書かれている医師から言われた

徐々に徐々に悪くなります

の原因が、処方された医薬品であることを証明してくれた
ようなものです。
だって その医師は

治療しても治ることはありません

と、leoさんに言ったけれど、今回<消えた>ことを受けて はっきり

自分の免疫によってカビが消えた

と言ったのですよね。
自分で言ってるのに、その医師は事態を全然理解してないと推察
<教育>という名の洗脳の効果は絶大!w
★発症したときと、今回のと 医師が同一人物かは知らないが

つまり、病気を治してくれるのは免疫(=自分)だし
毒のカクテル子宮頸癌ワクチン関連の記事で書いた通り
HPV(ヒトパピロマウィルス)が原因でトゥリーマンのような症状が出る
のではなく、彼には免疫に問題があったから
普通はまったく問題を引き起こすことがないHPVを追放することが出来ず
あんな悲惨な症状が出ていたわけです。そして、leoさんの記事 その先も

どのような治療でも病気を治すものなどなく、治すのは自分自身しかいません

症状は歓迎し、重い症状ほど喜んで受け入れて、絶対に止めない

咳では死にません。
咳を止めようと薬を使うから免疫がどんどん弱くなり
それで死んでいく
のです。

人は薬で死んでいくのです

西洋医学というものの歴史を知れば けして それが
人を救うためのものではないことがわかります

(引用終わり)

みごとですね。
正確には「人は薬で殺されている」んだけど
私がずっと言っていることを、長年の努力を通して実証してくださっています。
毒(病気の原因)を出し、毒を入れず、免疫をサポートする
散々書いたワクチンの被害者でも、入院等の治療を受け続けている人ほど
よくなっていない。それは、問題を解決しようと体が闘っている証である
<症状>を抑えるだけのために、<薬>と称される毒を入れているから
です。

それから、血を吐いても喜んでいるとあったけど
私も、近所の家々にスマート・メーターを入れられてから、起きたとき唾に血が
混じったりするし、キレーション(変換するのに苦労した!=重機姻族毒←これも
同様!! 入力は正しいのにイカれた漢字を出してくる。とにかく=重金属毒を出す
行為)で とある坐薬を使っているのですが、そちらでも多少の血が出ています。

でも leoさんと同じで、
汚血が出ているな」と思っていて、パニクったりしていません。
近所のスマート・メーターが原因な問題は、その原因そのものを除去できないので
今後どうなるのか?とは思っていますが、対処してくれている体に感謝しています。

ひどい痛みを伴う症状が出ているワクチン等詐欺の被害者は本当に気の毒ですが
それでも、現代医学詐欺の売る毒で症状を抑える愚はやめないと!
もう本当に、ロックフェラーが始めた現代医学の根幹の誤りに気づくべきときですよ。

Rockefeller Medicine
by Corbett Report

https://www.youtube.com/watch?v=X6J_7PvWoMw


とにかく皆さんも是非、

事件です、カビが消えただと!
https://ameblo.jp/gunmame1107/entry-12304338362.html

を開けて全文を読んで、最後のクリックを押してあげてください。
#当方もよろしく!
そして、こうした詐欺をガンガンやってきた連中を逮捕&裁判して牢屋に
入れてくれる機関がまったく存在していない今、私のようにガチに闘うか

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日、何度でも言って&広めてください。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment