Wednesday, October 7, 2020

<パンデミックの大嘘> 日本の友人への警告手紙&日本(似非政府)も2018年にCOVID-19(=2019年開始)用のテスト・キットを 13億米ドル近く購入していた!!& 脳の、最も敏感な松果体が攻撃されている!!

色々な動きが次々出ているけど、書いてる間がなくて。
というか、日本よりもっとひどくなっている豪州めがけて英語版の方を出している。
しかも今、字数超えていないのに「タグが多過ぎ」と出てアップさせてくれないし。

ベルリンでのプロテスト、8月に2度、先月もやってロバート・F・ケネディーJr.も
駆けつけていたし、ロンドンでも先月下旬に相当な規模のプロテストがまたあって、
以前紹介した医師たちのグループを立ち上げたハイコ・シャーニング医師
コロナのパニックは芝居です。ペテン、詐欺なんです。
もう、我々が世界的な犯罪のただなかにいると理解すべきときです


参照:
<パンデミックの大嘘> 引き続き 悪夢状態のヴィクトリアで 独立を目指す人々や、反マスクのプロテスト!!腐った似非警察はまたも逮捕や罰金。しかし希望の動きが…
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/08/blog-post_10.html

(「シャー」の音は、英語の ”shirt”(シャツ) の発音で、ちょっとこもった感じの
「シャー」)も参加し、英国の似非警官どもに不当逮捕され、

Heiko Schöning, M.D. arrested unlawful at Speakers Corner London 26.09.2020, Interview on English https://www.youtube.com/watch?v=AefvRNm0K1I
22時間も拘留されて携帯などを没収されたと言っていた。でも彼等のグループはすでに
1,000人以上が加わっていて、ある仲間によると、3,000人以上いるんじゃないかと。

日本でも、売国奴安倍のあとを継いだ売国似非首相菅が、コロナのワクチンを
国民に無料で打つと宣言したけど、
コロナワクチン無料接種へ 全国民対象、国費6700億円超 政府方針
9/30(水) 16:39配信 時事通信
自己負担を求めず全国民を無料とする方針を固めた
https://news.yahoo.co.jp/articles/2138af1f35a286d64c663f2167d1fff5ee39bead

「無料」じゃないの、わかりますよね。
みんなが騙されて売国詐欺会社に盗み取られている(似非)税金から出す
#国費6700億円超で、毒を買う!!

購入の契約を結んだの、アストラゼネカのワクチンだった?
アストラゼネカといえば、毒のカクテル子宮頸癌ワクチン関連、
いくつも出した記事の中の

出来レースだったノーベル賞
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/05/blog-post_14.html

で、同ワクチンに使われた成分を開発した会社と紹介したことがある。
おまけに同社とオックスフォード大が共同で開発、治験をやっていたが、
治験のボランティアが副作用で倒れて同社の株価が急落、ワクチン開発も
中止したという記事が先月初めに出ていたし、
https://www.zerohedge.com/medical/astrazeneca-shares-plunge-covid-vaccine-study-put-hold-due-adverse-reaction
https://www.cnn.com/2020/09/08/health/coronavirus-vaccine-astrazeneca-pause/index.html

先月20日付けでは

Hal Turner Radio Show
”They've Killed God; I Can't Feel God; My Soul Is Dead" AstraZeneca Halts COVID-19 Vaccine Trials after Second Volunteer "Develops Neurological problems"
アストラゼネカ、COVID-19ワクチンの治験を中止。二人目のボランティア
神経(精神的)に問題を生じ「奴等は神を殺した!神を感じられない~」と

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/they-ve-killed-god-i-can-t-feel-god-my-soul-is-dead-astrazeneca-halts-covid-19-vaccine-trials-after-second-volunteer-develops-neurological-problems

おかしくしちゃったみたい。
こうした報告が多くに伝えられたらいいのですが、大多数は知らないだろう。

以前、モダーナの治験ボランティアで、私の記事で紹介した男性を
「クライシス・アクターかも」と書いたが、その後ロバート・F・ケネディーJr.が、
「健康そのものだったのに、ワクチン打たれて ひどく調子が悪くなった」
と書いていたのを見ました。ホラ見ろ、言わんこっちゃない!!

子宮頸癌ワクチンだって、過去に書いたけど 治験中に男子を一人殺していたが
平気で売り出して、今も売・打ってるんだからコロナのも同様です。
ということは、確か前回記事で触れたように日本もこれから またケムで毒の
人造ウィルス撒いて騒ぎ立て、ワクチンを強制的な方向に持っていく可能性がある。

そう考えたら、日本の友人たちに知らせ、警告しなきゃ!!と思って
手紙を書きました。これから出すんだけど、それをこちらでも紹介して
皆さんがご友人等に警告するために使ってもらえたら、と思います。

アドレス帳見ながらちょっと数えただけで40人近くになってしまったのですが
相当な長さになってしまったので、航空便で郵送料がいくらかかるか?
それによって送る相手も厳選して減らすか?などと考え中。まず住所変更がないと
思われる人や、「ネットで見て!」と書いても見てくれない可能性が高い人を
優先して送ろうか、とか色々考えていますが、そこから漏れた方にも短い手紙を
別途書いて送ろうと思っています。事態は実にヤバい!!からね。

この手紙を書いたあとに得た情報ですが、なんとWHOは12年前に「パンデミック」
というものの定義を勝手に変えていた!!

’世界的に見られる’疾患なだけで、重篤な疾患である必要もない云々。
それで2009年から(根本の’病原菌説’から嘘だけど)似非パンデミック騒ぎを
起こしていたという次第です。

手紙では太字強調などもしていませんが、ここでは多少入れます。
手紙に入れてない画像もいくつか入れます。では、コピペ開始。
==========================================

皆さま、

大変おひさしぶりです。お元気でしょうか?
ニューヨークに転勤していた頃、手書きの手紙をコピーして送っていたことがありましたが、今回も同じ内容を多くの方々に知らせたいので、所謂ワープロを使ってこれを書きます。個別に書かない無礼をお許しください。

すでに住所が変わっていて、届かない方がいるかもしれませんが
なるべく全員に無事届くことを祈りつつ。
相当な不快感を生じさせるかもしれない内容ですが、なんとかオープン・マインドで「そういうこともあり得るかも」という考えを持って、最後までお読み戴きたい。

多くはご存知と思いますが、私は 2001年9月11日に起きた’同時多発テロ’と呼ばれる極悪犯罪がヤラセであった事実をつかんで以来、これまで私たちが完全に信じ込まされてきた無数の嘘を暴いて、ブログに書いてきました。

同時多発テロはヤラセだよ!
https://insidejobjp.blogspot.com/

巷では、こうした本当の解釈を「陰謀論」と呼び、私のような人間を「陰謀論者」と決めつけて否定しますが、その表現自体が、JFK、ケネディー大統領を暗殺した側であるCIAが作り出したもので(CIAの内部告発者による)、戦中戦後のアメリカに於ける「赤狩り」同様のレッテル貼りに過ぎません。

当時はかのチャップリンまで「赤」=共産主義者と呼ばれ、彼はアメリカを去ることになったのですが、「一人を殺せば殺人犯だが、何千人殺すと英雄と言われる」といった趣旨を持った作品を作って、多くに考えさせようとしたので非難され、追放されたのです。つまり、真実を語る者たちを「陰謀論者」と呼んで「何やら、怪しげな嘘を言っている人間だ」と多くに思わせ、様々な事実を調べもせず、そうした人間や、彼等が指摘・主張する事実を見ないように仕向ける目的で作られた呼称なのです。

加えて、多くの人々は醜い真実など見たくない。

日本でも先頃遂に水道水に入れられたフッ素は猛毒で、多くの国々で国民を愚民化するため(IQを下げて、バカにする。最近、 米最高裁で戦っているフッ素・アクション・ネットワークという団体の医師の弁:「コップ一杯のフッ素化された水道水を飲むだけでIQは下がる」)の手段です。癌等々の病気を増加させる(毒だから)手段でもあるが。ディーン・バーク医師の主張を知ってほしい。
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/07/blog-post.html

ついでに書いておくと、現代医学詐欺の極致とも言えるのが「脳死」

<脳死>は医学的な作り話!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2019/12/blog-post_9.html

フッ素に戻るが、ここ豪州はずっと前からフッ素化されているので、今、ここヴィクトリアは世界でも最悪の(似非)警察国家化しているのに、とんでもない暴政が敷かれている事実すら全然見えずに騙され続ける人間が非常に多い。脳がちゃんと機能していないとしか思えない、TVの言うことを鵜呑みにして「自分の頭で考えられない」人間がとても多いです。そちらの方が(大嘘の)コロナなんぞより、よっぽど恐ろしい現実。

この愚民化は豪州のみならず、無数の国々で色々な手段を使ってなされてきたので、メディアも使ってこの「コロナ」に対する恐怖心を煽り続けている極悪犯罪者たちにとって非常に好都合な世界になっています。

こうしたことを「これまで考えたこともなかった」という方がいたら、売国駄目ディア(メディア)が言う通りに私を「キチガイ陰謀論者だ!」と思って終わりかもしれませんが、この際 私がどう思われるかなど 構っていられない状況になっているので、これをしたためています。

端的に言って、今世界で展開中のコロナ、パンデミック騒ぎは全部嘘です。
奴等はこれまでにも、鳥インフルや豚インフルで「パンデミックだ!」と騒いで、
今と同じような事態を引き起こそうとしてきたのですが、成功しなかった。

多くは知らないが、それに対して作られたワクチンの方がよっぽど毒で、受けた人々を殺したり傷つけたが、売国メディアはそんな報道は出さない。代わりに今回のパンデミック芝居では、そうした売国メディアを通じて世界的、大々的に恐怖を煽ったので、このような事態になったのです。

最初に出てきた武漢やクルーズ船は今世界中で配備(軍事用語ですが、軍の兵器なので当然の表現)されている 5G だらけ(船には衛星など、空から)だったうえに、それらとは何の接点もない場所が次々「クラスター」を発生させてきたのは、奴等極悪犯罪者たちの気象兵器(ケムトレイル、HAARP等)を使って、空からこの人造ウィルスをバラ撒いた成果です。

家のそばにある老人ホームを目掛けたらしいヘリコプターが撒いていた毒物を私も吸わされて、このコロナと思しき症状を 経験しています。
アップル・サイダー・ヴィネガーで対処しましたが(ブログ記事あり)。

私の友人で米軍少佐のダグ・ロッキー博士は、この騒ぎの初期にメールで
「コロナは新しいものではなく、軍の生物兵器と分類される」と教えてくれました。
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/03/blog-post_29.html
要するに、空から「ウィルス」と称される毒を撒いているうえに、WiFi(無線LAN)やスマート・メーターと同じ2.4GHz(ギガヘルツ)に始まり、90GHz程度までを出すこの脅威の電磁波兵器である5G は、60GHzを出すときに酸素を変えてしまう。これは日本人科学者の研究でも出ていますが、我々の生存に不可欠な酸素を変えてしまうので、急激な酸欠で倒れ、死亡した人が出たのは当然のことだったのです。(原因は 複合)

ドイツの医師も指摘していましたが、本当のパンデミックだったなら武漢のあとに中国各地に広まって~という事態になったはずなのに、中国からのニュースはそれでおしまい。そこだけ見ても、これが大きな嘘である事実が見えるはずです。

次に大々的に報道されたのがイタリアのベルガモですが、そこにも5Gが すでに配備されていたという説があり、これは私自身「事実」として確認していませんが、イタリアの医師(複数)が、死亡者の大多数は高齢者であったこと、ベルガモの大気汚染はひどいこと、死亡した人々には既往症があって(多くはふたつ以上)実は「何で死んだのか」も明らかにされていないのに、コロナで死んだことにされた事実に加えて、この出来事の前に大々的にインフルのワクチンを打つキャンペーンがあって、多くが打たされていたこと(インフルのワクチンを打っていると、コロナで死ぬ確率が高くなる。文献も出ている)等、報告しています。

更にドイツ人弁護士の動画では、死亡者の94%が(似非)政府のトンデモ政策で、入院患者だった老人たちを「コロナ患者が殺到するから」という理由で老人ホームに移動させたのが原因だったと説明している。しかも殺到するはずの患者は出ず(イタリアだけではないと思うが)倒産寸前の病院が多いとも述べている。

The Corona Fraud Scandal | International Lawyers Will Argue the Biggest Tort Case in World History
コロナ詐欺スキャンダル | 国際的な弁護士、世界史上最大の不法行為を語る

TruthComestoLight
https://www.bitchute.com/video/yGkh5b1m550j/


私がまだ現代医学詐欺に目覚めていない頃、当時の主治医から「打て」と言われて素直に打って=買って、慢性疲労症候群と花粉症にされたインフル・ワクチンは、他のワクチン同様、「病気を予防する」という邪悪な嘘で売られている毒に他なりません。

ルイ・パスツールが広めた”germ theory” 「病原菌」=「ウィルスやバクテリアが病気の原因だ」自体が嘘だったことを訴える(本当に患者のことを考える、私の父のような)医師は増えています。
’病原菌’説は「ワクチンを打てばいい」
環境の影響だとする考え方だと「タンクの水をきれいにしよう」


過去、多くに知られていない重金属毒問題を知ったあとですが、ポリオの本当の原因も重金属毒や殺虫剤だったこともブログに書いています。

アメリカからは、ミネソタ州の上院議員で医師であるスコット・ジェンセンが、CDC(Centers for Disease Control and Prevention、疾病管理予防センター。実は<会社>)が指導書を出しており、病院で新たな入院患者が「コロナだ」と言えば 13,000ドル、そこで人工呼吸器を使うと、その 3倍の 39,000ドルが貰えるので、多くの病院がそうやってコロナの数を増やしていると、そのCDCの(医療機関や医師に向けて出した)文書を公開して、内部告発してくれました。
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/04/fox-news-cdc-13000-39000.html
その人工呼吸器で、実は多くが殺されていることも判明しています。
上の画像はFOX NEWSですが、ニューヨークの病院のデータが、人工呼吸器にかけられたコロナ患者(と言われる人々)の、ほぼ10人中9人が死亡していたと報じている。

実は健康なのに、異常な欠陥品であるPCRテストで「陽性」とみなされた「無症状」の人々が人工呼吸器にかけられて殺されています。このテストは、それを開発した人間が「これはコロナを判定するテストではない」と公言し、これが世界中の多くの人々を「助けるため」と嘘をつきつつ、実は彼等を傷つけることに使われている事態を恥じている。
「科学者たちは世界を助けると言いつつ、とんでもない被害を与えている。私は同業者を攻撃するのは平気だ。それを恥じているから」

PCRテストの開発者ケイリー・バンクス・ミュリスは彼のテストはウィルスの診断に使われるべきではないと述べている。

では何故PCRはCOVID-19のテストに使われているのか?


更に、WHO等に対して懐疑的であったタンザニアの大統領が、ヤギやパパイヤから取ったサンプルを送ったところ「陽性だ」という回答が来たため、同国からWHO職員を追い出したという経緯もある。同様に、WHOを追い出しにかかったブルンジの大統領は殺されている。因みにこのWHOも、その親団体である国連も詐欺会社です。

加えてこのテストは、血液脳関門と呼ばれる 脳を囲んで様々な毒が脳に行かないようにしてくれているバリアを傷つけている可能性があるうえ
諸国の売国似非政府はこのテストで人々のDNAデータを採取して記録していると見られています。これは近い将来の、世界的に人類を完全に支配下に置くための準備。
#中国ではすでに、表だってやっていることだが。

すでに、マラリアの薬であったハイドロキシクロロキン(日本では、冒頭が「ヒドロ」。略称 HCQ)がコロナを治癒することがわかっていて、アメリカの医師(複数)が “Whitecoat Media Summit” という動画をアップして、この廉価で副作用もほとんどなく、治せる&予防出来る薬を世界に伝えたのですが、これをどこの売国政府も駄目ディアも全然言わないし、代わりに出されている「薬」と称される毒は高価で、とんでもない副作用を持つ代物。おまけにフェイスブックなど、極悪犯罪者が作ってきたSNSではHCQの事実を書くと、その投稿が消されて警告を受ける状況になっている。

ここオーストラリアでは、クライヴ・パーマーという企業家が自費でこのHCQを大量に(3,290万服分)自費購入し、彼の同胞であるオーストラリア人を救おうと、それを豪州連邦政府に寄付をしたが、その売国詐欺会社である豪州政府はなんと、その使用を禁止したため、数百人もの助かっていたかもしれない人々を殺してしまったのです。
#今も禁止されたままで、医師はその治癒出来る薬を処方すると途方もない似非罰金を喰らう。

こうした事実を多くは知らない。

何故かというと、世界中のメディアはホンの一握りの会社が所有しているので、9/11の真実をはじめとして、3/11以降の日本に於ける放射能問題ほか無数の事実が決して表に出ることがないようにされているからです。

おまけに、多くの報道が実は「クライシス・アクター」と呼ばれる俳優を雇って作られている。たとえばここ豪州では(似非)警察国家が現実化しているが、パンデミックの嘘に反対するプロテストをやろうとした女性(妊娠中)の自宅に(似非)警察官が入り込んで、小さな子供たちのいる前で逮捕されたという報道があったのですが、これもそうした俳優を使った芝居だったことが判明しています。そういう報道を出すことによって、売国似非政府の方針に従わない人間は「こんなにひどい目に遭うぞ!」と脅し、多くが従順になるように仕向ける効果を狙っている。「恐怖で人心を操る」構図です。

皆さんも耳にしたかもしれない、過去に起きた色々な事件、たとえばボストン・マラソンの爆弾事件とか、ここメルボルン中心部に於ける車の暴走で多くが死んだ話とか、そうしたヤラセ(偽旗とも言われる)でも上述のアクターが大活躍していました。それらの多くもブログに書いています。書きそびれているのは、数年前に千駄ヶ谷であった事件。何かの展示会場で「電球が原因で」火事になり、幼い息子が死んだという話は完全なヘボ芝居。毒のLEDを売る目的だったのか?と思ったことです。

ここで、上述の「売国詐欺会社」について説明をしますね。
2011年後半だったと思いますが、”What the FUQ? – Frequently Unanswered Question” (何、これ? しばしば答えてもらえない質問)という動画を観て、私は多くの国々の政府が、実は<会社>にされている事実を知りました。つまり奴等売国奴は巧妙に「政府」だの「警察」「裁判所」といった名称を詐称して各国国民を騙し、税金等々で盗みを働き、実は<会社>なのでなんらの権限を有しないにもかかわらず、大多数の国民が完全に騙され切っているのを最大限に活用し、長年にわたって無数の犯罪を国民相手に犯してきているのです。

ここ豪州の政府は何十年も前に<会社>にされていますが、日本政府は私が見た限りにおいて、売国奴小泉と竹中の時代に<会社>になっています。この根本的な詐欺事実を知らないと、パンデミックの大嘘を理解するのも容易ではないかもしれません。

売国奴小泉の「民営化」は日本政府を会社にすることだった!!
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2012/12/blog-post.html

これを知って、同時期にここの憲法や基本的な法律についても色々調べ、知った私は、本来法的に存在もしていないここの「地方政府」と呼ばれる<会社>に払う地方税にあたるものの支払い拒否を開始しました。「家を失うかもしれない」と思ったけれども、こんな腐敗し切った世界を、娘をはじめとする将来世代に残したくないからです。

加えて豪州憲法では、生活するうえで必要な水を適量入手する権利が絶対的に守られているのですが、これを適切な手続きも踏まずに売国奴たちが有料にしてきたので(有料ということは、入手するためにはお金を払わないといけないということで、その絶対的な権利が奪われたことになる)、これの支払い拒否も同時に開始しました。

私の側の証拠、地方政府等々が実は<会社>である証拠や、水道代を取ることを可能にした似非法律が憲法違反であり、<政府は会社>なので法律を作る権限もない事実を提示し、「反証を見せろ」と要求し続けたのですが、8年半以上経っても何らの反証提示もない。相手は地方政府と呼ばれる<会社>自体や、その弁護士事務所や水道会社にとどまらず、裁判所と呼ばれる<会社>。その後は似非警察や似非地方政府が出す似非罰金に対する闘いも加わって同じ要求を奴等に突きつけて来ましたが、どこの誰も、何らの反証を提示出来ない。つまりこの極悪詐欺が我々の現実である事実を、私は完全に立証しました。

日本も同じ事態です。私の母校の小学校や高校まで(公立)、Dun & Bradstreet という、会社情報を投資家に提供する(売る)サイトの<会社検索>で出てきました。我々の国や世界に「公的機関」は一切、存在していません。

かように、売国詐欺犯罪者相手にガチに闘っている私に、奴等は一銭も払わせる(=盗む)ことが出来ないので、仕返しに、家は何度も侵入されて泥棒され(似非警察官による)、2,000ドル以上の現金や祖母の形見の水晶のお数珠を含め、様々な所有物は盗まれ、車にも各種嫌がらせをされ、今も色々(電磁波兵器による攻撃やコンピューターをハックする等々)やられていて、このコロナ騒ぎが始まったあとには不当で暴力的な逮捕すらされ、手錠もかけられましたが、どういうわけか私は全然恐怖を感じず、真実を知った者の責任感と、父から受け継いだ正義感で行動を続けています。

一度は、電磁波兵器(ウチにはないが、近隣全部が使っているWiFiやスマート・メーター。すべて兵器)を使って攻撃され、三日三晩一睡もできない状態にされたこともあります。医師だった父は「人間は寝ないと死ぬ」と言っていましたが、それは過労死にも見られた事実。とにかく そうした兵器からの恒常的な攻撃で、四六時中、脳のなかで金属的な雑音が鳴っていて(耳鳴りとは微妙に違う)、ときにとてもうるさい。毎日起きると唾に血が混じって出るし、軽度から耐え難いレベルの頭痛や、舌癌のような出来物を数度作られたり、心臓まで痛くされたこともあり、毎日「起きると疲れている」状態がここ数年来続いています。人間は本来、寝ている間に体がちゃんと機能して、色々な毒や問題を解決してくれるので、起きたら本当は元気になっているはずなのに、です。

2、3年前に電車で隣り合わせて話した看護婦さんは、スマート・メーターが導入されて以来、癌、脳腫瘍、心臓病といった深刻な病を抱えた患者数が激増したと言っていた。

電磁波兵器で殺された安保徹医師(『薬をやめると病気は治る』の著者)同様に「やがてはこれで殺されるな」とは思っていますが、出来る限りをやらねば!と思って闘っています。とにかく大至急全部ひっくり返さなければ、私たちの知る世界は終わりを告げ、多くは殺されるか、奴等の奴隷にされる世界が、本当に もうすぐ そこ!!です。

ディーグル サイトが予測する2025年の世界人口 豪州では1,000万人殺す予定
https://insidejobjp.blogspot.com/2019/06/2025.html

パンデミックの大嘘が、計画的に展開されている証拠のひとつ:
世銀とWHOのカタストロフィー債
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/03/who.html

もうひとつはコロナの(似非)テスト・キットが 早くは2016年から発注され、世界各地に送られていた事実。下は2018年分のサイトで、日本はEU、米国とドイツに続いて 世界で4番目に多く購入。米ドルで 1,292,837.58K=13億ドル近い額のキットの注文をしていた事実が見られます。皆さんの税金で払ったということ&事前に計画されていた証拠
2011年に起こされた(人工の気象兵器等で極悪犯罪者たちが意図的に起こした)3/11直後に私はメールで多くに警告を発し、「西に逃げろ!」と書いて、なかにいた、実はそれほど友人というわけでもなかった高校の同期生からは異常に嫌われ、怒りのメールを頂戴したので、今回も皆さんのなかから似たような反応が出るかもしれないが、それも、こうした犯罪を犯し続けて来た者どもが我々の「感情」を最大限に利用している証でもあります。

人は、何かや誰かを「信じる」と、そのことや人を批判する事実を提示されたときに「感情」が(犯罪者たちに好都合に)機能・反応して、まず怒り出す。そしてその情報等または人間を「信じた」ということは、言ってみれば それに対して「肯定的な感情を抱いている」ので、それを「攻撃された」と解釈して怒り出し、こちらが提示する事実や証拠を無視し、否定・拒絶する。そういうパターンがあるのです。それを極悪詐欺犯罪者たちは大いに利用して、己を守り、無数の犯罪を可能にしてきたのです。

そこを打破しないといけない
これを読んでいて、怒りを感じた方は、あなたが「(殊に、意図的に隠された)事実を調べ&知っている」のではなく「何か・誰かを信じている」だけだと気付いて戴きたい。少なくとも自分で調べて反証を提示できない限りはオープン・マインドで!

