Monday, April 9, 2018

5Gは人間の目を卵のように焼く!! 〜メガ・ソーラーからの被害&行方不明の医師、遺体で発見&SuperDARNは何をしている?&<政府は会社>売国詐欺師の嫌がらせ〜暴行を働く似非警官

森友証人喚問とか色々騒いでいる裏で、あちこち再稼働は進んでいるようだし
https://ameblo.jp/894839/entry-12366004995.html
そういえば、さっきラジオのニュースで安倍昭恵の名が出ましたよ。
「非常に安く売ったのは、大量の毒を処分する費用を引いたからだ」とさ。
それから心臓疾患が増えているという声も見かけました。
https://ameblo.jp/ms-tohoku/entry-12364922608.html

以前お伝えしたとおり、我々は10年前に比べて、
実にクィンティリオン倍の電磁波を浴びていて
それはなんと、1のあとにゼロが18個ついているのですが
邪悪で、毒のスマート・メーターの次は5Gが控えていて
ここ豪州では来年2019年から売り出すと。

それには法整備が必要と出ていたけれども、政府は会社の売国詐欺師どもは
大多数の国民が寝てる間になんでもでっち上げるでしょう。

いつぞや紹介したデボラ・タヴァレスは、
IEEE(Institute for Electric & Electronic Engineers)の文書に、
この5Gの技術は第二次世界大戦中に

人間の目を
卵のように焼いた

と書かれていると言っている。

KILL GRID 5G Networks And Frequency Warfare
https://www.youtube.com/watch?v=PhvojxWLaGw

まさに目玉焼き。それを「ネットや携帯のスピードが猛烈に速くなるから」
という口実で導入するわけだ。

温暖化でもなんでも同じ、多くが喜びそうな話を口実にして、毒を推進する。
WHOすら「中毒症状を起こす」とか言っているが
ゲーム脳を思い出す)<ネットのモノ>を繋ぐために必要だと言う。

知ってました?
もう何年も前から家庭用電気製品にはチップが埋め込まれていて
スマート・メーターを導入すると、メーターと各家電製品が交信をして
その家のどこで何時に何がどれほど使われたかを調べている。
つまり、メーターが発する電磁波のみならず、そうした交信による電磁波を
あなたは家や会社等々にいて、一日中浴びせられるのです。

その大元は、モーリス・ストロングとアル・ゴアが世界に売った
<温暖化人為説>という大嘘であり、とあるイルミナティの内部告発者によれば
このAGENDA 21で世界人口の 80%を殺そうとしている
そうだけど、いまだにゴアの嘘を信じている人間は、日本でも多いのでしょうか?

それから最近、やけに目が痛いのですが
それも毒のブルー・ライトを避けるサングラスをかけるようにしているのに
(コンピューターを使うときや 夜に車を運転するときにも)変に痛いので、
奴等がすでにあちこちで この5Gを設置して実験しているのかもしれない
と思っているところです。

何千年も多くの人々を騙して邪悪な計画を展開、実現してきた連中が
今、まさに最後の筆を入れているところだと私が言う所以です。

しかし、「これを書こう」と思って記事の下準備をしていると
次から次へ 別のニュースが飛び込んできて、なかなか思うように書けません。
そのひとつは、少し前にお伝えした

ワクチンの危険性を訴えていた医師が行方不明
http://insidejobjp.blogspot.com/2018/02/nsw.html

CDC職員のカニングハム医師が、2ヶ月近く行方不明の果てに
彼の自宅近くの川で遺体となって発見されたと。

Body of CDC researcher Timothy Cunningham found in a river near Atlanta… what did he know? Why was he murdered?
https://www.naturalnews.com/2018-04-05-body-of-cdc-researcher-timothy-cunningham-found-in-a-river-near-atlanta-what-did-he-know-why-was-he-murdered.html

<行方不明>の段階から、殺されたと思っていましたが
極悪犯罪者連中はきっといつも通り<自殺>で片付けるのではないかと思う。
それから上の電磁波問題の延長ですが、住居付近にメガ・ソーラーを建てられ
健康被害を受けている人々の話、

メガソーラー健康被害問題
https://www.youtube.com/watch?v=0ruRT9dT3PU


以前から私も(また騙されて)太陽光発電を導入し屋根にパネルを載せる人々に対し
室内に設置するコンヴァーターから多量の電磁波を浴びることになる
と警告してきましたが、この動画の市会議員さんも言っていますね
直流と交流を変換する機器がヤバイのだと。

関連記事はこちら

是非御覧下さい。
https://ameblo.jp/11xo22/entry-12366350286.html

それから、これも電磁波関連だが
フォークランド諸島にある怪しげな施設から何か出ていたのを
MIMICが捉えていたと。施設の名前が SuperDARN なのか…

Superdarn Fires up Caught on Mimmic Microwave Satellite
https://www.youtube.com/watch?v=r18qxZNf9uk


その異様な点線の数が、施設のアンテナ(?)と同じ数だと言っている。
一体、何をやっていることやら?

他方、政府は会社の売国詐欺犯罪者どもの嫌がらせと思しき事象が。
もちろん「証拠を出せ」と言われたら、私のような一個人には指紋を採取する
といった行動は取れませんから、確証はないとしか言えないのですが
上のネジが原因で、車のタイヤがパンクさせられた。
これまで何十年も運転していますが、パンクという現象に遭遇したことは
皆無か、せいぜい一度あったか?という程度。

そして、それに気づいて…といっても、
ネジの入り方が巧妙(?)だったらしくてタイヤがぺったんこにならず。
丁度メルボルンからの帰りでガソリン・スタンドに寄ってタイヤの空気を
チェックしたのですが(なんとラッキー!!)、いつも 34位にセットする私だが
減っていても せいぜい20後半なのに、左うしろのタイヤが
11しか なかった!

なるべくパンパン(?)に空気を入れてその晩は帰宅し、翌日車の修理屋に
持って行ったら「パンクしてたよ」と。

もちろん偶然にタイヤが踏んだ可能性は否定できませんけれど
そのネジ、まるで新品でしたよ。
#刺さった部分が汚れている程度

それから一週間も経たないうちに、いやそれ以前からだったと思うが
たまたま車を停めたときに下を覗いて確認する癖があったのでみつけた事例
クーラント(ラジエター液)が漏れていた

まぁ、漏れは大した量ではなかったけれど また修理屋に戻ると
「パイプが切れてるよ」と。走行中に裂け目が広がったりしたら、
これも大問題になるところだったかも。
わかりにくいでしょうが、これが新たな部品(パイプ)と交換したところで
右の端の、少し上向きになったあたりに この切れ目があった。
つまり、地面から一番離れているあたり。
その辺に「ケーブルがぶら下がっていたから擦れて切れた」なんて可能性はゼロ。
よってこれは嫌がらせに、やられたとしか思えないです。
以前泥棒に入られて、相当額の金品を盗まれたことも書きましたが
同じ連中が、私相手に全然勝てないので腹いせに色々仕掛けている。

政府は会社の売国詐欺師だから、
「本当の政府、警察、裁判所等々だという反証を見せろ!」
と要求しても、何も出せない。本当に腐りきった連中です。
だから、こういうこと=犯罪を犯しても平気だ。
#すでに売国詐欺犯罪を犯してるんだからね

その正体が見えるような映像が、出て来ました。
去年10月のことだというのに、今頃出るのは「?」なのですが

Sickening footage of police beating disability pensioner sparks outrage
https://www.youtube.com/watch?v=bpm41OSnRrw


記事は
Victoria police caught on CCTV beating Melbourne disability pensioner
https://www.theguardian.com/australia-news/2018/apr/03/victoria-police-caught-on-cctv-beating-melbourne-pensioner
など。そのガーディアン紙
「広告収入が非常に減っているうえに、ネット上で記事を有料にしてないから
その分、どうか定期的な寄付をしてほしい」と書いている。
政府は会社詐欺を大きく暴いてくれるなら、考えてもいいけどw
事件の方は、“精神病”(似非名称・詐欺)を患っている障害者年金受給者が
「具合が悪いらしいから、様子を見に行ってくれ」という要請が
関係当局からあったので、ヴィクトリア警察(という名の会社)の職員
=一般人は”警察官だ”と信じ込んでいる男どもが出向いて、この乱行!!

無抵抗で武器も持っていない男性を引きずり出して、キャプシコム
(=ベルペパー=ピーマン)スプレーを浴びせ、ホースで圧力を最大にして
顔面に水を浴びせる暴行をした。

男性は、その水が鼻に入って肺に向かって流れ込んでいて「私は死ぬ」と思った
と言っている。彼はヴィクトリア警察(という名の会社)を訴えたそうで
それで今この映像が出てきたのかもしれないが、一応要注意!と思っている私。

とにかくこれは 私が常に、奴等極悪詐欺会社の会社員たちを
市民いじめの泥棒、盗賊(bandits)、暴漢(thugs)
と呼んでいる証です。アメリカで起きているような事態がここでも
どんどん起きている・起き始めているということ。

以前にも、この辺の(似非)警察の(似非)巡査二人に
ひどい暴行を受けたと訴える人に会って、顔面の怪我写真を見たこともあるし
アイスというドラッグをこの辺に広めたのも、そこの(似非)警察の
似非)巡査二人だと聞いたこともある。

奴等が邪悪な売国詐欺師であることを知っている私は
全然驚きませんでした。日本では(似非)警察の暴行事件はまだ聞いた覚えが
ないが(不正・陰謀は無数)、(似非)政府の暴挙は枚挙にいとまがない状態。
ゆえに、例によって皆さんも 奴等とガチに闘うか

【改訂版】シークレット
http://insidejobjp.blogspot.com/2017/04/blog-post.html
毎日何度でも、感謝と歓喜の感情を込めて言って&広めてください。

応援の★クリック、よろしく!

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment