Saturday, September 19, 2020

<パンデミックの大嘘> 最悪・邪悪なヴィクトリア、独裁者アンドリューズ似非州首相はここを中国共産党に売り渡している!!~YouTubeは遂に私の 9/11の歌動画を削除!!

英語のブログはガンガン書いているのですが、こちらがお留守に。
実は体調も芳しくなくて、連日24時間近隣からの電磁波兵器攻撃を受けてるから
無理もないのですが、ここ数日起きたら(既存の諸症状に加えて)胃酸過多状態
みたいだったり。そんなことは、これまであったためしがないのに。

加えて、頭痛はもとより目や足まで異様な痛みが出たりしています。
これではプロテストにも行けやしない!
これはケムトレイルや注射等々で取り込まされている様々なナノ兵器が関連して
いる
可能性があって、ここ数日来ひどい下痢も続いているのだが
その辺の情報も書かなきゃいけない&米西海岸の山火事も…それはまた別途。

睡眠も相変わらずだけど(妨害等)、食生活等に格別の変化はないので
やはりこうして徐々にやられて殺されるのかなとは思っていますが
まだまだ闘い続けなければいけない状態。
暴政が法になったとき、抵抗は義務となる

前回記事、

<パンデミックの大嘘>独裁者ダン・アンドリューズ「あと一年はこのまま」!?? 悲惨な豪州ヴィクトリアから、スペインのベニート医師が見せるサイコー!!な表情をご紹介&来月5日は決戦のとき!!
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/08/5.html

から大分間が空いてしまったので、どこから始めればいいのか??
って感じなのですが、前回タイトルの最後に書いた9月5日のプロテスト。

事前にフェイスブック等で計画が発表されて、「参加する」という意思を示した
人が 1万とか 2万とか いたと聞いたので、ベルリンの「130万は来た
という規模には到底及ばないものの、この田舎国の田舎都市で 1万も来れば
最高だ!!
と思って出向いたけれど、事前にこのプロテストを計画したと
言われる人々が「逮捕された」という報道が出て、英語のブログにも

Don’t chicken out!!
ひるむな!!


って書いたんだけど、みんな臆病者になって。(>_<)
昔、車に貼っていたサインでトマス・ジェファソンか誰かの弁で
国民が政府を怖がっている状態は独裁主義国家であり
政府が国民を恐れている状態は民主主義国家である

というのがありましたが、まさに それ(前者)!!

先月は全く眠れなかったけれど、今回は短時間でも休めたので なんとか起き出し
この日の為に作ったプラカードを抱えて出向きました。
右側にケムトレイル等の気象兵器が’温暖化’やら’気候変動’話や認知症の本当の原因
であること(認知症でも殊にアルツハイマー)、そして売国奴がコロナと言われる
人造生物兵器を ケムトレイルに混ぜて撒いてクラスターを作っている
事実(現に私は家の上空に撒かれて、それを吸わされた!)、そして左の下にある
のは、私の仲間が作った 55ページに及ぶ文書で、ここヴィクトリア州では
1975年11月18日以降の’法律’は皆、無効!!である事実が書かれている。

ご覧になってわかると思うが、そのタイトルが現ヴィクトリア州似非政権の
似非州首相や似非総督等の顔写真を入れて、モロ

アンドリューズ政権の死
ですよ。
この仲間はすでにこの文書をクィーンズランド、N.S.W.とヴィクトリアの法廷闘争
で使ったが、奴等売国詐欺犯罪者たちは それへの反証を何ひとつとして出せず
仲間の側が勝利したと言っている。

私が長年自力で同じことを独自に やって闘ってきたわけですが、それを法廷でも
使って…まぁ似非法廷・裁判所ですが、奴等が却下するしないように闘っている。
私が 4月初めに不当逮捕されたことは記事にしましたが、

豪州ヴィクトリアはすでに(似非)警察国家!! 似非警察官、不当に私を’逮捕’し、
手錠をはめる!!腐り切った売国奴に「邪悪なメイソンめ!」と吐き捨ててやった!!
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/04/blog-post_11.html

この件で、似非警官の方がひどい犯罪を犯したにも関わらず、
すべての政府と関連機関が売国詐欺会社ですから、
私を似非裁判に引きずり出そうとしている。

今回は、いつもの手口ではなく、この仲間の知恵も借りて対処することにし、
供述書を書けというので それを書いて、添付の参考文書としてこの55ページ文書も
使っています(有料なので、痛いのだが)。

で、9月5日めがけて作ったプラカードの反対側は
もっと多くにこの売国詐欺を知らせるための情報満載!といったところ。
車のボンネットに載せて撮ったから、その大きさがわかるでしょ。

街中へ向けて車を走らせているときから、道路のガラ空き状態が全然変わらない
ので、これは多くが怖気付いて出てこなかったな!!と察してガッカリ!!

メルボルンの中心からちょっと離れた Shrine of Remembrance が集合地点。
所謂、戦没者を追悼する社(やしろ)がプロテストの場所で、丘の上の建物に
向かって登っていたら、すでに誰かが似非ポリ公にいじめられていた。
数人が会場に向かう気配で歩くなか、待機している似非ポリも
丘のてっぺんまで登り切る以前、すでに大きなプラカードを持った私は
似非警官どもに取り囲まれて、
「この場を離れないと逮捕する!」と脅されました。
#奴等の犯罪をバラしているプラカードを多くに見られたくないからね

他の参加者が私のプラカードの写真を撮っているから停止して立っていると、
それだけで非難され、人権関連の(本物の)法律に従えば、こうした抗議行動で
プラカードを持っている人間こそ(その権利を)絶対に守らなければ
いけない
にもかかわらず。

やむなく一旦は言われたように芝生を降りるフリをして、奴等から少し離れた
地点でまた丘を登ったら、反対側にそれなりに参加者がいました。
しかし、似非警官も相当数が出動していて
参加者の多くも、おとなしくマスクをつけている人が多かった。
女性三人が掲げていたバナー。これも本物の憲法はこちらで、ユニコーンと
ライオンの紋章(それ自体、すごくイルミナティっぽいが)がついていないもの
偽物だ!と訴えている。
私も彼女等の横に立って、多くの参加者たちににプラカードの写真を撮ってもらった。
マスク着用似非命令を無視している勇敢な人も少なくない。
そしたら似非警官どもが動き出し、私たちを一方に
押し出すような形で移動させ始めた。
そこでシュプレヒコールを上げる人々。

05SEP20 Melbourne Protest at the Shrine - 
豪州ヴィクトリアはメルボルンのプロテスト 1
https://youtube.com/watch?v=SmmfE_XBKJQ

大体このプロテストは、最初は(その時点で)レベル4 の規制が終わるとされて
いた9月13日に予定されていたのが、誰かが 5日に変えたのだと聞いたけど

2020年9月5日
5 + 9 + 2 + 2 = 18 = 6 6 6

なるほど!
おまけに、この前夜に撮った写真を見てもらうとわかるでしょうが
上は、月の周囲に見えている線=ケムトレイル。
で、その月自体は満月一歩手前
ドイツのプロテストでも工作員と思しき男を見かけたけど、メルボルンのも
組織する人間は一体誰なのか? 工作員が混じっていても不思議はない。

「恥知らずの会社員のくせに」どうこうと言いつつ撮った上の映像で
チラッと見えている階段の下の方に向けて人々が押されていくなかで
私だけ似非警官数人がやってきて、腕を掴まれて
「こっちに来い」と逆方向へ引っ張られていった。

この間の映像を撮っていなかったのは残念だが、相当長いこと立たされ
待たされたままで、その内に、別の参加者をいじめているスキン・ヘッドの
似非警官を待たされているらしいと判明。

しかしそっちも全然終わらずで、遂に別の似非警官が担当することになって
そのあたりでやっとわかったが、要するに似非罰金を科すのだと。

そこからまた長々やり取りがあって、その間も私は手にしたプラカードのみならず
しょっていたリュックに入れてあったフォルダーを取り出して、奴等に<政府>
以下、奴等の売国詐欺会社も含めて、みんな嘘であることを
見せつけていました。

私の横に立っていた似非警官一人だけが、そのあたりの事情を
知っている風で、私に対して非常にやさしいというか、丁寧な感じで対応して
くれていたが。周囲が皆邪悪なメイソン超ドアホな連中ゆえ、そうしたことを
言及などはしなかった。で、出された似非罰金
まずはきったねぇ字!!と思ったのですけど、法外な 1,652ドル払えってさ。
誰が払うかよ!!

事実私は一切、犯罪は犯していない。
奴等が使う用語はoffence 違反であり、この offenceという表現自体
たとえば、人の気を損ねるような言動にも使われる単語ですから
私はいつも「似非警官のご機嫌を損ねただけで科される」
ものと解釈している。

で、そのoffence 違反に関する情報欄には

プラカードを持ってプロテストにいた
ですよ。
呆れ果てまくり!!
ですね。

ここまでで結構な時間を無駄に使わされたので、プロテスト参加者が一体
どこへ行ったのかわからず。おまけに似非警官どもに
「こっちの芝生を降りて去れ!」と似非命令されて
仕方ないのでとりあえず丘を降りて行ったら、私の車を停めた場所と反対側に
たくさん似非警察の車両が止めてあった。
人々の税金・似非罰金等々でボリまくり、盗み取ったお金で
自分たちの車両はガンガン新しいの、作ってきてるからねぇ。

05SEP20 Melbourne Protest at the Shrine - 
豪州ヴィクトリアはメルボルンのプロテスト 2
https://youtube.com/watch?v=qtUFIIFDCNE

昔はメイソン・ブルーと白のチェッカーが車体にも使われていたのに
近年奴等の制服も、こうした車両も色がこんな風に濃くなったのですが
前述の 55ページの文書を作った仲間によると、それは奴等の邪悪さ加減が
より ひどくなった
ことを表しているのだとか。

このあと遅れてやって来た参加者男性一人と結構長いこと立ち話をしてから
更に芝生を降りていったら、SBSという放送局の人間 3人に出くわした。
男二人は少し離れて立っていたが、話しかけたらマイクを持った女性が興味を
示して、私をインタビューし始めた。

05SEP20 Melbourne - Did SBS report this interview Feelie had with me!?
SBSの記者と話したが…

https://youtube.com/watch?v=4dKFmYdfeoQ

それで、先の似非罰金を私に科した似非警官たちにやったと同様に、持参した
フォルダーに入っている政府は会社詐欺の証拠を色々見せて説明しました。

女性記者の名前は「フィーリー」だったが、その名を聞いたときには向こうに
立っていた男の一人が “No, no!” = 言うな、答えるなと言っている。
彼等売国メディアがこうした事実、真相を書くわけはないが、
メディアはどのように嘘をついているのか? 
奴等は、単に あなた方が事実を調べないことを知っている 
(大多数は、ね)

言うだけ言って、いつも言ってるが、腐敗した組織のなかにも善人はいるので
本当の情報を提供し、考えさせることは必須です。

そこから道路を渡って歩道を歩いていたときに別の「遅れて来た参加者」数名
と出くわし、ウチよりも優に一時間は余計にかかる町からやってきた人たちで
そこに、参加した別の人々も混じって皆で立ち話をしました。
似非警官どもは、こうして立ち話をすることすら許さない姿勢を
見せ続けていたが、このときは周辺にいなかったのか、相当話し続けていた。

これら以外にも、当日の参加者や、参加するつもりで出かけてきた人々と話し
ましたが、全員政府は会社詐欺を知っていたし、奴等の似非法律が無効なことも
理解していたうえに、トランプも単なる役者で、その詐欺システム(政府)を
守っている
ことをもわかっていた。

殊に嬉しかったのは、20代はじめと思しき若い男性と話していて、私が解決策
として、「システム自体が詐欺だから、この<政府>というシステムを排除
しなければいけない
」と言ったときに、それも ちゃんと理解したこと。

丁度、フッ素の嘘(「歯にいい」は嘘で、実は猛毒)と同様に
皆が生まれる前から、この詐欺システムが存在し続けてきたので
皆、これが「唯一のやり方だ」と(明確に認識しないながらも)信じ込んでいる。

数年に一度の選挙に出かけて、言われた通りに投票することが
「自分の政治的責任を果たす行為だ」と信じ込んでいる。
実は、それによって
自らの持てる力を
他人に渡している

だけなのに!

だからこそ、奴等は強大な権力を持って、我々に対する無数の犯罪を犯し続ける
ことが可能になるのです。今のヴィクトリア州のように。


これが理解できないと=その詐欺システムを使い続けていたら
絶対に、人々のための、真の正義が行われる世の中は来ないのです。
だからこそ奴等は、たとえばツァー、ロシア皇帝を亡き者にして
<政府>という詐欺システムを導入してきた。それに加えて近代では
政府は会社詐欺が横行している、というのが我々の現実。

とにかく若者のなかにも、しっかり真実が見える人間を増やしておかないとね。
私たちが、この世をまともにするという任務を完遂出来なかったときに
次世代のなかに覚醒した人間がいないと困るから。

英語のブログにも書いたけど、私たちが今本当に必要なのは
プロテストではなく
(平和的)
革命なのです。

ここまで書いたら、どういう訳かコンピューターが固まって
立ち上げ直さないといけなくなりました。

長々立ち話のあと、また歩き続けていたら、こんなビルが
3 + 1 + 2 = 6
“GARDEN”? 随分昔にも、この辺からそう遠くない地域に “Eden” と大書された
ビルがあるのを写真に撮ってお見せしたことがあるが、それ関連かと。

今探しても出てこないが、確かその写真には “Eden”と”ISIS”と大書されたビルが
隣接して立っていたと思う。おまけに、これらもずっと以前お見せしたけど
フクロウと、円錐形だがピラミッド。そしてそのピラミッドは確か
黒川紀章のデザインだと、どこかで見かけた。
その後フクロウには、宣伝がついて 目が出来たし
他にも、こんなビルや
こんなビルがある。
空には当然、いつもケムトレイルが撒かれまくりだし。こんな形のもあった。
名前を忘れたけど、何年か前には高層ビルも立って、あれがオベリスク。
ウェスト・ゲイト・ブリッジを支える 2本の柱がヤヒン(ヤキン)とボアズ
いった具合で、非常に気持ちの悪い街だと思っていたけど、それが今の事態を
予言していたようなものだな、と。

5日の話に戻るが、6人位いたと思う、自転車に乗った似非警官が私の横を通り過ぎて
行ったので振り返ったら、似非パトカーも停車して例のメイソン・ロス茶ライトを つけて、私が少し前まで話をしていた人々をいじめていた。

青信号のすぐ下にいる似非パトカー。ライトの点滅は写真では見えない。
上のいじめを(私同様免れた)参加者たちから「プロテストは場所をアルバート・
パークへと移動してやっている」と聞いたので、そっちに行こうかと思ったが
結構な疲れとトイレ休憩も必要だったうえに他に出向くところもあって
この日の私の抗議行動はそこで終わりにしました。場所を変えてやっていた人々
のなかから、私同様の似非罰金や似非逮捕をされた人間が出たのは予測通り。

後日報道を見たけど、SBSは当然私のインタビューを使わなかったし
どこもプロテスト側を「陰謀論者」と決めつけた売国報道のみ。
おまけに、写真に撮って多くの目に晒すプラカードは極めて普通の
上のなんか、「子供を救え」がロックダウン反対のプロテストに適当か?
とも思ううえ、この記事ではこれを3度も見せている。
下手すると、クライシス・アクトレスじゃないかと思う。
下のは まだ「アンドリューズ 警察国家」と書かれているけど
私のに比べたら、こんなの多くに見られたって、どうってことはない。
写真が相当数あるから、興味のある方は開けて見て↓

Freedom Day Protest Melbourne
September 5, 2020 — 6.07pm
https://www.theage.com.au/national/victoria/freedom-day-protest-melbourne-20200905-h1qj2v.html

アルジャジーラの記事には
これを読めてるあなたは家にいない。
何故だ??


Melbourne anti-coronavirus lockdown protest turns violent: Live
by Umut Uras
05 Sep 2020 23:45 GMT
https://www.aljazeera.com/news/2020/09/coronavirus-model-forecasts-19-million-deaths-2020-live-200905003313705.html

という非常に不快な、街の中心部に掲げられた看板が載っていました。
下はロシア・トゥデイの記事
Melbourne police clash with anti-lockdown protesters as hundreds gather for ‘Freedom Day’ rally in Australia
5 Sep, 2020 02:18
https://www.rt.com/news/499920-melbourne-anti-lockdown-protesters-clashes/

何度も、何度も「(また)3,000人募集中!」と、ドンドン似非警官を増やし
続けていたのは、このパンデミックの大嘘芝居のためだったって
前にも書いたし、何度か奴等は「最後の筆を入れている」とも書いたが
こんな形で、しかも大多数がいともたやすく騙されまくって暴政が実現する
とは、誰も思わなかったんじゃない?

如何に「恐怖で人心を操る」ことが可能だろうと、ここまで嘘を平気で
信じ込む人間が世界中にいたなんて、そっちに驚愕!!です。
#言っても、しょうがないけど

とにかく以上が 5日で、その次の週末にもプロテストがあると聞き、同じ場所に
12日も出かけて行きました。途中の検問を避けて、最近知り合った仲間と現地で
合流して、また Shrineの丘を登ってみたけど、前回より(参加者の)人気(ひとけ)
全然なくて、似非警官だらけ!
私のプラカードはすぐ目につくから、すぐさま数名がやってきて
似非尋問。仲間(男性)は冷静に対処。
彼は根性で、マスクもつけてないし(喘息等の人は免除という規定を利用して)
色々な事実を訴えていたが、後日似非罰金が送られる予定。

私はブログに書き綴ってきたとおり、奴等似非警官には散々な目に
遭わされ続け、泥棒されまくり&不当逮捕等々あるので、極めて敵意を持ちつつ
前回同様、「自分の国を破壊し、自分の子供の将来も破壊している売国奴が!!
という調子で相手していたけど、住所・氏名等をメモられただけで おしまい。

この仲間によると、すでに罰金を出されているから重複して出さないんだと。
重複して出してしまうと、片方(か、両方?)が無効になるって。
そんな規定があったとしても、いつでも平気で変更する輩ですけどね。
#と思ったとおり、仲間同様またもや似非罰金が郵送されてきた!強欲!!

どちらかといえば穏便なやり取りのあと 彼が「社の周囲を回っていいか」と
訊ねて、それなりのOKを貰って歩き始め、少し先に行ったら別の似非警官
グループが我々を いじめ始めて、なんと
私のプラカードを
盗んだ!!

FAKE Police officers are THIEVES!! 似非ポリ公こそ、泥棒だ!!
https://www.youtube.com/watch?v=VtQHCF31t6U

奴等が泥棒だ!!と、長年の経験から知ってはいるものの
これには実にうんざり!!しました。
先週作ったばっかりですよ、先週!! 約20ドルもして+ガソリン使って。
どんなまともな理由があるというのか!!
私のプラカードを力づくで奪った(3~4人?)の内の一人が丘を登っていく↑

撮り忘れたけど、上の映像のあと奴等に向かって
邪悪なフリーメイソン泥棒!!」と叫んでやった。
このとき私は聞こえていなかったのですが、奪った奴等以外のなかの一人が
私の仲間に「あとで署に取りに来ればいい」と言っていた。

帰宅したあと、これを見てそれを知ったので、仲間に確認したら
どの似非警察署かがわかったので、電話をしたら これまた悲惨で
プロテストに参加しようとした人間であることが判明した時点でまともな対応が
掻き消え、「ここにそんなプラカードはないし、取りに来たら逮捕するぞ!!」
と怒鳴りつけて、名前を聞こうと思った私を無視してガチャン!と切った。

もう本当にメチャクチャです。
何度も出してるとおり、’ヴィクトリア警察’は会社ですけどね。
こっちの車体、下の方にはまだメイソン・ブルーと白のチェッカーが見える。
Inverted star 逆さまになった星にも注目。
本来は公的な場所なはずなのに、似非警官の一人は仲間に
ここは私的な空間だから(出て行け)」と言った由。
調べてないけど、この社も<会社>かもね。
そして私は全然知らされていなかったけれど、その翌日 13日にもまたプロテスト
があって、直前まで似非警察はその場所を知らなかったみたいだったと
事後に聞きました。その場所は、クィーン・ヴィクトリア・マーケット。

この日も相当数の似非警官が暴動対処用のギアをつけて出動していて
現地に着くのが(場所が中々判明しなかったから)遅かったという仲間は
マーケットの中まで(所謂)機動隊が突入して何十人も逮捕したので
普通の買い物客も巻き込まれたのではないかという有様だったと。
似非罰金を科されたは100人以上だったかと。
超理不尽な 1,652ドルですから、皆がおとなしく払ったら、それだけで
相当結構な収入ですよ、この売国詐欺会社にとって。
#多くは私同様、支払い拒否しているようだが

売国メディアは実に裏切り者!!ですけど、ネットで(確かこのリンク)
https://www.instagram.com/p/CFFmZOnAeBr/
これはプロテストではなかったと思うが、似非警官が非常に暴力的に男性を
押さえ込んでいる映像が出回って、他にも人の家に突入して暴行を働いた件が
あって、それらの似非警官が処罰されるという報道もあったけど
“suspended with full payment” =停職処分だが、給料は全額出ているという
記述を見て、私はまた呆れまくり!!

<パンデミックの大嘘> 引き続き 悪夢状態のヴィクトリアで 独立を目指す人々や、反マスクのプロテスト!!腐った似非警察はまたも逮捕や罰金。しかし希望の動きが…
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/08/blog-post_10.html

のなかで言及したフラッキングに反対して行動してきた女性が、パンデミックの
嘘を信じ切っていた
件、覚えてますか?
戦闘の必要はありませんよ。ただマスクをしている連中に
「マスクをつけない奴等が皆を殺そうとしている」と
信じ込ませればいいのです


12日のプロテストで一緒にいた仲間によると、ここヴィクトリア州は豪州のなかで
一番共産(社会)主義者や左派が多い州なのだそう。
#まとめてcollectivism 集産主義

その仲間も言っていたが、独裁者アンドリューズはフラッキングを止めたので
それに反対していた人々(彼女のような)が奴に好感情を持ったのです。
#それと同じことを、トランプはやっているわけだが=感情で操る

だからこそ今回のこの
壮大な詐欺芝居の舞台として、ここが選ばれたのだと。
そういえば、昔ともだちだったカップル(結婚していなかった。近年別居)も
9/11も温暖化詐欺も全然理解しなかったから、この騒ぎでも完全に騙されている
だろうと思ったことです。

そして独裁者ダニエル・アンドリューズは国家の似非首相モリソンを差し置いて
中国と色々取り引きを結び、ベルト&ロードと呼ばれるものではこの州が中国
共産党(CCP)から借金をして州内の道路工事をするとか、
上は去年 3月22日のメルボルン周辺における道路工事の地図だが
(ずっと前からそこら中で道路工事ばっかりやっている!!)
下は今年 8月29日の道路工事地図。
確実に増加したことが見て取れる。

他にも、証拠は見てないが、夜中にメルボルンの空港にどこのとも知れぬ航空機が
着陸して何かやっている=多分中国から5Gアンテナ等を山と購入して
あちこちに配備しているのだろうと思われるが(航空機はイスラエル?からも来てる
という説も聞いた)、それ以外にも、この不当なロックダウンを続けるために
仕事を失った人々等への補償金支払いのために、CCPから巨額の借金をするとか、
もう本当にメチャクチャの極致!!状態です。
皆さん、新世界秩序 半年の無料お試し期間を
楽しんでいらっしゃいますか?

「あと3週間で終わりますよ、お約束します」
(それ以前の 2025年までに、ここ豪州だけで100万人殺す気なんだが)
僕等は「警告されなかった」とは言えない
ジョージ・オーウェル「言っただろ」


ハイドロキシクロロキン(ヒドロ~。略:HCQ)のことは前にも書いたけど

アメリカで医師団が訴えた廉価で、ちゃんと機能する治癒薬
副作用も、ほとんどない

Whitecoat Medical Summit
sentinel
https://www.bitchute.com/video/HeC0tHZDX7dk/


これを、お金持ちのクライヴ・パーマーが 3,290万服分購入して、
オーストラリア人を治せるようにと(そこが間違いだったが)売国詐欺政府
寄付をした。
で、売国奴が何をしたかというと、これの処方を禁止した!!
これが 3月24日のこと。
そこまでの死亡者数はたったの 8人だったのに、

本当の死因は不明だし、大半が 80、90歳代の老人だが
死者数が上昇していったのですよ!!
これだけでも、異常・邪悪な犯罪なのに多くの国民は全然知らない!!

これを訴えていた動画は最後に、「これを変えられるのは政治家だけ」と
超アホな解決案を出していたが、こうした無数の犯罪を展開し続けている売国詐欺
犯罪者が事態を変えるはずがない。
だから我々がもっと多くを叩き起こして、奴等を全員牢屋にぶち込むしかない
のだけど
脳なしゾンビと化した大多数は、我々が現在無数の権利や
自由を奪われている現実すら知覚していない!!
どこまでアホにされた!??

SNSで英語圏の人々とも繋がっている方は、是非上の画像(羊以外の 5枚)を保存
して、ネットに載せてください。

おっと、ここで仲間から情報が。
今日もメルボルンでプロテストをやっていたと。
私は足もあるけど(立っていたり、歩くと 5分もしない内に痛くなる)
知らなかったので行けなかったけど、400人位は来た由。
明日もあるようだが、時間や場所はまだ不明。
サイコパスの独裁者アンドリューズは、ロックダウンに反対するプロテストの
参加者や、その家族まで有無を言わさず逮捕するのを可能にする法律を作ろうと
している。

アンティーファや、Black Lives Matter(両方ともソロス関連のヤラセ)や、
温暖化(を心配する馬鹿ども)のプロテスト参加者は逮捕したりしないのにね!!

また夜間外出禁止令は根拠がなく、無効だと主張する
Queen's Counsel ー高位の弁護士も現れて、「皆、無視していい」と言ってくれたが
まだメルボルン周辺で(今の処)10月下旬まで続く。
Top QC says Dictator Dan's curfew is 'invalid' and Melburnians should ignore it - as bizarre reason Victorian government knocked back army help with hotel quarantine is revealed
By Isabelle Stackpool For Daily Mail Australia
Published: 02:04 AEST, 12 September 2020 | Updated: 19:59 AEST, 12 September 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8722847/Top-QC-says-Dictator-Dans-coronavirus-curfew-invalid-Melburnians-ignore-it.html

これすら知らない国民・州民(脳なしゾンビ!!)が大多数だと思う。

最後、表題に書いちゃったので、もう相当長いけど端的に。
多分、15年前後以前に作ってアップした私の 9/11の歌(英語)が削除 されました。
ついでに書くけど、ブロガーの今日の妨害はアップした画像の大きさ
希望の大きさより小さい。ひとつ大きくすると、バカでかくなって表示が
おかしくなる。
#よく やるよ!!(怒)

September 11th was an Inside Job!
https://www.youtube.com/watch?v=BqLgn3R4d5I

何で、今頃!??
言える方は、文句言ってください。
#自分が叩かれたら嫌だから、誰もやらないだろうが

まぁ、これで私も Bitchute あたりにチャンネルを作らなきゃいけないんだろうが
本当にあちこち やられまくりですよ。

日本も売国奴 安倍がやめて、菅が似非首相になったけど、毎日新聞の世論調査で
(期待するもの)「新型コロナウイルス対策」との回答は21%だった
と出ていたのを見たから、それが大嘘パンデミックへの対処に力を入れる
という意味なのか?? 
安倍内閣では、医療検査体制への不安や布マスクの配布などで批判を受け、支持率低下を招いた。首相は新型コロナ対策を最優先課題に掲げ、「感染拡大防止と経済活動との両立」を引き続き目指しており、今後の対応が焦点となる
 
まぁ、国民が要求してるみたいに書いて、奴等のアジェンダを進めるだけかも?
コロナは一応収束したみたいだと、日本のメル友さんは書いていましたが
ワクチンも購入手配したわけだから、日本も今後まだまだ わかりませんよ。

ということで、皆さんも例によって情報拡散と

<政府は会社>売国詐欺
http://insidejobjp.blogspot.com/2012/12/blog-post.html
これを逆用して奴等を倒すことを目指してください。
私が 8年余も闘い続けている事実も
https://insidejobjp.blogspot.com/2018/04/blog-post.html
多くに知らせ、いつものシークレット

イルミナティは
自滅した。多くが完全に
目覚めたので
全部ひっくり返って
まともな世の中に
なった。やったね、
ありがとう!!