PCRテストの虚偽や、その害と真の目的。また数字の操作については上でも書きましたが、ここ豪州、殊にヴィクトリア州では独裁者ダニエル・アンドリューズ似非州首相が極悪邪悪な(似非)政策を取り続けていて、都市部(といっても相当広い範囲)に居住する人々は我が娘も含めて様々な規制を受け続けている。

つい先日までは、夜間外出禁止令まで出されていたが、私などは、それ自体「おかしい」と思わない人間の多さに呆れ果てたほど。だって、何故夜間外出してはいけないのか? 夜から早朝にかけては当然人の行き来が減るのだから、’病原菌’説(嘘)が本当だったとしても、何かを移されたり誰かに移す可能性がガックリ減るはずなのに。

このウィルス(嘘だが)は夜になると活動が活発になるのか?? まったく意味をなさない。果ては、トップクラスのQC、女王の弁護士という資格を持った法律家までもが
この禁止令は根拠もなく、無効だ」と発言して、独裁者・売国詐欺師のアンドリューズもそれを(少し経ってから)引っ込めざるを得なくなったのですが(つい先日のこと)、私のような、多くの&意図的に隠された事実が見えている人間は、
夜間に「多くに見られては困るようなことをやっていたはず」と解釈している。

絶対やっていた&やっているのは、先に書いた電磁波兵器の 5G のアンテナ配備は無論、シティー方面では(以前から異常に多かったが、それにいや増して)ものすごい数の道路工事をやっているが、それはAI(人工知能、ロボットも出ているが、その技術。5Gが導入されていないと使えない)による、通行する車をスパイする装置の設置、またオート・ドライヴの車を走らせるための機能設置と見られています。しかもその工事費用は中国共産党から借金しているという最悪のおまけ付き。

日本でも、気象兵器で糞暑くされたなかでも着用する人が大半だったと聞いたマスクですが
ルーク、マスクはどうした?
お前の恐怖は身につけないぞ!!


これはもう何十年も前に、医師だった父からも「全然予防しない」と聞いていたが、中国では、この強制マスクを着用していてランニングのテストを受けていた中学生(複数)が殺されたし、ニュージャージーでも運転中に気絶して事故った人も出たのです。

WHOですら、マスクは健康な人々を「守らない」ことを伝える動画を出していましたが、みんな、考えもせず 特にここではマスクをしていないと、これまた法外な似非罰金を喰らうので、おとなしく従うアホが大多数です。
妄想狂とは上のような人かと思ったら
実際は、こんな(下)だね


しかしマスクをつけると、まず吸い込む酸素の量が減るうえに、自分が吐き出した二酸化炭素を吸わされる羽目になり、免疫は弱められるし、「病原菌」話が嘘としても、鼻や口の周囲が汚れるのは必須。つまり我々の「命を守る」と嘘をついて、
真逆の行為を強制している

おまけに、最近観たけど すでに消された動画の情報によると、ほとんど全部のマスクには金属的な棒が挿入されていて(上か下の端を触ると、どちらかに硬いものが入っているのがわかります。ダイソーの安マスクに”MASK KILLS”=マスクは殺すと書いたものを私はつけるが、その安物にも入っている)それが、そのマスク(=あなた)が行く場所の緯度と経度を全部記録していると指摘していました。

その動画では(近いうちにその話もブログに書こうと思っているが)その棒状の物質を取り出して、空だけどフォーマットされているUSBスティックに繋げて(この辺は、それなりの知識がないとコンピューターをダメにすると言っていたので、要注意)コンピューターに差し込むと、その緯度&経度情報がバンバン出てくる様子を見せていました。

今現在 それを活用してはいないと思うが、近い将来の全支配世界・似非警察国家社会で大いに人々の監視に利用されるはず。

テストは、受けた大半を「陽性」とみなす似非で、マスク着用も実は体に悪い。
私は日々、見知らぬ他人に話しかけて この嘘を教えていますが、話す相手の大半は私の主張を理解し、ある店員は「シフトが終わるとグッタリする(酸素をちゃんと吸えないから)」と言ったし、弱々しい感じのお婆さん(ご主人と思しき老人とともに私の車につけたサインを見ていた)は、「マスクしていると、すごく疲れるの」と。
とっても、お気の毒。でも多くは似非政府が怖いので、反対の声すらあげない。

それらに加えて、奴等が開発して出してきて、すでに豪州のあちこちで使われ始めた
銃みたいな体温計。これを私も一度有無を言わさずやらされたが、ちょっと調べただけで、私たちの脳の松果体を傷つけることを発見!!(新たに出てくるものは必ず、毒!)

ここでは、それをやらないと仕事させてもらえないとか入店・入所出来ないところが増やされていますが、日本でもこれをやられようとしたら、絶対に拒否してください。それをやる人間は極悪犯罪者の手下といっても下っ端なので、洗脳され切っていて、何も理解しない可能性は高いけれど、
あなたの目的は私の体温を測ることですか?それとも私の脳を傷つけること?」と聞いて、額の代わりに手首にやってもらってください。
これだけでも非常に邪悪な犯罪というほかない。殊に子供や赤ん坊対象なら尚のこと。

また多くの店で現金を受け付けない対応が大分前から始められていますが、これも我々の全行動をスパイするためのもの。WHO自体が「現金がコロナを広げるなどと言ってない」と否定しているにもかかわらず、カード払いを強制している。
そして皆に恐怖を抱かせ続ける手段として、奴等がずっと言い続け、報道し続けているのが(英語で)”number of cases” つまり「陽性」と出た人=感染者の数

こちらではフリーウェイ上でも電光掲示板出して「テストを受けろ」と人々を誤誘導しているのですが、テストを受けると、その受けた人(や物質)の大半が「陽性」と出るように作られているインチキ・テストなので、その感染者数は増える一方です。

何故奴等がこの「感染者数」のみを声高に言い続けるのか?は次の表を見ればわかる。
上下にギザギザの線を描きながら右方向へ上昇を続けているのが、その感染者数で、
一番下の方をほぼ水平に這っているのが死亡者数です。これは全世界のデータですが
つまり、死亡者数(それだって、本当の死因はわかったものではないのだが)だけを示したら、多くの人間がいくら愚民化されているとは言っても、死者の少なさで奴等の嘘を見抜く可能性がある。だから、インチキなテストで得た「感染者数」の数値を強調して恐怖を煽っているだけなのです。過去インフルで、そんな数字の報道は皆無だったし
上はコロナの年齢別生存率
確か、全部「既往症も考慮に入れた」うえでの数値だったと記憶しています。
つまり、大多数は死なない!!

この極悪詐欺芝居が始まったときから、私は「嘘だ!」とわかっていましたが、
ここ豪州でも毎年インフルで(と言われているが、こちらも本当の原因はわかったものではない。多分多くはインフルのワクチンで殺されている)3,000人は死んでいるのに、コロナときたら、公的な嘘数字でもまだ やっと800人台ですし、その大半は80代、90代のお年寄りです。
上は、英紙タイムズに出された日々の死亡者数
上から下へ
癌、認知症・アルツハイマー、心臓病、脳卒中、インフルと肺炎、COVID-19、
自宅での事故、自動車事故。奴等の電磁波兵器等々で増加させられている癌などに
比べて、コロナによる死(と言ってもどれほど本当か?は不明)は
たったの17人。にもかかわらず、世界中でこんなに馬鹿騒ぎ

実は、本当に簡単な算数が出来ればわかるはずの詐欺なのに
それが全然見えない人間が多い。
令状もなしで(似非)警察や軍があなたの家に入り込む、夜8時には外出禁止で 40万もが職を失い:メルボルンのロックダウンは豪州人の自由に対する史上最悪の裏切りで、中止を訴える声が増加中

私は近年ずっと、極悪犯罪者たちは「最後の筆を入れている」=超・邪悪な世界統一政府の樹立が近いと警告してきましたが、まさかこんな形で実現されるとは=これほど多くが愚民化され、洗脳され切っているとは思いもしませんでした。
奴等の高笑いが聞こえる気分です。

そしてもうひとつ、非常に大事なのが
コロナのワクチンは(他のワクチンや、薬等々も同様だが)
絶対に打たないで!!
過去30年、ワクチンが引き起こす障害や腐敗について何百万ページもも記されてきたというのに、業界は今尚、あなた方は「何の問題もない」と信じていると主張
#「信じている」から騙されるのに

医者でも科学者でもないビル・ゲイツが多くの製薬企業やWHOに多額の’寄付’をして、
毒のカクテル製造を促進していますが、奴は「世界人口は多過ぎる」というこれまた別の大嘘をつき続けて、人口減少=実はワクチン等の毒を通じて多くの人間を不妊にしたり殺し続けており、インドやアフリカなどでは無数の子供や赤ん坊が殺されたり障害を負わされたために訴訟まで起こされているが、これまた私たちの国々ではそんな報道が皆無なので、大多数は知らない。

巷では「巨額の寄付をして、偉い人だ!」と思う人間が多いでしょうが、そういう人たちには、ロバート・F・ケネディーJr.(JFKの弟の息子←二人とも暗殺された)がどんな活動をしているか是非知ってもらいたいです。俳優ロバート・デ・ニーロすら、
「息子がワクチンで自閉症にされた」と公言したし。

「イルミナティ」と自称する超・大金持ちで超・邪悪な犯罪者集団の一員であるゲイツ、実はそうして作らせた毒(ワクチン)に特許を取り、世界中に売るので、その
特許で大儲けしているのです。日本でもそうですが、人々の税金でその毒ワクチン(コロナのに限らず)を買わせ、国民に打たせるから、確実に儲かる。
多くを殺し、不妊にし、傷つけながら

今開発中の、たとえば私が子宮頸癌ワクチンと呼ばれる毒のカクテルについてブログに綴った多くの記事のなかの「出来レースだったノーベル賞」で言及したアストラゼネカという会社が作って治験をやっているワクチンでも、治験のボランティアが ひどい「副作用」と呼ばれる毒の効果で倒れ、(一般的な言い方で)精神に異常をきたした人も出ているほどです。それで、同社の株価が急落したという報道も見ました。でもそういう話は大手メディアには出ないか、大きく出ないので 多くは知らぬまま。

とにかく こうしたコロナ・ワクチンには特殊なRNAが入れられていて、我々のDNAを変えてしまうと伝えられているうえに(trans-human 人間を変えてしまう)、前々から奴等極悪犯罪者たちが全世界の人々に入れたがっているマイクロチップも入っていると見られています。

何年か前に「ダイヴァージェント」という映画がありましたが、

Divergent - Trailer 2014
https://www.youtube.com/watch?v=sutgWjz10sM

それがまるで上述どおり。チップを入れられる(ワクチンを打たれる)と洗脳され切って言われた通りの行動しか出来なくなるが、入っていないとDNAが変えられていないので、まだ目覚めた=本来の人間でいられる。その後者が主人公で、その事実を隠しつつ支配者側と戦うといった話でしたが、このパンデミック芝居は相当前から計画されてきたので、それを踏まえて作られた。

The Covid-Plan / Rockefeller Lockstep 2010
http://www.agmiw.org/wp-content/uploads/2020/04/Transcript-The-Covid-Plan_Rockefeller-Lockstep-2010.pdf

福島等々の人々の救済に使うべきお金を、金喰い虫の東京オリンピックへと向けた売国奴安倍のあとを継いだ、これまた売国奴の菅似非首相が早々に、国民に「無料で」ワクチンを打つと宣言しましたが、「無料」じゃないの、わかりますよね。国費6700億円超、似非政府が払うということは、みんなが税金で払うということです。

ここヴィクトリア州でも大企業は別として、多くの店が強制的に閉めさせられたり、儲けが極端に減らされていて、この騒ぎゆえの一時的閉店はおろか、潰された店も少なくないし(他国でも)自殺者が例年の数に加えて 1,500人以上(年間)出る始末。閉めさせられた店や、仕事を失った人々に「政府が」出す補償金だって、実は「政府」が出すわけではなく、そうした人々や将来世代にあとで払わせるだけのことなのに、それすら見えない・考えない人間がこれまた多い。

多くの人々が困窮し、5km以上移動してはいけないというとんでもない規制のために家族にすら会いに行けない&老人ホームにいる親にも会いに行けないとか、考えられない悲惨な状態が続いていますが、その暴政をやっている売国奴の独裁者似非州首相ときたら、去年11月と、今年に入ってからの二度も自分の給料を上げている
今すぐ死刑になって当然!!の犯罪者です。
上は、私の仲間が書いた 55ページに及ぶ文書の表紙で、ここヴィクトリア州では1975年11月18日以降すべての法律が無効である実態が細かく綴られていて、私の不当逮捕の件を含めてすでに法廷闘争でこの文書が売国奴側に数回提出されているが、一度たりとも またどの部分も反駁されていない=すべて事実で、独裁者アンドリューズをはじめとする売国奴どもを糾弾している。私が 9年近く闘ってきたのと同じく、奴等の政府は会社詐欺逆用して奴等を倒す努力を、この仲間も続けている。
英語でも読んでみようと思う方は、
https://www.keepandshare.com/doc9/24961/the-death-of-andrews-government-and-governor-dessau-indexed-pdf-3-3-meg
↑からダウンロード出来ます。
この仲間はそれの続編を出していて、