(上は、最近の私が言ってるヴァージョン)
【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
これを毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて
言って&広めてください。

上のでも まだ長過ぎる!!と思う方は、超・短縮型
イルミナティは自滅し
まともな世の中になった。やったね、
ありがとう!!

だけでもいいですから、毎日 何度でも連呼し、
事実の拡散を大マジで続けて多くを緊急に叩き起こし、反撃を!!


応援の★クリック、よろしく!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

8 comments:

  1. 悪魔崇拝 ニュー・ワールド・オーダー の邪悪な世界人類服従計画
    「ロックフェラー ロック・ステップ計画 2010」

    ○主たるシナリオ:自然発生- 中国が開発していたウィルスが事故的に漏れてしまった。
    ○最終的な戦争ゲームとして現実社会のエクササイズとしてワクチンをリリースし、
    タイムラインの予測と成果を見ていく。
    ○控えめに人間から人間と感染させる事を出来るだけ長く持続させ ウィルスを世界的に蔓延させる。
    ○各国がロックダウンする前に、初期の感染が十分に広がる様にする。
    ○ロックダウンが起きたら、国内でウィルスが広がる事を持続させる。
    ○大衆を出来るだけ長い間隔離させ、経済を崩壊させる。
    ○市民を不安に陥らせ、フードチェーンを崩壊させ、深刻な食糧危機も作る。
    ○2020年6月に一度、ロックダウンを解除し、数週間解放する。
    8月、9月でまた死者数を誇張させ報道する。他の病死でも出来るだけコロナが死因と報告させる。
    10月,11月には第二の波が到来。
    隔離を更に強化し、違反者には罰金が課せられる。
    ○軍による大衆への監視を強化。
    ○ロックダウンにより世界的に経済を崩壊させ、食糧難を発生させる。
    ○食料・水・住まいも武器となる。
    基本的に我々がやりたい方向に動けば、それらを得られる様にする。
    従わないと必需品が得られず罰則を受ける。従えば得られる。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      基本的にそんな感じですが、

      >人間から人間と感染させる事を

      感染症、病原菌という考え方は嘘です。
      前にも書いてると思うし、子宮頸癌毒ワクチンを追う過程ではっきり
      してきた事実です。=様々な身体的&精神的(と言われる)問題は
      各種の毒が引き起こしている。よって、すべてのワクチンは毒であり
      西洋医学で売る薬や治療も毒です。

      そこをちゃんと認識しないと、対処を誤って
      ディトックスという正しい答えにたどり着けずに
      いつまでも治らない・治れない被害者が多々出ている現実を
      理解できません。

      コメント、ありがとうございました。(^^)

      Delete
  2. This comment has been removed by a blog administrator.

    ReplyDelete
  3. Nice post! This is a very nice blog that I will definitively come back to more times this year! Thanks for informative post.# @ Packers and Movers Kolkata

    ReplyDelete
  4. Hire Best Packers And Movers Mumbai for hassle-free Household Shifting, ***Office Relocation, ###Car Transporation, Loading Unloading, packing Unpacking at affordable Price Quotation. Top Rated, Safe and Secure Service Providers who can help you with 24x7 and make sure a Untroubled Relocation Services at Cheapest/Lowest Rate @ Packers and Movers mumbai

    ReplyDelete
  5. Packers and Movers Chennai list, Cheap Best Packers Movers Chennai Charges, Local, Affordable Household Shifting Chennai @ Packers And Movers Chennai

    ReplyDelete
  6. Local Packers and Movers Bangalore List, Get Best Price Quotes, Compare Movers and packers Charges, Top, Local Household Shifting Services @ Packers And Movers Bangalore

    ReplyDelete