住宅ローンのイカサマにも言及しつつ、ロックダウン等異常な規制を強行する売国奴連中が、私たちに対して戦争犯罪を犯している現実を綴っています。こちらも読もうと思う方は↓
https://www.keepandshare.com/doc9/25003/28-09-2020-war-crimes-the-andrews-government-aust-nz-v-4-pdf-3-3-meg

ここまで説明しても、まだ「そんなの嘘だ!」と思う方は

日野市議員 池田利恵さん『新型コロナに迫る』
https://ameblo.jp/ms-tohoku/entry-12606848638.html

で紹介されている池田さんの市議会に於ける質疑の記録をお読みください。
池田さんは日本の子宮頸癌毒ワクチン被害者を支援していた方で、それを知った私がメールを送って以来やり取りがあります。実は私の「ブログ記事(そのワクチン関連)を読んで勉強した」とおっしゃった方ですが、私のサイトは「陰謀論」といった見方をされやすいので、その事実は表に出してくれない(苦笑)。

市議会に於ける質疑ですから、私が暴露するレベルの話は当然出ていませんが
表向きの話をしても、ここまで疑問があるという事実は指摘されているので
参考になるはずです。嘘を信じ切っている人々を揺らせる(考えさせる)好資料。

また売国メディアは伝えていないでしょうが、ヨーロッパ各地(殊にベルリン)や、豪州の他州でも相当規模のプロテストが行われており、ドイツの医師を中心に数千人の医師が「コロナのパンデミックは世界的規模の でっち上げだ!」と主張してくれています。

気象兵器のケムトレイルについては、随分昔に観た”Aerosol Crimes”というドキュメンタリーで知識は持っていて、その後2008年4月 に9/11の真相究明仲間と思っていたが、実は似非政府の工作員だった人間の手配で私の家の頭上に撒かれて以来、警告を発してきました。皆さんも、若かった・子供の頃に見た空と今の空を比べてほしい。

様々な毒が入れられたケムトレイル、その毒性物質が毎日私たちに降り注いでいるし、それらが雨と一緒に落ちてくるので、昔は雨が降ると車がきれいになったりして
「洗車しようと思ってたけど、丁度よかった!」と思ったものなのに、近頃は雨が降ったあとに車全体がひどく汚れることが多い。
それを私たちは吸わされているのです、選択の余地もなく。

ケムトレイル(飛行機で撒いている)の通常の主成分はナノ サイズ(極小)のアルミ、バリウム、ストロンチウムなどで、それを毎日ここ10年以上(アメリカは多分20年以上)無理やり吸わされ続けているので、ここ豪州でも認知症(アルツハイマーはアルミが原因)が急増しています(’感染症’は嘘で、様々な毒が身体的・精神的問題の原因)。
↑は私が撮ったとても気持ちが悪くなる空・雲の写真に
売国奴は我々の頭上に、クラスターを作るために人造ウィルス つまり
生物兵器のコロナを含めた毒物をケムトレイルに入れて撒いている!!

と書いたもの。似非警官に盗み取られたプラカードにも使った。下の画像も。
また ナノ金属毒が太陽光に反射するので、虹色というか、カラフルな雲を見かけるようになったのも、このせい。夕焼けはオレンジ色だったのに、これまたナノ金属毒のおかげでピンクの夕焼けが一般化してきたのにも気づかない人が多いが、奴等が気象兵器等で起こしているアメリカの「山火事」やここの「藪火事」でも、「異様に高温だ」(注:ナノ金属が燃えるし、兵器で燃やしているから)という報告が消防隊員から出ているし、ピンクに燃える火事の画像を大手メディアの報道でもみつけています。
炎も本来はオレンジ色なのに。昨シーズンの豪州でも見られたが、アメリカでは相当な火事がDEW、directed energy weapon と呼ばれる兵器で引き起こされている。レーザーのようなものを家屋等に当てて、火事にしているのです。

日本で見られた竜巻だの、台風がこれまでなかった進路へ進むだの
すべて奴等の気象兵器の仕業です。

そして以前は見たこともなかった、または超珍しかった形の雲を頻繁に見かけるようになったのも、ケムトレイルのせいです。時間のあるときに空を数時間観察してもらうとわかるかもしれないが、ケムトレイルが撒かれると、それまでたとえば青空が広がっていたのに、全面的に白く曇った空に変えられてしまったり、雲が何か異様に光っているように見えるのも、このナノ金属毒ゆえです。雲に、別の雲の影が出来るのも同様。

断言出来ますが、ケムが撒かれるようになって以来、私は本来の青空をどこでも見たことがありません。青く見えても非常に薄い青で、実はケムの白い幕がかかっている。ナノ金属毒入りのケムにHAARPからの電磁波が当たって、多くは「地震雲だ」と思っているが、私がナミナミとかギザギザと呼ぶような異様な雲も出来ている。うろこ雲やイワシ雲も、昔見たものとは形が違っているので、私はケム鱗とかケム鰯と呼んでいる。

最近も、ケム撒いて太陽光の熱を増幅させて暖かく・暑くした(太陽が当たっている場所だけ異様に暑い)と思ったら、南極から風を吹かせて寒くし、弱った人が悪化するように仕向けている。奴等のいう”useless eater”(無駄飯食い)を殺すため。

温暖化人為説も嘘で、こうした気象兵器で異常気象を引き起こしているし
日本語でも それなりに情報は出ていると思いますから、私のブログ以外でも
探してみてください。証拠はいくらでもある。

本当に 多くが寝ていた間に、世界はとんでもないことになっているのです。
<会社>でなかったとしても、選挙(全部不正が行われている)で人々の政治的な力を奪い取り、やりたい放題無数の犯罪を諸国国民に対して犯し続けている<政府>という今のシステムを変えなければ、事態の悪化が続くばかりで 完全支配が目の前です。

色々ご理解戴けなかったとしても、ワクチンは絶対に拒否してください。
そして、他の人にも伝えて警告してください。

またケムトレイルで撒かれているナノ物質・ナノ兵器は、酸性の環境を好むとされていて、最近それと関連があるのではないかと思われる体の異常を経験した私は、気をつけてアルカリ性食品を摂るようにしています。

それ関連でお伝えしておこうと思うのはコーヒー。
飲む前は酸性で、飲んだあとはアルカリになると言われていますが、飲む前に
重曹をホンの微量。小さじの先っぽについてるか否か?と思う程度を入れてください。
多過ぎると、味が変わってしまう。
でもこれで酸性だったのをアルカリに変えられるうえに(胃にやさしくなる)、
味もまろやかになります。コーヒー好きな方は、是非お試しを!

長々お読み戴き、ありがとうございました。


追伸:

ケムトレイルについて、2008年4月夜に頭上に撒かれ、その晩はとてつもなく何時間もひどい吐き気が続き、その後何週間も異様な咳が出続けた経験をし(体が毒を出してくれていた)、それより数年前に観ていたくだんの動画が事実を伝えていたと知り、それ以来ずっと空を観察し続けています。帰日した際も あちこちでケムを目撃しているので、日本も同様にやられていることは確認済み。NASAの衛星画像でも撒かれているのがわかる。

ケムについて長年調べて、今三冊目の本を書いているアメリカのイラーナ・フリーランドElana Freeland)という女性と最近メールでやり取りしていますが、彼女曰く
「安物でいいから顕微鏡を買って、たとえばあなたのお気に入りのオーガニック・ショップの野菜を見てご覧なさい。ビッチリついてるから」と言っています。

プロテストはヴィクトリアでも行われてはいるが、他所と違ってマスク強制等の規制を無視してやらねばならず、それを恐れて参加しない弱虫が多く、他ほどの規模ではない。私も二度出向き、二度とも似非罰金を喰らい(払わない)、新たに作った大きいプラカードは邪悪なフリーメイソン似非警官(複数)に腕力で奪い取られました。

FAKE Police officers are THIEVES!! 似非ポリ公こそ、泥棒だ!!
https://www.youtube.com/watch?v=VtQHCF31t6U


その辺もブログに書いていますが 、
奴等は確信犯であり、その邪悪さも 底無しです。
(コピペ終わり)

COVID-1984のテスト・キットを世界の多くの国々が数年前から購入させられて
いた件ですが、そこのページの上方に

In 2018, Top exporters of COVID-19 Diagnostic Test instruments and apparatus are European Union ($2,885,620.49K ), United States ($2,474,886.39K , 3,008,040 Item), Germany ($2,282,319.47K ), Japan ($1,292,837.58K ), Singapore ($1,125,969.91K , 62,765,200 Item).

と書かれたとおり、日本は世界で4番目の上得意客だったし、この表を見ていくと
「WHOに疑問を持っていた」から、あのインチキPCRテストでヤギとパパイヤの
サンプルを送った
大統領がいるタンザニアも、
21.74K2万1,740米ドル分買わされていたので、コロナ騒ぎが
出てきて、当然疑問を抱いたということだったとわかる。

松果体をキズ付ける件ですが、奴等イルミナティが推進してきた様々な毒が複合的に作用していることも判明。以前、5G(電磁波兵器)関連で紹介したことがあるドイツ人で、今はアメリカのシアトル在住の科学者、ディートリッヒ・クリングハートが指摘している。
ケムで撒いて我々に無理やり吸わせ・飲ませ・食べさせているアルミ
除草剤のラウンド・アップに入っているグライフォセイト(グリホサート)
水道水に入れられたフッ素WiFi(無線LAN からの電磁波

この4つを、殊にアメリカではもう60年位にわたって使い、人々の脳の松果体を calcify =石灰化・硬くしてきた電磁波が血液脳関門を傷つけ
毒が入りやすくしている


Elana Freeland Ahrimans Era
https://www.youtube.com/watch?v=pJ3uYVmwT0A

#18分43秒あたりから

随分昔から、奴等の毒は複合的に作用する(フッ素の水道水を飲んでいると、
歯に詰めたアマルガム=水銀がよく溶けて脳に行くとか)と知っていましたが、
上を聞いて、またもや(なんと言うべきか)呆れ果てまくりです。

とにかく拡散してください。
私のように反撃する人間が日本でも出ていい頃と思うが、正しい戦争をした
日本人も、War Guilt Information Program
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/06/blog-post.html
で、魂まで骨抜きにされた人間が多いのか、似非政府に「本当に政府ですか?」
と尋ねる者すらいないのは誠に情けない。

まぁ、少なくとも拡散&上の手紙を自分の友人・知人・同僚・親戚その他に見せて
最低限、ワクチン阻止。可能なら政府は会社詐欺がなくてもイカサマである<政府>というシステム自体を潰すための行動をしてください。

FBやツィッター、インスタなどで「他者を起こせる」などと決して思わず!!
SNSは、そうした幻想を抱かせているだけで、実は同じような考え方の人間の
間で情報交換しているだけ
です。

実生活で、私のように色々なサインを提示し、
見知らぬ他人に話しかけて起こさないと、我々の側の人数は増えません!!
それを必ず肝に銘じて、行動してください。そして、シークレット

イルミナティは
自滅した。多くが完全に
目覚めたので
全部ひっくり返って
まともな世の中に
なった。やったね、
ありがとう!!

(上は、最近の私が言ってるヴァージョン)
【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
これを毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて
言って&広めてください。

上のでも まだ長過ぎる!!と思う方は、超・短縮型
イルミナティは自滅し
まともな世の中になった。やったね、
ありがとう!!

だけでもいいですから、毎日 何度でも連呼し、上述した事実の
拡散を大マジで続けて多くを緊急に叩き起こし、反撃を!!


応援の★クリック、よろしく!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

3 comments:

  1. This comment has been removed by a blog administrator.

    ReplyDelete
  2. Packers and Movers Bangalore as a Services providing company can make all the difference to your ###Home Relocation experience. Bangalore based Company which offers versatile solutions, Right team that easily reduce the stress associated with a ???Household Shifting, ***Vehicle Transportation. we help things run smoothly and reduce breakages and offer you seamless, Affordable, Reliable Shifting Services, Compare Shifting Charges @
    Packers And Movers Bangalore

    ReplyDelete
  3. Packers and Movers Ahmedabad list, Cheap Packers Movers Ahmedabad Charges, Local, Affordable Household Shifting Ahmedabad @ Packers and Movers Ahmedabad

    ReplyDelete